SPONSORED LINK

沖縄で就職できても県外に転勤になった実話!

 

今週末に沖縄に引き返すことになりました。

 

どこか嬉しそうな悲しそうな表情でわたしに告げて来たのは、

嘉数(かかず)さん。(仮名)

 

わたしがたまたま担当したお客さんが嘉数さんだった。

 

初めて会ったときは名前を聞いた瞬間に、

「あ!沖縄の人ですか?」

ポロっと声に出してしまった。

 

向こうも少し間があったが、

分かる人には名前ですぐに、

バレてしまうといった感じだった。

 

嘉数さんは40代で独身。

 

そろそろ沖縄に引き返そうと考えて、

無事に仕事が決まったという。

 

いくら東京で仕事の経験があったとしても、

なかなか40代で仕事をさがすのは難しい。

 

年収も大幅に下がる覚悟をしなければいけない。

 

沖縄では引き返すのなら20~30代のうちにした方が、

良いと言われることも多い。

 

20~30代であればまだ就職先も多くて採用されやすい。

 

それが40代になると見つかりにくい上に、

年収があまりにも下がって生活リズムが、

なかなか沖縄に合わせられないのだという。

 

実際に、

東京都の40代の平均年収は、700万円前後。

沖縄県の40代の平均年収は、450万円前後。

その差、250万円!

 

<おしらせ>

今の給料って満足してます? 自分が知らないだけで本当はもっと稼げていたら、年間いくら損していたのやら。調べるのはタダですから。↓

 

これだけ年収に差があると生活の質も変わってくるので、

沖縄の低収入では生活にストレスを感じることも多いとか。

 

20~30代でも沖縄と東京では差があるが、

それでもせいぜい100万円前後になるので、

数ヶ月やりくりすれば生活はすぐに馴染める。

 

それに、

40歳以上になると少しプライドが邪魔をすることも、

人によってはありそうですよね。

 

ちょっと見栄をはってしまうとか。

 

あくまでも数字の上でのことなので個人差はありますよ!

 

でも、

嘉数さんが沖縄に引き返すのは、

そんな理由ではなかった。

 

実家のご両親とくにお父さんの高齢にともなって、

沖縄に引き返すことが大きな理由であった。

 

嘉数さんは長男で兄弟はみな実家を出ている。

 

ご両親は大きな平屋に二人で住んでおり、

本島北部の集落でご近所さんはみんな知り合い。

 

田舎中の田舎である。

 

だけど職場は那覇市で、

北から南に車で毎日通勤するとなると、

 

高速道路を使っても、

片道で1時間30分以上はかかるだろうか。

 

わたしは土地勘があるだけに、

そんなところから通勤するのは正直、

苦痛だと思ってしまった。

 

でも、

嘉数さんは良い仕事が見つかったから、

それはそれで良いのだという。

 

たしかに、

妥協して実家近くでさがすよりも、

那覇でいい仕事を探したほうが、

収入面では大きいかもしれない。

 

嘉数さんとは、

こんな会話で締めくくったのが最後だったと思う。

 

あの日が来るまでは、、、

 

SPONSORED LINK

東京を離れ半年後に!

 

嘉数さんが引き返してから半年ぐらいだったと思う。

 

わたしが職場から出てお昼を食べに行こうとすると、

同僚から呼び止められた。

 

嘉数さんからお電話ですよ!

 

え?どの嘉数さん?

 

もう東京に嘉数って名前の知り合いはいない。

 

電話に出るとあの嘉数さんからだった。

 

なんでも出張で東京に来たのだという。

 

よっ!元気ねぇー?

 

真っ黒に日焼けした嘉数さんが立っていた。

 

急に電話してビックリさせてしまったねぇー。

 

もうすっかり沖縄のイントネーションである。(笑)

 

実はあれから、

営業の部署に就き、島中を走りまくっていたらしい。

 

心配していた通勤のことは、

朝から得意先と打ち合わせや契約があれば、

 

朝は出社せずにお客さんのところに行けばいいし、

夕方に得意先に行くのであれば、

 

帰社せずにそのまま家に帰ったりしているので、

通勤はもう苦痛ではないそうだ。

 

たった半年ではあるが、

沖縄でいろいろとあったようだ。

 

でも、

気になったのは何でまた東京に出張なのか?

 

実は、

長年にわたって東京で経験したことを買われて、

関東で得意先の開拓をして欲しいと頼まれたそうだ。

 

関東!?

関東がどれだけの広さか、

沖縄人は分からないのだろうか?

 

もちろん、

1人でやるわけではないのだろうとは思ったが、

数人しか来ていないのだという。

 

すごい無茶だ!!

 

その間に実家はどうするのか訪ねたが、

デイサービスの利用と沖縄に残っている兄弟で、

協力し合うことになったそうだ。

 

もちろんずっと関東ではないので、

月に数回は沖縄に帰ったりできる。

 

何年かすれば後任に引き継げるので、

いずれはずっと沖縄での勤務となるそうだ。

 

Okinawa(480)

 

最後になるが、

沖縄では県内を中心とした企業もあれば、

県外もしくは海外にまで進出していく企業もあります。

 

それは、

今後もどんどん増えていくとわたしは思っています。

 

そこで問題になるのは、

やはり誰が県外の担当になるのかということです。

 

すでに沖縄に家庭があって、

生活の基盤ができている人には、

なかなか単身赴任を任せる動きも少なく。

 

だから、

移住者がその対象になることもある。

 

せっかく沖縄に移住したのに、

県外での経験を買われてまた沖縄から出る。

 

どれぐらいに割合でそうなるのかは、

その会社にもよるのだろうが、

 

就職難の沖縄ではそれだけで仕事を、

変えるわけにもいかない。

 

その対象にならないことを祈るばかりである。

 

この記事いいね!
いいね!で応援する

「めざせ沖縄移住」を
SPONSORED LINK