ヒロヒロヒロヒロ

どうも! 沖縄人のヒロヒロです。

今回は移住者向けに沖縄での仕事についてです。

沖縄って仕事あるんですか?」ってよく聞かれるんですけど、ちゃんとありますよ。(笑)

 

ただし給与が安いです。」って必ず付け加えます。 年収は全国平均以下ですから年収が約1/3ぐらいは減ります。

 

高額の給与をもらっている人であれば、同じ業種でも沖縄に転職すると、年収が半分以下になることも珍しくありません。

 

沖縄に移住したいけど仕事への不安

沖縄に移住したいけど仕事への不安がある人は多いでしょう

 

移住する前に確認するのは、やはり給料や出勤日数など、求人情報で表向きに書かれていることを事前に下調べをすること。

 

まずは、沖縄で仕事を探すなら今までの職歴から探すのが絶対に良いと思います。

 

よくある事例として、せっかく沖縄に移住するのだから、観光に関する仕事とか、リゾートホテルのスタッフやダイビングのインストラクターとか、

 

やってみたい気持ちも分かりますので反対はしませんが、慣れない仕事を必死にがんばっても給与が低いとかなりモチベーションも低下しますよ。

 

転職するならまずは経験ある仕事から探す!

ヒロヒロヒロヒロ

やはり経験のある仕事から探してみるのがおすすめです。

どうしてかと言いますと、沖縄での私生活に慣れることに苦労する人も多いからです。

 

道がよく分からないとか、方言に戸惑ってしまうとか、意外と生活用品にお金がかかったりするなど、最初は苦労することが多いのに、

 

仕事も今までとは、全く違うことをやっているとストレスになることがあるので、まずは慣れている仕事ことから始めるのが良いと思います。

 

<補足> あなたの今のキャリアで沖縄での年収がどれぐらいに相当するのか調べられます。↓

沖縄の求人情報はあてにならないこともある!

こんなことを書くと元も子もないのですが。

 

沖縄の求人情報を初めて見たときは「あれ?最低賃金ってこんなに低くかったっけ?」と戸惑うほど安い時給や月給に驚きます。(沖縄の最低賃金は時給737円。2018年1月時点)

 

そして求人の詳細は一見まともに見えるのですが、実際に面接に行ってみると全く違うことを言われたり、条件そのものが違っている事例もあります。

 

特に要注意なのが、「週休2日」「昇給」「賞与」「交通費」こういったことが書かれていても実際には無くて言い訳をされた人もいます。

 

転職で注意すべき項目とは?

「週休2日」「昇給」「賞与」「交通費」この4つです。

 

「週休2日」と書かれてはいても週休1日の職場だったり、「昇給」の基準がなく5年先に入社した人も同じ給与などの事例もあります。

 

「賞与」が無いことも普通で、仮にあったとしても1ヶ月分もでないケースも。「交通費」に関しても電車が走ってないから基準がなく、かなり適当な金額の職場もあります。

 

ヒロヒロヒロヒロ

もちろん、まともな会社もありますが、私が今でもよく聴いている沖縄のラジオ番組があって、こういった沖縄の現状が投稿されています。

SPONSORED LINK

「残業」についても要注意です!

残業も求人情報だけでは判断できません。

 

残業が多い」なんてことはまず書かれるケースは少ないですし、残業代についてもまったく触れていないことが多いです。

 

この情報も沖縄のラジオ番組からですが、サービス残業をさせられている会社が非常に多い印象を受けます。

 

<補足> もうここまで来ると、会社ごとに内情を調べられれば1番良いので、下記の記事を参考に転職してみたい会社を調べてみるのもおすすめです。↓

 

沖縄に転職したい移住希望者のまとめ

事情を知って転職をためらう移住希望者が多いのも事実です。

 

ここまで読んでいると、沖縄って給料が低いだけじゃなくて、こんなにも大変なことがあるのかと思ってしまいそうですが、実際にはピンからキリまでいろいろな職場があります。

 

給料が低いのはどこも一緒だと思って覚悟すれば、それ以外はストレスが少ない職場環境のところもあります。

 

人付き合いさえ分かってしまえば、沖縄人というのは単純で変に気を使わなくても良いという意見もあって、一概には言い切れないですが、

 

たくさん下調べをしておけば 沖縄に転職してもそこまで変な不安を持つことはないと思いますので、良かったら下記の書籍をおすすめしておきます。

 

 

ではでは。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で「めざせ沖縄移住」をフォローしよう!

SPONSORED LINK