SPONSORED LINK

沖縄人は熱中症に強いのか?

 

年中気温の高い沖縄に住んでいる沖縄人は、

暑さに強いと思われるかもしれませんが、

決してそうではありませんよ。(笑)

 

毎年6月ごろから徐々に、全国各地で熱中症によって、

病院に搬送される人が増える傾向にある中で、

 

沖縄でも熱中症には気をつけないと危険です。

 

先日、総務省消防庁が2015年6月中に、

全国各地で、熱中症によって救急搬送された人が、

 

3032人と発表しました!

 

しかも、

その中で一番人数が多かったのが沖縄県で、

262人が救急搬送されそうです。

 

2番目に多かったのは、埼玉県の191人。

3番目に多かったのは、東京都の178人。

 

埼玉県と東京都は、人口も多いので、

それだけ人数も増えるはずなのに、

沖縄県の人数が上回るなんて驚きです。

 

どうして沖縄で6月に熱中症が増えたのか?

 

6月に熱中症になった人が多かったのは、

沖縄地方の平均気温が、過去最高だったことと、

 

例年に比べて、梅雨明けも早かったことだと、

考えられているそうです。

 

たまに言われるのですが、

関東で35℃を超えると、沖縄は38℃ぐらいまで暑くなると、

勘違いされている人がたまにいます。

 

Okinawa(549)

 

まあ、

天使予報を見てもらえれば分かるのですが、

 

最高気温だけで比べると、

沖縄よりも暑い都道府県というのはたくさんあります。

 

意外かもしれませんが、

沖縄の過去最高の気温というのは、

35.6℃なんですよ。

 

だいたい沖縄の最高気温は、

35℃は超えずに、34℃になることが多いです。

 

ですが、沖縄の暑さの一番の特徴は、

日差しの強さと湿気です。

 

これもよく言われるのですが、

沖縄の夏はカラッとしていて、

東京の暑さよりも楽だと、思われている人もいます。

 

私から言わせてもらえば、沖縄で暮らしていたときよりも、

東京の夏のほうが、カラッとしている気がします。

 

(東京は風が無いので気温は高めですが)

 

沖縄は海が近いせいか、湿気ですぐにベタつくので、

気温が30℃以下でも、なんだか蒸し暑く感じるのです。

 

SPONSORED LINK

日射病や熱射病って知っていますか?

 

昔は熱中症と言わずに、「日射病」とか「熱射病」って、

沖縄ではよく言っていたのですが、

 

どうも最近のニュースなどでは、

「日射病」も「熱射病」も聞かなくなりましたね。

いろいろと調べて見ると、

昔は熱中症の症状によって、細かく分類していたようで、

 

熱射病」は、熱中症の中で、

もっとも症状の重い状態を表していたそうですが、

 

近年では、

熱中症を、軽度、中度、重度のように、

シンプルに三段階に分けているそうで、

「熱射病」という言葉は、あまり使用していないようです。

 

一方、「日射病」と言うのは、

日差しからの影響を受けることに限定されていて、

熱中症の中に、分類されていないだけでなく、

 

実は、正式な医学用語ではないそうです。

 

まずそのことに驚きましたが、

「日射病」は炎天下での運動などが原因で、

沖縄では日差ざしの強さから、特に注意が必要でした。

 

でも最近では、

節電などのエコ意識が高まっているせいなのか、

室内で脱水症状になる人も多いので、

 

「日射病」や「熱射病」などとは言わずに、

熱中症と言うように、なってきているのだと思います。

 

沖縄で熱中症にならないように、

気をつけてくださいね。

 

この記事いいね!
いいね!で応援する

「めざせ沖縄移住」を
SPONSORED LINK