SPONSORED LINK

沖縄のお盆は旧暦で行う家庭が多い!

 

沖縄のお盆の特徴と言えば、

旧暦の7月13日から15日までの期間です。

 

なので、毎年お盆と言うのは、

新暦に直すと日にちがズレますので、

 

今年のお盆はいつになるの?

なんて会話はしょっちゅう耳にします。

 

旧暦で行う理由としては、

お盆はご先祖を迎える日ですので、

 

新暦のことを知らないご先祖は、旧暦にしかこないので、

お盆は旧暦のまま行うというのが、一般的だと思います。

 

新暦の8月13日から15日にお盆としている家は、

ほとんど無いと言っても良いかもしれません。

 

ちなみに、

旧暦の7月13日を「ウンケー」と言い、

7月14日を「ナカヌヒー」と言い、

7月15日を「ウークイ」と言います。

 

沖縄ではお盆に遊びに行かない?

 

ご先祖を何よりも大事に沖縄ですので、

「お盆=遊びに行く」という感覚はあまりなく、

 

親戚一同が祖父母の家に集まって、

みんなで過ごすということが多いのです。

 

子供にとっては遊び感覚でしょうが、

大人にとっては色々と準備などもあって、

女性はある意味で、仕事感覚だと思います。(笑)

 

よくニュースで、

海外旅行に出かける人などが報道されますが、

 

沖縄人の感覚では、

お盆なのに仏壇に手を合わせないなんて、

 

しかも海外とかありえない!といった、

感覚を持っている人も多いと思います。

 

それに気をつけることと言えば、

海や川など、水辺では遊ばないということ。

 

もちろん、迷信だという人もいますが、

ヒロヒロは、そういう文化だと思って、

行かないようにしています。

 

Okinawa(549)

 

お盆はお墓に行かない家庭も多い!

 

ちょっと意外かも知れませんが、

沖縄では、ご先祖が家に来てくれるから、

お墓には行かずに家で過ごす家庭も多いです。

 

お墓に行く家庭もありますが、

これは家庭によってかなりのバラつきがありますので、

 

お墓に行く家庭と、行かない家庭の基準というのは、

どこからどこまでなのか、あまりよく分かりません。

 

お盆にはエイサーが楽しみ!

 

Okinawa(622)

 

今ではエイサーのいろいろなイベントがありますが、

元々はお盆の時期に行うのことが始まりで、

 

沖縄全体の行事ではなく、どちらかと言えば、

本島の中部地区で、盛んに行われているのです。

 

ヒロヒロの地元も中部地区でしたので、

小さい頃は、お盆が本当に楽しみでした。

 

ですが、今では太鼓の騒音問題とか、

深夜までの活動などが問題になっており、

 

ちょっと残念ではありますが、

時代にあった活動を続けていかないと、

そのうち縮小してしまうだろうと懸念されています。

 

SPONSORED LINK

お盆の〆は“ウチカビ”を燃やすこと!

 

ウチカビとは、あの世のお金です。

 

Okinawa(619)

 

こんな感じで、スーパーに売っています。(笑)

 

お盆の最後の日の夜には、

ご先祖があの世に戻るので、

その前にお小遣いを渡すのです。

 

でも、この世の物を渡しても、

あの世まで持って行くことができず、

 

持って行くようにするためには、

燃やす必要があるとされていて、

 

お盆の最後の〆というのは、

ウチカビを仏壇の前(家の中)で燃やすのです。

 

見たら絶対にビックリしますよ!

 

Okinawa(618)

 

それに、このウチカビと言うのは、

本当によく燃えますので、

 

火の粉が舞って、畳を焦がしてしまうことは、

沖縄あるあるかも知れません。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK