SPONSORED LINK

沖縄では欠かせない飲み会を断るには?

 

会社の飲み会には参加したくないという人が、

ここ数年でも、目立ってきたように感じます。

 

沖縄人=飲み会好き」だと思われてるのですが、

実際には、沖縄人にも飲み会が苦手な人もいます。

 

飲めなくても、その場に参加することが、

好きな人もいますが、

 

逆に、お酒は飲めるけど、

会社の飲み会にだけは、参加したくないとか、

逃げるに逃げれない場面もあるので、

 

今日はとくに、

会社での飲み会」を、

上手く断る方法を考えました。

 

飲み会に誘われるのが嫌なら、

“会社を辞める”とか、

元も子もない理論は無しとします。

 

沖縄の職場でありがちなのは、

飲みたがりの同僚や上司がいる可能性が高く、

 

最悪なのは、経営者が飲み会好きで

付き合わないと、態度が悪くなる場合ですかね。

 

同僚や上司ぐらいなら、多少は強気に断っても、

仕事さえきちん出来ていれば、

 

会社としては、

特に問題視はしないと思うのですが、

 

会社のトップが飲み会好きで、

それを断ると昇進に響く可能性は、

十分に考えられますので、

 

そういう場合は、忘年会や新年会など、

年に数回の重要な飲み会には、

できれば参加した方が良いと思います。

 

え?

忘年会や新年会に、

顔を出さない人なんているの?

 

そう思われる方もいるかもしれませんが、

私の経験上、東京では、

 

会社の忘年会や新年会であっても、

一切参加しない人はいますよ。

 

さすがに沖縄では無理かも知れませんので、

最初の1時間だけでも、顔を出すの方が良いとは思います。

 

Okinawa(676)

 

言ってはいけない飲み会の断り方!

 

行けたら行きます。」などの言い訳は、

1番最悪なことだと私は思うのですが、

 

案外、本人は悪気がないと思っているのか、

たまにこういう人っています。

 

あとは、その場しのぎの言い訳は、

後々になって嘘だとバレると、

なおさら痛い目にあう可能性も高いです。

 

さらに、本音では絶対に行きたくないと思っているのに、

あたかも、「凄く行きたい!!」みたな態度も、

 

何度も断れば断るほど、さらにさらに、

自分の印象を悪くしますので、

 

最初からできるだけ、シンプルな言い訳を用意して、

毎回それで断るようにした方が、

 

誘ってくる相手も、またそれか!となってきて、

そのうち向こうから、今回もダメかな?みたいに、

参加しない前提で、誘ってくることも多くなり、

 

そのうちに誘われなくなる可能性が高いので、

そうなってくれば、気も楽になるはずです。

 

シンプルな言い訳とは?

 

人によって条件が違うのですが、

まずは、

 

飲みに行くお金が無い」ことを、

やんわりとアピールすることが良いと思います。

 

もしも沖縄に1人で移住した人であれば、

 

親に無理を言って移住したので、

親、兄弟、親戚などに仕送りをしているとか、

 

奨学金や学生ローンの返済中、

などでも良いと思います。

 

今後の結婚資金のためとか、

一戸建てやマンションの頭金を貯めているなど、

貯金が趣味と言うことでも良いと思います。

 

他には、親と同居していたり、

結婚して家族がいるのなら、

もっと色々な言い訳ができます。

 

同居している親の生活費を負担しているとか、

もし通院などしていれば、医療費で出費が多いとか、

 

子供がいれば、子供の教育費や習い事の費用、

今後のために貯金をしていることや、

 

奥さんから、毎月のお小遣いを減らされているなど、

自分以外の理由もいろいろと考えられます。

 

Okinawa(677)

 

次に、

健康面」での言い訳なんですが、

これもありがちな言い訳で、

 

条件次第で使える人と、

使えない人がいますので、

 

健康面で言い訳をする人は、

次のことに気をつけてください。

 

普段から見た目が健康そのもであれば、

これは、なかなか無理がありますね。

 

他にも、飲めない体質など言うと、

今後一切どんな場面でも会社の人と、

飲むことはできませんし、

 

ソフトドリンクでも良いから、

参加してとか言われた日には、

 

お酒の匂いを嗅ぐのもダメだと、

さらに大きな言い訳をしないといけません。

 

もしも、会社の健康診断があると、

いずれはバレてしまう可能性もあります。

 

会社以外の人と、たまたま飲んでいるときに、

偶然にも会社の人と鉢合わせになる可能性も、

沖縄なら十分に考えられます。

 

逆の発想!ぶっ飛んだ言い訳!

 

ちょっとこれは、

難易度の高いテクニックなんですが、

 

私が昔いた職場で、高田純次ばりに、

変な言い訳で、飲み会に参加しない人がいました。

 

会社の誰かが飲み会に誘うと、

 

今夜は愛人とデートなの」とか、

今夜は奥さんと子作りの約束がある」とか、

 

明日、子供をディズーランドに連れて行く」とか、

(その人に奥さんはいても、子共はいません。笑)

 

こうした誰でも嘘だと分かることを、

あえてオーバーに言うことで、

 

誰が誘っても絶対に、

飲み会に参加する事は無かったですね。

 

それでも、みんなからは好かれていて、

とても好感の良い人でしたが、

 

もしかしたら、沖縄でも人によっては、

こうした言い訳が通じるかもしれません。

 

SPONSORED LINK

毎回しつこく誘ってくる人に最終手段!

 

社員全員が、超がつくほど飲み会好きで、

みんなからしつこく誘われるなら、

もう最悪としか、言いようがないのですが、

 

でも、だいたい会社の飲み会で、

幹事をする人は、決まっていることが多くて、

 

幹事以外で、しつこく誘ってくる人も、

決まった人が多いと思うのですが、

 

そういう人に対しての最終手段としては、

もしも私だったら、

 

できるだけ、

そういう人と二人きりになって、

 

真剣な顔で、飲み会には、

“お金が無くて行けない”ことを言います。

 

このときに、あの人が嫌いとか、

飲み会のコレが嫌などというよりも、

 

お金を言い訳にした方が、相手もそれ以上は、

強く前に出れない可能性が高いです。

 

そして最後にフォローとして、

毎回誘ってくれて申し訳ないのですが、

 

今後も飲み会には参加できないと、

付け加えれば、相手も分かってくれるはずです。

 

もしも、これだけ真剣に断っているのに、

それでもしつこく誘ってくるのであれば、

もうどうしようもないです。

 

私には、これ以上はお手上げです。(泣)

 

この記事いいね!
いいね!で応援する

「めざせ沖縄移住」を
SPONSORED LINK