SPONSORED LINK

 

沖縄はブラック企業だらけ?

 

沖縄に限らず、今やブラック企業の話というのは、

そこまで珍しいことでもなく、細かい話をすれば、

 

どこの企業でも、何かしら労働基準法に、

違反していると思えるぐらい、あたり前になっていて、

 

何か会社に不満があるなら、

辞めてどこか別の会社を探したほうが良いと、

言われたりもしますよね。

 

人によっては、ココまでは我慢して働くけど、

コレ以上は、我慢できないとか、

 

転職を決断する基準って、個人差もありますし、

どこからがブラック企業なのかも、ややあいまいです。

 

沖縄では、残業代や交通費が、

支給がされない企業というのは多くて、

 

沖縄に住んでいる、私の友人数名に聞けば、

必ず誰かしら該当する人がいるぐらいです。

 

公務員でもない限り、

きちんとした給与計算ではない企業が、

沖縄にはとても多いと感じます。

 

もちろん、きちんとしている会社もありますが、

きちんとしていない会社が多いはずです。

 

ブラック企業だと分かったらすぐに辞めれる?

 

もしもあなたが、転職した会社で働いてみたら、

実はブラック企業だったとしたら、すぐに辞めますか?

 

私だったら正直言って、条件次第だと思います。

 

ブラック企業と言っても、実際にはどこまでヒドイのか、

会社によって全然違いますので、

 

多少のことなら目をつぶって、

そのまま働く可能性が高いですね。

 

すぐに退社する人って、凄いと思ってしまいます。

 

私がその会社に留まる理由としては、

 

沖縄だと、たとえ転職できたとしても、

次の会社も似たような条件だったり、

 

表向きはよさそうな会社でも、

もしかしたら、今よりもさらにヒドイかも知れません。

 

それに心の中では、

きっと私の満足できる会社っていうのは、

“この世には存在しない。”

 

こんなことさえ考えてしまいますね。(笑)

 

なんだかんだで、転職することって、

とても面倒で大変ですから、

 

また最初から求人広告と、にらめっこして、

履歴書も最初から書き直して、面接の時間作って、

採用の電話を待って、、、

 

こんなことを考えると、

どうしてもすぐに動くことができない。

 

自分の生活が掛かっているので、

そんな甘いこと言ってられないのも分かります。

 

いつかはきっと良い会社にめぐり会って、

満足のいくことがでいるかもしれないと、

 

心の中では常に考えていますが、

なかなかそういった会社って、無いんですよね。

 

Okinawa(792)

 

SPONSORED LINK

転職を決意させる会社はこんな会社!

 

もしも沖縄で就職しても、

こんな会社だったら、絶対に転職したいと思うのは、

 

そもそも給料を払う気がない会社です。

 

会社が赤字とか、儲けが無いなどは置いといて、

会社には儲けがある前提の話ですが、

 

経営者の中には、出来る限り従業員には、

儲けを還元していこうとする人と、

 

全くそんなことを考えていない経営者がいます。

 

むしろ、どんなことがあっても、

従業員には、一切還元しない経営者なら、

ずぐにでも転職を決意します。

 

たとえば、残業代や交通費が、

全額ではないけれど、多少は出ているとか、

 

会社で飲み会をすると、

その費用を負担してくれるとか、

 

従業員に対して、ささいな事でも、

何かしら敬意がある感じたら、

そこまで過度に給料を要求はしません。

 

ですが、

残業代や交通費を一切払わないとか、

 

仕事で必ず使う備品や設備品など、

ちょっと高価な物であっても、

 

すべて従業員のサイフから、

出させようとする会社なら、

すぐに転職を決意すると思います。

 

 

昔、コピー機を従業員全員で、

割り勘で買わせる会社がありました。www

 

(もちろん速攻でやめましたよ。)

 

もちろん、経営者の言い分というのも、

あるにはあると思うのですが、

 

経費と称して、

従業員に請求してくる会社もあるので、

 

もしもそういった会社だと分かったら、

すぐに転職の準備をします。

 

 

最後にブラック企業に務める前に、何か対策はできないものかと調べていたら、沖縄県内の有名企業だけでなく、中小企業でも元社員の口コミなどを集めた会員サイトがありました。

(沖縄県は約6000件の投稿があります)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK