SPONSORED LINK

沖縄で「生活が苦しい」が過去最高の62.4%

 

厚生労働省の国民生活基礎調査で、

 

2014年7月までの時点で、

生活が苦しい」と、感じている世帯の割合が、

 

過去最高の62.4%だったそうです。

 

全国での調査なので、

沖縄県だけに絞って見ることはできませんが、

 

なんとなく、沖縄はもっと数字が上がりそうですね。

 

消費税が、5%から8%に上がったのは、

2014年4月でしたので、

 

実際に家計の負担は増え、

生活が苦しいと感じる人が多いのも納得です。

 

消費税で家計の負担が増えただけではない!

 

ただ単に、消費税が増えただけではなく、

実際には、1世帯あたりの平均所得も減少していて、

 

2013年では、528万9000円だったそうです。

 

沖縄だと、世帯年収が500万円に届かない家庭も、

たぶん多いと思うのですが、、、

 

1985年からの調査結果では、

過去4番目に低い数字で、ここ10年では、

もっとも低い数字になるそうです。

 

たしかに、賃金カット、ボーナスカット、

早期退職、リストラ、なんて言葉はよく耳にします。

 

派遣社員、契約社員、ブラック企業、ブラックバイトなど、

ここ最近は、この言葉もよく耳にします。

 

Okinawa(497)

 

「若者が〇〇離れしている」なんてことも、

たまに聞くのですが、それってただ単に、

興味を示さない若者が増えたとかではなく、

 

興味はあるけど、それにつぎ込めるお金が無くて、

しかたなく我慢をしている人もいると思うのです。

 

SPONSORED LINK

日本人は本当に家計が苦しいのか?

 

世代によっては、高度経済成長期で、

バブルを経験した人もいれば、

 

ゆとり世代という言葉だけで、

なんとなく集約されてしまう人もいて、

 

ただ単に生活が苦しいと言っても、

違う世代を見てしまうと、はたして本当にそうなのか?

 

少々、疑問を持ってしまいます。

 

・今や携帯電話は、1人1台が当たり前。

・何かしら冷蔵庫に食べ物が入っている。

・1日3食、食べることだってできる。

・水道水ではなく、水も買うこともできる。

・着る物は、1枚ではなく何枚か持っている。

・テント暮らしではなく、住む場所がある。

 

今や日本人で、日本に住んでいれば、

餓死する可能性は、限りなくゼロに近いです。

 

Okinawa(496)

 

しかも、引っ越そうと思えば日本中どこにでも行けます。

(行こうと思えばね)

 

もちろん、下だけを見て安心するのは、

どうかと思いますが、

 

それでも、日本人というのは、

恵まれていることが多いと思います。

 

生活が苦しいって言うけど、はたしてそれは、

生活保護を受けなきゃいけないほどの苦しさなのか、

 

それとも節約したり、我慢したりすることへの、

ストレス発散として言っているのか、

 

なんだか自分自身で色々と考えてしまいますね。

 

沖縄人の価値観で例えるなら、

 

島の海を見ても、そんなにありがたいと思うことは少なく、

むしろ普通すぎて、その間隔がマヒしています。

 

観光客や移住者が、島の海を見て感動しているのを知ると、

そこで沖縄人も気がつくのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK