SPONSORED LINK

14.8%の企業が100時間残業の社員がいる!?

 

帝国データバンクが、

全国の従業員50人以上の企業を対象に、

「ストレスチェック」の調査を実施したそうで、

 

帝国データバンクは沖縄にも支社があり、

2015年7月7日にその結果が発表されました。

 

沖縄の企業は、166社が対象になっており、

実際に回答があったのは、54社だったそうです。

 

残業が100時間を越える社員はいない」と、

回答した企業は、44社で81.5%

 

残業が100時間を超えている社員がいる」と、

回答した企業は、8社で14.8%

 

分からない」と、

回答した企業は、2社で3.7%

 

この「はい」と回答した企業の数字が、

14.8%だったのです。

 

しかも「14.8%」というのは、

全国平均よりも、2.4ポイントも高いそうです。

 

個人的には、「分からない」と回答した2社が気になります。

(社員の管理体制はどうなってんの?)

 

社員の残業時間を把握していないなんて、

50人以上の社員を抱える企業であり得るのだろうか。

 

(回答はしたくないという意思表示なのかな)

 

 

沖縄では労働時間が長いことが常識!

 

沖縄は、労働時間が全国平均よりも長いにも関わらず、

全国で一番の低収入なんです。

 

今回の残業時間の調査でも、

8社が100時間を超える社員がいると回答しています。

 

なぜこんなにも、残業時間が発生するのかと言うと、

その原因の多くは、人手不足だというのです。

 

50人以上の規模でも、人手不足だとすれば、

さらに規模の小さい会社で調査をすれば、

 

100時間の残業をしている社員の割合は、

もっと増える可能性がありますね。

 

でも、調査はそこまでの範囲には、

実施されていないので、はっきりした数字は不明です。

 

残業時間が多い業界は、

運送業、サービス業、建設業だったそうで、

まあなんとなく、そうだろうなと思える業界ですね。

 

沖縄には、仕事が無いなどと言われますが、

2014年ごろからは、人手不足などと言う声も聞きます。

 

昔から、仕事はあっても“選ばないと無い”

と言ったことが多く、選ばなければ仕事はあります。

 

ただ昔は、それでも多くの人が集まっていた業界でも、

今は必死になって社員を探さないといけない時代に、

なってきたのか知れませんね。

 

SPONSORED LINK

100時間の残業って本当に大変!

 

私は100時間残業の経験があります。

(その会社はすぐに辞めたけどね)

 

残業時間が100時間って、職種によっては、

あまりピンとこないかもしれませんが、

 

労働基準法では、労働時間というのは、

1日8時間、1週間では40時間と言うことが、

定められています。

 

たとえば、

朝9時から夕方18時まで働くとすれば、

1時間の休憩がもらえますので、

 

単純に労働時間としては、8時間になります。

(1時間休憩することも決まりです)

 

この1日8時間労働を、

月曜日から金曜日まで、週5日間続けると、

1週間に、40時間というのが標準の労働時間で、

それを超える労働時間は、全て残業となります。

 

ですが、悲しいことに企業によっては定時の時間から、

30分過ぎないと残業にならないとか決まりがあったりするんですが、

本当は違法なんですよね。

 

 

中でも最悪なのは、サービス残業という、

ブラック企業がもっとも得意とする手法です。

 

これにやられている人は、

沖縄でも、相当いるとは思うのですが、

 

実際に調査しても、

浮き出てくるのは氷山の一角でしょうね。

 

特に沖縄は、土曜日出勤とする会社も多く、

電車もないので、終電という考えは皆無。

 

「終電があるんで帰ります!」っていうセリフが、

沖縄では、全く通用しないのです。(泣)

 

そんな企業辞めてしまえ!

なんていう人もいるかもしれませんが、

本人だって、できることならそ辞めたいはずです。

 

東京のように選択肢が多ければ、

何かしら見つかる可能性も高いですが、

 

沖縄では選択肢が少ないので、

辞めるに辞めれない状況だってあるのです。

 

残業ひとつ取っても、沖縄って考えさせられるのです。

 

 

この記事いいね!
いいね!で応援する

「めざせ沖縄移住」を
SPONSORED LINK