SPONSORED LINK

 

沖縄で仕事を探す前に知っておくべき事

 

世の中だれもが、理想の会社で働けるワケではありません。沖縄では特にそうかも知れません。

 

ヒロヒロヒロヒロ

人によっては、「どうせ給料が低いんだし、どこだって同じだよ!」なーんて声も聞こえてきそうなぐらい、沖縄では仕事の問題があります。

どうも!管理人のヒロヒロと申します。今日は沖縄での仕事についてです。

 

理想としては、沖縄で仕事が見つかってから、移住してくる方が良いのですが、面接のたびに、沖縄を往復するチケット代のことを考えると、移住が先の方がいい時もあります。

 

それで、もしも見つからないときにどうしたらいいのか?

 

いろいろと珍しいケースで沖縄で仕事が決まった人もいますので、何か仕事探しのヒントになればと思い紹介していきます。

 

<おしらせ>

今の給料って満足してます? 自分が知らないだけで本当はもっと稼げていたら、年間いくら損していたのやら。調べるのはタダですから。↓

 

有効求人倍率から見える沖縄の仕事探し

まず最初に沖縄の現状を知って欲しいのですが、厚生労働省から毎月発表される「有効求人倍率」は、沖縄県はいつも全国で最下位です。

 

そもそも有効求人倍率とは、

「仕事を探す人1人に対し、何人分の求人があるかを示す指標。」

ということです。

 

2013年~2014年(H25~H26)までの統計では、東京都が、「1.39」~「1.62」で上下して全国トップ。

 

有効求人倍率の全国平均は、「1.10」です。(つまり、1人に対して1つ以上の求人があるということ。)

 

沖縄では同じ時期でも、「0.57」~「0.74」で上下して最下位です。(つまり、1人に対して1つ以下で、求人が足りていないということ。

 

ヒロヒロヒロヒロ

ちなみにわたしが調べたところ、1998年以降で、有効求人倍率が、「1.00」の数値を超えたことは一度もありません。

訂正:2016年6月に本土復帰後に初の有効求人倍率が1%を超えました。

 

2016年6月に有効求人倍率は、1%を超えたのですが、それでも全国の中では最下位なのです。

 

もっとも最低だったのは、リーマンショックが起こった2008年ごろで、「0.27」の数値まで下がってしまった月がありました。

 

有効求人倍率だけを見ても分かるとおり、沖縄で仕事を探すのは困難と言ってもいいでしょう。

 

まったく仕事がない訳ではありませんが、選択しているほどの余裕はないと言ってもいいかもしれません。

 

沖縄で仕事が見つかった実話

 

沖縄では求人広告を見ても「今回も良いところはなかった。また次に期待しよう!」そんなこともザラです。

 

ヒロヒロヒロヒロ

でも、ここで待ってばかりいては時間がもったいないです!もし良い仕事がなかったら、次は良い会社がないか自分から探すのです。

 

たとえ良い仕事がなかったとしても、企業のホームページや、広告などはたくさん見つかります。

 

もしも、そこから何かピンとくる会社があれば、思い切って問い合わせをしてみるのもいいと思います。

 

最初は勇気がいるかも知れませんが、あなたが真剣にそこで働きたいと思うならやって損はないです。 

 

最近では、転職エージェントを利用して仕事をより広範囲で探す人が非常に増えていますので、もしよかったら下記の記事も参考にしてみてください。

 

沖縄で仕事が見つかった実話その1

ヒロヒロヒロヒロ

わたしの友人が求人広告を見て、とても気に入った会社がありました。

でも、そこに書かれていたのは、営業マンを募集する求人広告でした。

 

友人は、デスクワークなら経験があったのですが、営業マンはやったことがありませんでした。

 

それでもそこで働いてみたい思いが強く、思い切って電話をして、その旨を伝えたうえで面接を申し込んで、さらにそこで働きたい思いを面接官に伝えたそうです。

 

結果は、無事に採用。

 

営業マンではなく、デスクワーク中心の業務に就くことができました。

 

沖縄で仕事が見つかった実話その2

ヒロヒロヒロヒロ

これもわたしの友人の話です。

ずっと沖縄を離れ、30歳をきっかけに、沖縄に引き返すことになったのですが、仕事が見つからないまま沖縄に帰っていきました。

 

帰って二日後、実家に住所を移すために、市役所に手続きをしに行った際、思い切って窓口の人に、「何か仕事はありませんか?」と何気なく聞いたそうです。

 

すると、え?みたいな顔をされたそうですが、「あ!ちょっとまってくださいねぇ」と言われ、しばらく待っていると、ちょうど月末に、市役所の臨時職員で、退社する人がいて空きが出るとのことでした。

 

友人は、その場で申し込みをして、二日後に面接をして、翌週には採用が決まりました。

 

沖縄に帰ってわずか10日たらずで、仕事がみつかりました。

 

SPONSORED LINK

沖縄での仕事探しで大事なこと

なぜわたしが、この友人2人を紹介したのかといいますと、沖縄の企業だからなんでもアリ!ということを言いたいのではありません。

 

求人広告だけを見て判断していては、良い仕事もみつからないと言いたいのです。

 

今の時代は、ネットでなんでも探せて便利ですが、すべての企業が、ネットで求人広告を出している訳ではありません。

 

中には会社の窓に、“社員募集”と書いているだけのところもあります。そんなことをネットで調べることは困難です。

 

友人2人に共通していることは、気になったりしたら積極的に聞いたりして、行動していたということです。

 

本来なら、ハローワークなどで紹介してもらえて、正社員で採用が決まることが望ましいのですが、なかなかそれだけに絞っていては、いつ働けるのかも分かりません。

 

気が付いたら、数ヶ月も無職ということもありえます。

 

その間にも生活費はかかりますし、それで貯金を切り詰めて生活していたのでは、精神的にも追い込まれてしまいます。

 

先に移住をしてしまった人であれば、まずは何よりも先に仕事を決めるということが大事です。(当たり前ですが、、、)

ではでは。

 

 

【おすすめの人気記事】

【仕事】あなたも沖縄での年収の限界を調べた方がいいよ!私の結果は573万円!

【仕事】20代・30代におすすめの転職エージェント8社!嫌な会社は卒業すべき!

【節約】スマホの通信制限から1日114円で開放された【BroadWiMAX】の申し込み方

【節約】まだゲオに並んでるの? 私は1日たったの11円で見放題&延滞金ナシ!

【書籍】お金儲けしたい!と正直な人が読むべき1冊はコレさぁ~!(期間限定無料)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK