SPONSORED LINK

飲酒運転に対する危機意識のない人!

 

沖縄県警が、2015年1月から6月までの間、

飲酒運転で摘発された人に、

 

任意で行っているアンケートの結果を、

発表したようです。

 

そのアンケートの中で、

最初から飲酒すると分かっていながら、

 

「飲んだ後に運転するつもりだった」と回答した人が、

全体の72.5%にも上ることが判明しました。

 

ここまでモラルの無い人が多いことに、

とても大きなショックを受けてしまいました。

 

ちなみに2015年の1月から6月までの間、

沖縄で飲酒運転で検挙された人は744人で、

アンケートに回答したのは、706人だったそうです。

 

その706人のうちの512人が、

「飲んだ後に運転するつもりだった」と答えていて、

 

残りの194人(27.5%)は、

「つい飲んでしまった」と答えたそうです。

 

このアンケート調査と言うのは、

2008年にも同じように行われていて、

 

そのときの結果では、

「飲んだ後に運転するつもりだった」と答えたのは、

全体の26.9%で、

 

「つい飲んでしまった」と答えた人は、

全体の73.1%だったそうです。

 

Okinawa(659)

 

SPONSORED LINK

モラルの無い沖縄人が増えてしまったのか?

 

2015年は、半年間で744人の検挙数ですので、

このまま推移していけば、一年間で、

 

1300件から1700件ぐらいの検挙数になると思います。

(この記事は2015年の8月に書いています)

 

2008年の飲酒運転の検挙数を調べると、

1年間に、2335件もあったようで、

2015年の推移よりも明らかに多い数です。

 

2008年は、さきほどのアンケートに、

何名が答えたのかは、調べられませんでしたので、

多少のズレはあると思いますが、

 

2008年に、「飲んだ後に運転するつもりだった」と、

回答したのが、26.9%だったとしたのなら、

約600人ぐらいの人になると思います。

 

となると、2015年は半年間ですでに512名が、

「飲んだ後に運転するつもりだった」と回答してますので、

 

このまま推移していくと、

2008年よりもさらに多くなると思います。

 

 

年々、沖縄の飲酒運転の検挙数は、

減っているのは嬉しいことですが、

 

「つい飲んでしまった」人たちや、

飲酒運転に対して危機意識を持った人は、

 

徐々に検挙される件数も減ってるのに、

 

「飲んだ後に運転するつもりだった」人たちや、

飲酒運手に対して危機意識も持っていない人が、

 

減るのではなく、逆に増えているなんて、

本当に残念でしかたありません。

 

Okinawa(658)

 

飲酒運転は絶対にダメです。

 

多くの沖縄人は、

飲酒運転に対する危機意識はあると思いますが、

 

ただ、一部の沖縄人の中には、

「自分は酒に強い」とか、

「どうせ捕まらない」などと、

モラルの低い考えの人がいて、

 

その人たちに、

どうやったら危機意識を持ってもらうかが、

今後の課題かもしれませんね。

 

2度、3度と飲酒運転で検挙されれば、

さらに罰則を強化することを、沖縄県だけでも、

取り入れても良いのではないかと思うぐらいです。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK