SPONSORED LINK

沖縄にもコタツは売っていますよ!

 

コタツなんて、沖縄には売っているのか?

そもそも、沖縄では必要あるのか?

 

もちろん沖縄にも、ちゃんと売っていますし、

コタツを使う家庭もあります。

 

実際には、使う期間は短いと思いますが、

それでもコタツにみかん。

 

なんて、雰囲気を沖縄人も楽しんでいますよ。

 

2月に入ると、沖縄では桜が満開になり、

散るころには、春がすぐそこまで来ています。

 

そんな季節感覚といったところでしょう。

 

全国では、まだまだ雪が降る季節に、

なんて温暖な島なんでしょうか。

 

よく沖縄には、

暖房器具も売っていないのでは?

 

などと言われたりもしますが、

一応は一通りの暖房器具は、

電気屋さんに行けば、割と品揃えはあります。

 

ただ、あくまでも見せかけに近い物もありますので、

長期間の冬を想定した、本格的な暖房器具は、

 

ネットで取り寄せないと購入できないかもしれません。

(必要がないとは思いますが一応。笑)

 

Okinawa(112)

 

沖縄のこたつ布団は薄い!?

 

ヒロヒロの家庭では、コタツを使ったことはなく、

親戚や友人の家でも、コタツを使っていた家庭は少数です。

 

しかも、今年は暖かい日が多いから、コタツは出すのが面倒で、

結局は、コタツを出さないうちに春になった!

 

なんていう家庭もありました。(笑)

 

唯一、毎年コタツを使用していたのは、

祖父母の家のみでした。

 

子供のときは、寒くもないのにコタツに入るだけでも、

楽しかった記憶があります。

 

その幼い時の記憶ですが、今になって思うことは、

沖縄での一般的なコタツと、東京で売っているコタツは、

コタツ布団の厚みが違うような気がします。

 

東京で、ホームセンターなどのコタツを見ていると、

とてもしっかりした厚みで、非常に保温効果が、

ありそうなものばかりなのです。

(もちろんピンからキリまでだけど)

 

もしかしたら、沖縄にも厚手のコタツ布団が、

売っているのかも知れませんが、

 

正直、そこまで寒くなるわけではないので、

需要は少ないと思います。

 

SPONSORED LINK

コタツのスイッチを入れなくても良い

 

沖縄で一般的な暖房器具は、

電気ヒーターに、石油ストーブぐらいで、

 

後はエアコンの暖房でも、部屋は十分温まります。

 

なので、コタツはヒーターの電源を入れずに、

そのまま使用していることも多いのです。

 

祖父母の家では、コタツのスイッチを入れると、

熱い!と言われて、消されることもありました。

 

(使う必要は全く無いと言っても良いかも。笑)

 

東京のホームセンターで、こんなの見たときは、

非常にビックリしました↓

 

Okinawa(111)

 

沖縄では、絶対に使わない器具です。

やっぱり沖縄に、冬は似合わないです。

 

この記事いいね!
いいね!で応援する

「めざせ沖縄移住」を
SPONSORED LINK