SPONSORED LINK

 

沖縄に移住したいけど仕事への不安

 

沖縄に移住したいけど仕事への不安から、

足踏みをしている人も、きっと多いでしょう。

 

移住する前に確認するのは、やはり給料や出勤日数など、

求人情報で表向きに書かれていることを事前に下調べをすること。

 

まずは、沖縄で仕事を探すなら、

今までの職歴から探すのが、絶対に良いと思います。

 

せっかく沖縄に移住するのだから、

観光に関する仕事とか、リゾートホテルのスタッフや、

 

ダイビングのインストラクターとか、

あれこれと、やってみたい気持ちも分かりますが、

 

今までに、事務職しかやったことがない人が、

違う業種に就くのは、少しリスクが高いと思いますので、

 

事務職なら同じ事務系で探して、

サービス業だったら同じサービス業で、

探すと言うのがまずは良いかと思います。

 

どうしてかと言いますと、

 

まずは沖縄での私生活に慣れることに、

苦労する人も多いからです。

 

道がよく分からないとか、方言に戸惑ってしまうとか、

意外と生活用品にお金がかかったりするなど、

 

最初は苦労することが多いのに、仕事も今までとは、

全く違うことをやっているとストレスになることがあるので、

 

まずは慣れていることから、始めるのが良いと思います。

 

<おしらせ>

今の給料って満足してます? 自分が知らないだけで本当はもっと稼げていたら、年間いくら損していたのやら。調べるのはタダですから。↓

沖縄の求人情報はあてにならない

 

こんなことを書くと、元も子もないのですが、

 

なんとなく、最低賃金や労基法を意識してなのか、

求人の詳細は、案外まともに見えるのですが、

 

実際に面接に行ってみると、

書かれていることとは全く違うことを言われたり、

 

条件そのものが違っていることもあります。

 

特に要注意なのが、

「週休2日」「昇給」「賞与」「交通費」

 

こういったことが書かれていても、

実際には、そうではないことがあります。

 

沖縄では、週休1日の職場もけっこう多いですし、

賞与なんて、公務員か上場企業でもない限り、

 

ほぼ皆無と言っても、良い過ぎではないかも知れません。

 

交通費に関しても電車のない沖縄だから、

基準となる物がなく、かなり適当な金額の職場もありますが、

 

もらえるだけマシという人も多いかもしれません。

 

あとは、残業に関しても求人の内容だけでは、

全くと言って良いほど分かりません。

 

「残業が多い」なんてことは、まず書かれていませんし、

残業代についても、まったく触れていないことが多いです。

 

やはりここでも、過去にやってきた、

職歴を元に考えたほうが良いと思います。

 

なんとなく、飲食業や運送業など、

サービス残業が多そうなイメージですし、

 

実際に、その業界に長く勤めていた人なら、

だいたい自分がいた業界には、

 

どういう闇があるのかが、分かっていると思います。

 

もしも、今までと違う業種だと、

どこまでが普通なのかどうかも、分からないままだと思います。

 

まあ、ブラック企業は業種とか関係ないかもしれませんけど。

 

 

SPONSORED LINK

沖縄の実態を知ることで心構えをする

 

ここまで読んでいると、なんだか沖縄って給料が低いのに、

こんなにも大変なことがあるのかと、思ってしまいそうですが、

 

実際には、ピンからキリまでいろいろな職場があります。

 

給料が低いことは、どこも一緒だと思って覚悟が決まっていれば、

それ以外はストレスが少なく、良い職場環境のところもあります。

 

人との付き合いさえ分かってしまえば、

 

案外、沖縄人というのは単純で、

変に気を使わなくても良いと思えることもあります。

 

そういう職場に当たるかどうかは、

一概には言い切れないですが、

 

それでも1度か2度ぐらいは、

沖縄県内でも転職することも視野に入れておけば、

 

そこまで変な不安を持つことはないと思いますよ。

 

【おすすめの人気記事】

【仕事】あなたも沖縄での年収の限界を調べた方がいいよ!私の結果は573万円!

【仕事】20代・30代におすすめの転職エージェント8社!嫌な会社は卒業すべき!

【節約】スマホの通信制限から1日114円で開放された【BroadWiMAX】の申し込み方

【節約】まだゲオに並んでるの? 私は1日たったの11円で見放題&延滞金ナシ!

【書籍】お金儲けしたい!と正直な人が読むべき1冊はコレさぁ~!(期間限定無料)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK