SPONSORED LINK

18歳でお酒とタバコが解禁か?

 

2015年6月に、選挙権が20歳から18歳に、

引き下げられる改正法が成立しました。

 

それに伴って、

お酒やタバコも18歳に引き下げる案が浮上

結局は、反対の声が多かった為に、

 

9月2日には先送りするという形で、

また議論をしていく方針となったのですが、

 

今後もこの問題は、ジワジワと18歳の解禁に向けて、

動いていく可能性が非常に高いと思いました。

 

んー、、、

なんとも考えさせられる問題ですね。

 

ヒロヒロは、タバコは吸いませんが、

お酒は飲みますので、

 

正直言いますと、タバコの規制はもっと厳しくして、

お酒は、年齢を引き下げても良いと思ってますが、

 

どちらも反対の声は多いので、

健康被害とか、あれやこれやで、

一部の人たちは、大騒ぎしてますね。

 

もしも解禁されたとしたら沖縄ではどうなる?

 

あくまでも、もしもの話ですが、

お酒とタバコが、20歳から18歳に引き下げられるとして、

 

沖縄だったら、どんなことが起こるのだろうか?と、

いろいろと考えて見ました。

 

18歳でお酒とタバコが解禁されるとしたら(その1)

 

沖縄人は顔が濃いから年齢確認が困難!

 

ただでさえ沖縄には、20歳みたいな高校生とか、

おっさん化している未成年が結構います。

 

女性でも彫りが深くて大人びていれば、

全然、気がつかないものです。

 

自慢じゃないですが、私は高校3年のころには、

居酒屋に行っても、特に疑われることもなく、

大人に混じって飲んでいました。

 

(未成年者の飲酒は法律で禁止されています)

 

たぶん、バレていたのかも知れませんが、

もしも、お酒やタバコが18歳に引き下げられれば、

 

顔の濃い沖縄人の16歳から18歳を、

見た目だけで、見分けることは困難だと思います。

 

Okinawa(663)

 

身分証明書の提示を、今よりも強化することで、

解決するのかもしれませんが、

 

コンビニやスーパーなんて、

効率的に考えると、すべて疑いのある人に、

提示を求める可能性は低いと思います。

 

18歳でお酒とタバコが解禁されるとしたら(その2)

 

沖縄では飲酒運転が増える可能性が高い!

 

不名誉なことに、

沖縄県の飲酒運転の検挙率は、

ここ何年も全国でワースト1です。

 

18歳で車の免許が取れることは、

特に問題視はされていませんが、

 

18歳でお酒とタバコが解禁されるとなると、

経済的にゆとりの無い人は多いはずで、

 

タクシー代や運転代行の料金をケチって、

飲酒運転をする人が増える可能性があります。

 

若い時と言うのは、

少なからず無茶な飲み方をする人もいて、

 

それが重大な飲酒事故に、

繋がる可能性だってあると思うのです。

 

18歳でお酒とタバコが解禁されるとしたら(その3)

 

企業にとっては嬉しいことも多いはず!

 

人口の減少が続く日本においては、

お酒とタバコが18歳に引き下げられれば、

 

今よりも買い手は広がりますので、

売り上げアップが見込めて、嬉しい企業もあるはずです。

 

他にも沖縄では、高卒で就職する人も多いので

歓迎会や親睦会などにおいて、

 

未成年者の飲酒に関する、

余計なリスクを負わなくても良いという、

メリットもあるはずです。

 

だからと言って、上司が部下に、

無理な飲酒を勧めないで欲しいのですが、

 

もしかするとパワハラとかで、

問題になることが、増えるかもしれませんね。

 

SPONSORED LINK

まとめ

 

私に人のことを、

とやかく言える筋合いは無いですが、

 

法律的には、20歳で成人としていても

実際には大人になりきれていない子供がいて、

 

それが選挙権や、お酒、タバコなど、

いろいろなことを18歳に引き下げると、

 

ますます子供じみたような社会問題が、

発生するかも知れませんね。

 

他にも少年法など、未成年だからと言って、

保護されるようなことも、やめて欲しいです。

 

何か年齢を引き下げるのであれば、

いろいろなことを同等に扱っていって欲しいです。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK