SPONSORED LINK

 

沖縄の人は基本的にはお花見はしません!

 

お花見は、全国各地で行われているかも知れませんが、

沖縄でブルーシートを敷いて、お花見をしている人はまずいません。

 

沖縄の人はお酒が好きだから、

盛大にお花見をやっているイメージがあると思います。

 

そもそも沖縄の桜は品種が違うので、桜が咲くのは1月なんですよ!

そんな寒い中、わざわざ野外に出てまで、お花見をする人は皆無です。

 

参考記事↓

沖縄では桜(ソメイヨシノ)が見れない!理由を3分で解説!

 

それよりも沖縄では、夏にビーチでバーベキューをする、

通称「ビーチパーリィ」(ビーチパーティー)が定番ですので、

 

寒い時期に、わざわざブルーシートを敷いて、

ガクガク震えながら、ビールなんて考えられないでしょう。

 

ただでさえ、寒さに弱いのに!(笑)

 

沖縄の1月末~2月上旬の最低気温は、平均すると16℃ですよ!

(かなり暖かいけどね。笑)

 

「外が寒いときは、居酒屋で飲んだほうが良いさぁ~!」

だいたい沖縄人はこう思っています。(たぶん)

 

Okinawa(056)

 

SPONSORED LINK

沖縄では桜の木に馴染みが薄いのか?

 

沖縄では、もともと桜の木がなかったのか?

桜の木はあったけど、少なかったのか?

 

どうも昔から、少しずつ桜の木を植林で増やしていて、

それが徐々に広がってきた段階だと思います。

 

実際に、沖縄で行われている桜祭りは、

数は増えていますが、規模もやや小さいです。

 

これから、もっと桜の木が増えてくるとは思いますが、

 

台風で、木が折れることも多いそうで、

沖縄では桜の木を維持していくのが、とても大変かもしれません。

 

ガジュマルなど、もともと沖縄で、

育っていた品種なら、台風には強いと思います。

 

でも、桜の木は、人工的に植えられてますので、

どうしても、人の手で管理しないといけません。

 

桜の木を増やすには、まだまだ時間がかかりそうです。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK