SPONSORED LINK

 

2015年(平27)の5月の観光客数が過去最高!

 

2014年度に続き、2015年度も観光客が増加していて、

5月だけでも、61万1400人となったそうです。

 

この数字だけだと、よく分からないので、

いろいろと調べたところ、

 

2014年度の観光客数は、

716万9900人で過去最高記録でした。

 

2014年5月だけでは、56万1400人だったので、

2015年5月は、それよりも5万人も増えているのです。

 

ちなみに、2015年4月はもっと多くて、

63万5400人の観光客数でした。(これも過去最高)

 

このまま伸び続ければ、

2014年度の過去最高記録を、

2015年度が上回りそうです。

 

どうして沖縄に観光客数が増えているのか?

 

日本の景気が良くなってきたから!と言いたいのですが、

そうではなく、外国人観光客が圧倒的に増えたからです。

 

これも調べましたが、

単純に2014度から、約1.4から1.7倍は増えています。

 

2014年4月の外国人観光客は、7万3900人で、

2015年4月の外国人観光客は、13万0600人。

 

2014年5月の外国人観光客は、9万1700人で、

2015年5月の外国人観光客は、13万3700人。

 

主にアジアからの観光客で、

国別の割合としては、

台湾から、41%

韓国から、16%

中国から、13%

香港から、13%

アメリカから、1%

その他、16%

こういう統計になっています。

 

Okinawa(498)

 

個人的に、2015年6月に、

3泊4日で沖縄に帰省したのですが、

まあ行く先々で、アジアからの観光客が多いと、

本当に何度も思いましたね。

 

 

実際に、2015年2月からは、

格安航空会社(LCC)の、「ピーチ・アビエーション」が、

那覇―香港を就航しました。

 

他にも、2015年5月から、

「台湾エバー航空」が、那覇―台北を1日1便から、

1日2便に増便することになったり、

 

2015年6月から、

格安航空会社(LCC)の、「タイガーエアー台湾」が、

那覇―台北に初就航したり、

 

2015年7月には、

「中国東方航空」が、那覇―福州を就航して、

8月には、那覇―杭州も就航する事が決まっています。

 

「中国東方航空」は、すでに就航している、

那覇―上海の増便と、機材の大型化もすると発表しています。

 

こうした動きがあって、

沖縄を訪れる外国人観光客は増えていると思われます。

(これだけやれば増えるよね)

 

SPONSORED LINK

アジア人観光客の声のデカさについて!

 

マジメな話ばかりでは、つまらないので、

ここらで、アジア人観光客の声のデカさについてです。

 

外国人観光客が増えるのは、

とても喜ばしいことではありますが、

 

マナーや価値観の違いについては、

今後、ますます問題になっていくでしょう。

 

もしかしたら、

すでに問題が山済みかも知れません。

 

まず、あの大声でしゃべることですが、

たぶんそれを直すことは無理でしょう。

 

本人たちには、全くもって自覚がないので、

こっちが我慢をするしか無いでしょうね、、、(泣)

 

Okinawa(500)

 

なんで、おばちゃん集団って、

万国共通でうるさいんでしょうか?

 

日本人のおばちゃん集団もうるさいですよ、

とくに関西。(←コラッ)

 

とにかく団体行動だから、目立つのは仕方がなくて、

こじんまりした感じで、観光に来ている外国人は、

そこまでうるさくはないんですけどね。

(あくまでも個人感ですけど)

 

昔はいろいろな規制もあって、

アジアからの観光客は、

団体での旅行が主流でしたので、

 

今でもその名残があるのか、

個人で旅行する人は、

まだ少数かも知れませんね。

 

今は規制も緩和されて、

個人でも簡単に観光できますので、

もしかしたら、

個人での旅行が増えてくれれば、

声のデカさが、小さくなるかもしれませんよ。

 

でも、過度な期待は禁物です!

 

この記事いいね!
いいね!で応援する

「めざせ沖縄移住」を
SPONSORED LINK