SPONSORED LINK

 

沖縄に帰らずに東京で暮らしていたら、

今よりも生活は楽だったかも知れないね。

 

これは友人の母親が、

私と話しているときに言った言葉です。

 

昔から、仲の良い友人の家にお邪魔すると、

いつも決まって、話に割り込んでくる友人の母親は、

今でもギリギリ現役の保育士さん。

(もうすぐで定年かも)

 

元々は東京で、保育士の仕事をしていたのだが、

長女ということもあって、家族からの強い要望で、

数年で沖縄に引きかえされ、現在までずっと沖縄暮らしです。

 

沖縄って今でも多少、なごりはあるのですが、

本人の意思とは関係なく、実家に引き戻される人って、

昔はもの凄く多かったようです。

 

だから友人の母親は、

今でも東京のことが頭から離れられず、

私が東京から遊びに行くたびに、

友人をそっちのけで、私と話をするのです。(笑)

 

東京と沖縄の保育士の年収格差!

 

友人の母親は、今でも東京で、

一緒に働いていた人と交流があるぐらい、

とても明るくてパワフルな人なのだが、

 

沖縄と東京では、仕事に対する苦労とか、

やりがいは全然違うと言っていました。

 

なんだかんだで、どちらにも苦労はありますが、

大きな違いは、収入に対する格差です。

 

東京で同期だった人が、

今では年収600万円にまでなっているそうで、

 

沖縄では、どんなに頑張っても、

せいぜい年収は300万から400万円程度で、

1.5倍から2倍もの開きがあります。

 

もちろん、若い保育士だと、

もっと年収は低いですし、勤続年数とか、

保育所によっては条件も違いますので、

みんながコウではないと思います。

 

でも、出生率の高い沖縄なのに、

保育士の年収が低いなんて非常に残念です。

 

 

SPONSORED LINK

もしも東京に残って保育士を続けていたら

 

年収の格差が出てくるのは、

多少はしょうがないにしても、

教育熱心な友人の母親からすれば、

 

沖縄でのびのびと、子育てする事も良いが、

学歴を重視する教育に関していうと、

やはり東京は魅力的だと言います。

 

Okinawa(527)

 

「沖縄に帰らずに東京で暮らしていたら、

今よりも生活は楽だったかも知れないね。」

 

この言葉には、

もしも東京で暮らしていれば、

 

年収が高くて、子供はもっと良い大学に、

進学できていたのかも知れない、

 

沖縄には、年に一度ぐらいの頻度で帰れば、

面倒な親戚付き合いも、多少はクリアできたはず。

 

こんな意味も込められていたのです。

 

それに沖縄に帰っていなかったら、

今の旦那と結婚してなかったはずだけど、

でも東京で、もっと良い男を捕まえていたかもw

 

まさかの母親の爆弾発言に、

友人が涙目になっていたのが、とても印象的でした。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK