SPONSORED LINK

とにかくゴーヤーの苦味を取りたい人へ

 

ゴーヤーの苦味には、人それぞれ好みはありますが、

ゴーヤーの苦味をとりたい人は多いと思います。

 

苦すぎはダメだけど、苦味がないのも、

なんだか物足りないと思う人もいるはずです。

 

苦味をおさえる調理方法としては、

 

1、「とにかく薄くスライスする」

 

縦にゴーヤーを切って、ワタをスプーンなどで、

取り除き、3mm以下で切る。(5mmでは苦くなる)

 

Okinawa(370)

 

2、「塩もみ」

 

薄く切ったゴーヤーを小さじ1ぐらいの塩で、

身が崩れないように、軽くもみほぐす。

10分ぐらい放置して水で流す。

 

3、「砂糖もみ」

 

さっきの塩とは逆に、甘めが好きな人は、

砂糖でもんでおいても良い。これは好みです。

 

4、「レンジでチンする」

 

薄く切ったゴーヤーをレンジで、

2分か3分ぐらいチンするのです。

 

5、「茹でる」

 

薄く切ったゴーヤーを3分ぐらい茹でるだけです。

 

6、「油で素揚げする」

 

薄く切ったゴーヤーを180℃(高温)ぐらいで、

30秒か1分ぐらい、サッと素揚げするのです。

 

7、「玉ねぎと一緒に炒める」

 

炒めた玉ねぎの甘みで、

ゴーヤーの苦味をおさえるのです。

 

8、「最後に卵でとじる」

 

ゴーヤーチャンプルーの最後の仕上げに、

溶き卵でとじるのです。

 

9、「少しクセのある調味料を使う」

 

ごま油、ナンプラー、オイスターソース、

ウスターソースなどで、苦味をごまかすのです。

 

10、「カツオ節をたっぷり」

 

お皿に盛り付けたゴーヤーチャンプルーに、

カツオ節をのせる。量はお好みで。

 

こうしたことなどで、

苦味をおさえる調理をするのです。

 

まだまだ各家庭で、裏技をもっている人も、

中にはいるのかもしれません。

 

実は採れたてのゴーヤーは苦くない!

 

他の野菜と同じように、

ゴーヤーにも鮮度によって味が違います。

 

個人的な体験談なんですが、

昔、畑から収穫したばかりのゴーヤーを、

調理してもらった経験があります。

 

そのときに食べたのは、ゴーヤーのおひたしでした。

 

おひたしと言っても、シンナリするほど、

茹でたりはせずに、シャリシャリと歯ごたえを残し、

 

醤油とカツオ節で食べましたが、

ビックリするほど、苦味が少ないのです。

 

表現が難しいのですが、ししとうやピーマンよりも、

苦味が少ないといった感じです。

 

なので、ゴーヤーは鮮度の良いうちに、

調理して食べたほうが良いでしょう!

 

SPONSORED LINK

沖縄県産のゴーヤーは苦くないのか?

 

沖縄県産のゴーヤーと、

全国に広く出回っているゴーヤーでは、

品種がまったく違います。

 

たまに東京のスーパーでも、

沖縄県産のゴーヤーを、目にする事はありますが、

やはり多くは、九州産のゴーヤーです。

 

ゴーヤーって品種がたくさんあるので、

その中でも沖縄で代表的な物としては、

 

Okinawa(371)

 

↑「あばしゴーヤー」です。

 

フットボールのような形で、苦味は少ない方です。

沖縄ではコレが一般的なゴーヤーです。

 

沖縄県産のゴーヤーが、なかなか全国に出回らないのは、

多くが沖縄で消費されることと、

 

全国に輸送するには、コストの面で、

どうしても割高になるからではないかと思います。

 

Okinawa(372)

 

↑「長れいし」です。

 

九州産の物は、こうした細身のゴーヤーが多く、

あばしゴーヤーに比べると、やや苦味が強いと、

感じられる品種だと思います。(個人の感想です)

 

この他にも、白いゴーヤーというのもあって、

 

Okinawa(373)

 

かなり苦味が少ない品種だそうです。

(まだ食べたことは無いです、、、)

 

白いゴーヤーは、

まだまだ一般的ではないのですが、

 

品種改良によって、苦味が少ないゴーヤーを、

作る農家が増える傾向にあるようです。

 

苦味が苦手な方は、是非とも、

沖縄県産のゴーヤーをお試しあれ!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK