SPONSORED LINK

自動車保険料は値上げが続いている!

 

那覇市にある「大同火災海上保険」が、

2015年10月から自動車保険料を、

 

平均で10%前後も、値上げをすることになっており、

新規でも更新であっても、値段が上がります。

 

具体的には、「大同火災海上保険」では、

自動車保険料の平均額は、

 

約3万5000円ぐらいだそうで、

単純に、3500円程度の値上げになると思います。

 

「大同火災海上保険」に関わらず、

2014年の7月から10月には、

 

損保ジャパン

日本興亜損害保険

あいおいニッセイ同和損害保険

この3社も、自動車保険の値上げを実施していて、

 

今後は他の会社でも、

値上げする可能性が高いです。

 

(実はもう値上げ済みなのかも)

 

消費税が上がったので、

それに伴っての値上げということもありますが、

 

昔と比べて沖縄県は、

車の保有台数が年々増えていて、

 

観光客が乗るレンタカーの増加や、

高齢者ドライバーの増加などで、

 

事故率が、ひと昔よりも高くなっているということも、

自動車保険料の値上げの要因となっているそうです。

 

参考記事↓

沖縄ではどういった車に注意すべきなのか?
事故ってからでは遅い!

沖縄での車の運転にご注意を!
全国でも特殊な環境なんだと思います!

 

沖縄は全国でもっとも自動車保険が安い!

 

自動車保険の料金と言うのは、

全国みな同じ料金ではありません。

 

(意外と知らない人もいる、、、)

 

いろいろなデータを元に、

地域によって値段が前後するんですよ!

 

たとえ同じ車で、同じドライバーであっても、

住んでいる地域が違うだけで、値段に差が出るのです。

 

同じ沖縄県であっても、本島に住んでいる人と、

離島に住んでいる人でも、値段が違うんですよ。

 

(離島の方が値段が安い)

 

任意の自動車保険でも、

強制の自賠責保険でも、

全国でもっとも安いのが沖縄県です。

 

2013年のデータですが、

もっとも自動車保険料の平均が高かったのは、

 

愛知県で、5万円ぐらいになるの対して、

沖縄県では、3万円ぐらいになるそうで、

 

その差は、単純に2万円も違っているのです。

 

Okinawa(764)

 

SPONSORED LINK

沖縄でも今後も値上げの可能性大!

 

年々、人口が減少している日本では、

若者の自動車所有率は、減少傾向です。

 

当然、自動車保険の加入者も減少。

 

自動車保険の加入者も、

高齢化になっているそうで、

 

たまにニュースで、高齢者ドライバーが、

アクセルとブレーキを間違えるなどして、

 

大きな事故を起こすケースもあって、

場合によって、60歳以上では、

自動車保険料が、高くなる傾向ですが、

 

今やインターネットの普及で、自動車保険料を、

他社と比較できることが、簡単になっていき、

 

その結果、

料金の値下げ合戦が広がっていったのですが、

 

逆に事故を起こしたときの対人、対物の、

損害賠償額は、値段が高騰しています。

 

そうなってくると、どうしても、

保険会社の収支バランスが崩れてくるそうで、

 

保険料は下がる一方で、

賠償額が上がっているの出れば当然ですよね。

 

それに、消費税が10%になってしまったら、

今後も値上げの可能性も高いので、

 

自動車保険料に関しては、

どういったプランに入るのかが、

重要になって来るでしょう。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK