SPONSORED LINK

 

沖縄の世間がせまい話(第1話)

 

沖縄の人間関係と言えば、親戚のつながりが濃いとか、友達どうしの絆が昔からあるなど、なんとなく凄そうなイメージを抱く人もいると思いますが、それにも引けを取らないのが沖縄特有の世間の狭さである。

 

2015年1月の時点で、沖縄県の人口は、142万人を超えており、全国でも27位と、いがいと多い人口だと思います。

 

これだけの人口であっても、ありえない確立で知り合いが知り合いを呼ぶ。(笑)

 

ヒロヒロヒロヒロ

初めまして、サイトの管理人のヒロヒロと申します。今日はわたしが実際に体験した、ほんの一部のお話です。

 

’90年代後半の若気の至りで…

 

さかのぼること15年以上も前。

 

当時、17歳だった私は、とある田舎の高校に通っていて、高校2年生にもなると、すっかり高校にも慣れ、本当にたくさんの友達も出来ました。

 

当時、流行っていたのはPHSです。(通称、ピッチ)

 

もしかしたら知らない子のために、一応説明しますが、携帯電話よりも前に流行った電話機のことです。(笑)

 

当時は大人でも、ポケベルの時代なのに、高校生はみんなピッチに憧れたものです。

 

でも私は親の反対で、ピッチを持たせてもらえなくて、ポケベルでなんとか頑張っていましたね。

 

そんなある日、高校1年のときから親しくなって、ピッチを持ち始めたばかりの、友人Aから、

 

「次の日曜、空いてる?」

私 「うん」

 

すぐにニヤける友人Aの、考えてることが分かりました。

 

私 「ついにきた?」

A 「うん」

私 「おぉー!さすが!他にダレ呼ぶの?」

A 「シー!!声がデカイ!(怒)」

私 「ごめん、ごめん」

A 「オレとおまえ、友人B、〇〇先輩」

私 「〇〇先輩も?」

A 「そう、〇〇先輩のバイト先で飲む」

私 「なるほど!場所は?」

A 「北谷」←(笑)

私 「相手は?」

A 「〇〇高校の2年生」

私 「うぃー!!」

A 「バカ!声デカイ!(怒)」

お互いの拳を小さくチョンと、くっつけた。

 

当時は、ピッチを持っていれば、それだけで無駄に、

色々な人と番号を交換して、遊ぶことが流行っていました。

(通称、メル友)

 

今ではスマホで簡単に、

連絡できるのが当たり前ですが、

家電(家の電話機)に電話しなくても、

お互いピッチを持っていれば、

 

すぐにいつでも、やり取りが出来るっていうことが、

当時の高校生には、とてつもなく便利な電話機でした。

(今の子共は恵まれている)

 

↓光るアンテナとか流行ったし(笑)

Okinawa(140)

 

ついに日曜を迎えた当日、

当時の高校生なりに、オシャレをしていざ現場へ。

 

友人A 「だれにも言ってないよね?」

私と友人B 「当たり前さぁ」

友人Aがニヤリと笑う。

友人A 「先輩は先に行って準備してるみたい」

 

たぶん、後にも先にも、ココまで妙な興奮をしたのは、

この1回目の合コンだけだと思う。

(ん?1回目って事はその他にも、、、)

 

ハッキリ言って、当日は何をしゃべったのか?

何を食べたのか?は、よく覚えていません。

(未成年の飲酒は法律で禁止されています)

 

当日のことを書きたいのですが、

ある時間から、記憶が飛んでいるのです。

 

ただ気になる、Cさんが出来たことだけは、

かすかに覚えていますが、当時は、

相手の連絡先を聞く、テクニックなど持っておらず、

そのままお開きとなりました。

 

SPONSORED LINK

沖縄の世間の狭さはすぐそこに!

 

月曜日の朝、

前日の楽しい記憶よりも、頭痛と吐き気がします。

 

完全に二日酔いですね。

 

さすがに親にバレて、朝からこっぴどく叱られ、

それでも、学校に行かなければいけないと、

社会の厳しさを初めて知りました。

 

学校に向かう途中で、Cさんのことが頭をよぎります。

 

あ!そうだ!

 

友人Aは、ピッチ持ってるし、相手の子の誰かと、

連絡を交換しているはずだから、

また、セッティングして会うことができる。

 

そんな妙な安心感と、ピッチが欲しいと言うことを、

考えながら歩いていると、学校に近づけば近づくほど、

今までにない脱力感が襲ってきます。

 

二日酔いの悪化

 

なんだか嫌な予感がしてくるのです。

 

暑いはずなのに、鳥肌が立ち始めたかと思うと、

背筋からは変な汗が出てきて、

今にも何かが出てきそうなのです。

 

吐き気じゃね?

 

なんだかさらに嫌な感じがしてきて、

あ~怖いなぁ、

怖いなぁ、

怖いなぁ、

(稲川淳二かよ!笑)

 

そう思いながらも足は自然と、

学校に向かっています。

 

すると突然! 

 

まだ、校門までは100mぐらいある場所で、

私の背後から肩を、グイっと引っ張るヤツがいました。

 

友人Xでした。←初キャラ

 

私は一瞬、友人Aかと思いましたが、

全く違うことに、やや動揺してました。

 

私 「ぬー!(意味:なんだよ!)」

X 「昨日、北谷にいただろ?」

私 「はぁ?」←明らかに動揺

X 「Cさんっていたか?」

私 「・・・」

X 「Cは、俺のいとこだよ!」

私 「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ????」

Okinawa(141)

 

通学している多くの生徒の視線を、

人生で初めて集めました。

 

友人X 「声デカイよ!(笑)」

 

最初は、何かの冗談かと思いましたが、

話を整理すると、北谷で会った相手のCさんは、

 

私の高校に、いとこのXがいることは、黙っておいて、

解散した日曜日の深夜に、すぐ友人Xに連絡をいれ、

 

普段の私や、友人AやBなどが、どんな人なのか?

探りをいれられていたらしいのです。

 

まさか、校門にも入る前に、友人にバレていたなんて、

人生で初めて、沖縄の狭さと言うものを、実感した日でした。

 

すぐに、友人Aにも報告しようと思いましたが、

肝心のAもBも学校には来ていません。

 

2人とも欠席です。

二日酔い

 

すぐに、休み時間に電話しました。

 

私 「Aか?大丈夫?大変なことになったよ!」

A 「ヒロヒロ、学校行けたの?やっぱり大変だな!」

私 「みんなの噂になってるぞ!」

A 「だよな!日曜日はキツイな。今度は土曜日にしよう!

私 「そっちの大変って意味じゃないし!(怒)」

 

完。

 

PS:

その後、Cさんにアタックする気にはなれず、

それっきり会ってはいません。

 

『沖縄の世間がせまい話シリーズ』↓

第5話は準備中です。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK