SPONSORED LINK

沖縄人のメンタルについて

 

「沖縄の職場で5割がメンタル不調者、4割が退職。」

 

2015年4月下旬に、

こんな見出しの新聞記事が出ていました。

 

沖縄労働局が、10人以上の会社にアンケートで、

うつ病などの、メンタル不調者の有無を調べた結果、

 

47%の会社がハイと答え、最終的に43%の人が、

退職をしたと回答があったそうです。

 

沖縄のイメージからすれば、

みんな会社であってもどこかのんびりしてて、

 

誰とでも仲の良い人間関係を築いていると、

想像してしまうかも知れませんが、

 

さすがに、この数字を見てしまうとそうは思えないですよね。

 

Okinawa(332)

 

メンタル的な問題になると、

その解決方法も、そう簡単ではないはずです。

 

そもそも会社にいるから、メンタル不調になるのであって、

その会社にずっと在籍していても、

それが良くなることは、非常に少ないと思います。

 

そうなると、自然に退職者の数字も、

増えて当然だと思いました。

 

SPONSORED LINK

沖縄人がメンタル不調になる原因は?

 

原因といっても、やはり人それぞれで、

はっきりと分かっているなら、

最初から解決しているはずですよね。(笑)

 

まずは職場で何か、

問題になっていることはないのか、

沖縄労働局が、アンケートをした結果、

 

35%が「職場に人を育てる余裕がなくなっている」

 

29%が「職場でのコミュニケーション機会の減少」

 

28%が「管理職の目が一人一人に届きにくくなっている」

 

こういったことが上位を占めたようです。

 

個人的に注目したのは、

 

29%が「職場でのコミュニケーション機会の減少」

 

これが気になります。

 

沖縄だったら、会社での飲み会が多くて、

ある程度のコミュニケーションは、

 

あると思っていたのですが、

それも職場によるのかも知れませんね。

 

そういえば、沖縄に住む友人の1人が、

今は飲酒運転のこともあるので、

 

タクシーや運転代行で、帰宅する人のことを考えると、

昔ほど飲む機会も減ったそうです。

 

それに飲み会をしたとしても、

節約のために、あえてお酒を飲まずに、

自分の車で帰宅する人もいて、

 

たとえそれが部下であっても、

無理やりなんて飲ませられないとのこと。

(そんな上司なんて嫌いなんだが、、、)

 

しかも、

酔っていない状態のままでいると、

なんだか気難しい話になってしまって、

今と昔では、なんだかやりにくいとの事でした。

 

Okinawa(334)

 

たしかに、飲み会と称しているのに、

お酒をぜんぜん飲まない人が多いと、

なんだか盛り上がりに欠ける気持ちも、

分からなくはないのですが、

 

タクシーや運転代行だって、そう安くはないのですから、

飲酒運転で帰宅するなんて、ありえないですし、

飲み会には、シラフで参加する気持ちも分かります。

 

もうそういう時代なんだと、少しは上司の人が、

気を使って欲しいと思ってしまいました。

 

でも、こんなことを言うと、

これだから、ゆとり世代は、、、、

なんて、言われてしまうのでしょうかね。

 

部下にどう接して良いのか、

分からない上司の気持ちも、何となくは理解できます。

 

んーやっぱり、かんたんな問題ではないですね。(汗)

 

この記事いいね!
いいね!で応援する

「めざせ沖縄移住」を
SPONSORED LINK