SPONSORED LINK

 

沖縄の梅雨入りが遅いときに自分で予測する方法!

 

梅雨入りや梅雨明けしそうなタイミングは、個人でもある程度は予測が立てられます!

 

それは、沖縄の天気の週間予報を見ることです。

Yahoo天気の沖縄の週間予想」←

 

気象庁のHPを調べてみると、梅雨入りの判断というのは「雨の日」や「雨のち曇りの日」が、最低でも5日間ほど続くことを気象庁もみているそうです。

 

逆に、梅雨明けの判断というのは「晴れの日」が、最低でも5日間ほど続くことを気象庁もみているそうです。

 

気象庁の予報では、5月9日ごろに梅雨入りして、6月23日ごろに梅雨明けすると記載されていますが、気象庁のHPは、豆に更新されないことが多いです。

 

SPONSORED LINK

どうして気象庁は梅雨の予報が遅いのか?

 

実は梅雨入りと、梅雨明けのタイミングは、微妙な判断の元に行われているからです。

 

気象庁のHPには、以下の記述があります。

梅雨は、春から夏に移行する過程で、

その前後の時期と比べて雨が多くなり、

日照が少なくなる季節現象です。

梅雨の入り明けには、平均的に5日間程度の、

「移り変わり」の期間があります。

 

気象庁では、気象予測をもとに、

行う梅雨の入り明けの速報とは別に、

梅雨の季節が過ぎてから、

春から夏にかけての実際の天候経過を、

考慮した検討を行っています。

ここまで↑

 

梅雨の判断って、もの凄い明確ではなく、あくまでも現状の確認と過去のデータから予測などをしているので、普通の天気予報よりも予測が難しいようです。

 

特に沖縄は、天気予報が当たりにくいとされていますので、梅雨に入っても晴れ間が続くときも多々ありますからね。

 

いろいろと過去の気象庁のことを調べていくと、梅雨の予報をしたのに外れるとクレームがくるらしいです。(泣)

 

日本人の気質なのか何事にも正確さを求めた結果、

 

クレーム!

 

だからなのか分かりませんが、気象庁が行う梅雨に入りや梅雨明けの発表では、あいまいな表現が多いのは、過去のできごとに、左右されているからかもしれません。

 

 

 

【おすすめの人気記事】

【仕事】あなたも沖縄での年収の限界を調べた方がいいよ!私の結果は573万円!

【仕事】20代・30代におすすめの転職エージェント8社!嫌な会社は卒業すべき!

【節約】スマホの通信制限から1日114円で開放された【BroadWiMAX】の申し込み方

【節約】まだゲオに並んでるの? 私は1日たったの11円で見放題&延滞金ナシ!

【書籍】お金儲けしたい!と正直な人が読むべき1冊はコレさぁ~!(期間限定無料)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK