SPONSORED LINK

2015年4月25日に、沖縄本島の北中城村に、

華々しくオープンした「イオンモール沖縄ライカム

 

沖縄県では、最大級の商業施設で、

建設計画から、完成するまで本当に多くの人が、

さまざまな意見を持っていて、

 

いろいろと口コミのサイトを調べていると、

期待と不安があったのだということが分かります。

 

そして今日は、

エスカレーターなどの設備について、

気になる口コミを見つけましたので、

そのことについて書いていきます。

 

エスカレーター同士が離れている!

 

ちょっと言葉では説明しにくいのですが、

ごく普通のエスカレーターというのは、

 

こんな感じですぐに次のエスカレーターがあって↓

 

Okinawa(604)

 

どんどん次の階に上ったり、下りたりできるのですが、

ライカムでは、エスカレーター同士が離れていて、

 

次のエレベーターに乗るには

少し歩かないといけない様に設置されていたので

怒りの口コミをする人がいました。

 

こうしたエスカレーターの設置というのは、

なにか災害が発生したときに、

将棋倒しにならない為と言われていたり、

 

店内をくまなく見て回るように、

あえて離して設置にしているとされています。

 

個人的には、

店内をくまなく見て欲しいというのが、

1番の理由だと思っています。

 

でも、それも分かったうえで買い物を楽しむので、

今となっては、そこまで気にならないのですが、

 

 

どうも沖縄人の中には、

歩くのが面倒とかいう意見が多くて、

 

たった数メートルでさえも、我慢できないのかと、

改めて歩かない県民性にビックリです。

 

SPONSORED LINK

エスカレーターが停止していた!

 

多くのデパートでは、上の階にはレストランがあって、

営業時間も遅くまで営業していることがあると思います。

 

ライカムでも5階がレストランとなっていて、

他のフロアの営業時間よりも長いそうです。

 

そして、レストラン以外のフロアには、

立ち入り禁止の立て札が設置されたり、

照明が暗くなったりすることもありますよね。

 

ライカムの場合は、

エスカレーターも一緒に止まるそうで、

そのことについて、あまりよく知らなかったのか、

 

いくらなんでも、エスカレーターまで止まるとは、

ビックリしてしまった!などの口コミもありました。

 

あー言われて見れば、

エスカレーターが止まっていることだって、

 

たまに見かけることもあるけど、

もうそこまで気にしたことがなかったので、

 

個人的には、こういうことに反応するのも、

なんだか沖縄人らしいなぁ、と思ってしまいました。

 

Okinawa(606)

 

エスカレーターが止まっても、

帰りはエレベーターがありますので、

 

階段なんて歩かずに済みますよ!

どうぞ安心してください。

 

この記事いいね!
いいね!で応援する

「めざせ沖縄移住」を
SPONSORED LINK