SPONSORED LINK

東京で家賃保証会社に入ることになった!

 

沖縄から上京してきて、はや15年以上になってから、

5回目の引越しをしたのですが、

 

初めて,

家賃保証会社と契約することになりました。

 

契約したのは、「日本賃貸保証株式会社」です。

 

私が書いた過去の記事で、

保証会社とは何か書いてます。

保証協会!保証会社!保証人!
もう沖縄の物件探しは本当に大変だよ!

沖縄で部屋借りるの大変だよ!
移住者が知っておくべき保証人制度

これを書いた当時と今は、少し状況が違いますが、

沖縄でも昔と今では、少し違っているかもしれません。

 

家賃保証会社」をかんたんに説明しますと、

 

家賃保証会社に加入すれば、

連帯保証人は不要になるということです。

 

もともとは、沖縄から全国に広まったとされ、

移住者の夜逃げや家賃の滞納など、

 

沖縄のいろいろな経済事情から、

連帯保証人だけでは、カバーできなくなって、

 

家賃保証会社が誕生したと言われています。

 

連帯保証人を探せる人と探せない人!

 

連帯保証人を頼む人がいない人にとっては、

 

家賃保証会社と言うのは、

非常にありがたいシステムだと思いますし、

 

人に連帯保証人をお願いすることに、

抵抗を感じる人もいると思います。

 

私は親に何度か頼んでいますが、

頼む際と言うのは、どこか躊躇してしまいますし、

 

昔、妻と結婚前に同棲するときには、

 

未婚者同士ということで、

それぞれ連帯保証人を付けて欲しいと言われ、

 

妻の家族に頼むことになったときは、

何だか申し訳ない気持ちになってしまいました。

 

それが今は、家賃保証会社に頼めるので、

この方が良いと思っています。

 

まあぁ、

連帯保証人が探せる人にとっては、

 

家賃保証会社に支払う初期費用とか、

年会費が掛かってしまうので、

余計な負担だと思います。

 

私の場合ですが、

敷金や礼金の他に、家賃保証会社に、

 

初期費用として、

半月分の家賃の額を支払いました。

 

それ以降は、1年ごとに年会費が、

1万円掛かることになるそうです。

 

もしも、連帯保証人がいる契約であれば、

こうした費用は支払わないのですけどね。

 

それに、なんとなくですが、

家賃保証会社というのは、

 

不動産屋や大家さんにとっては、

家賃の滞納などが発生した場合、

 

非常にありがたいシステムですので、

今後も重要が増え続けていくのかも知れませんね。

 

Okinawa(798)

 

SPONSORED LINK

家賃保証会社に入りたくない人は?

 

物件の大家さんや、不動産屋から、

家賃保証会社に入ることを言われたら、

 

物件の契約上、ほぼ強制的に入ることに、

なっているはずなんですが、

 

家賃保証会社に入りたくないのであれば、

不動産屋に相談してみることもアリだと思います。

 

ですが、嫌がることは目に見えていますので、

敷金をさらに上乗せするとか、

 

事前に2年分の家賃を一括で払うとか、

連帯保証人を複数人つけるとか、

 

通常の契約よりも、条件を上乗せしないと、

いけないことも考えられますので、

 

一応、こうしたことも、

こちら側から提案してみた方が良いと思います。

 

他にもおすすめの記事はこちら↓

 

【おすすめの人気記事】

【仕事】あなたも沖縄での年収の限界を調べた方がいいよ!私の結果は573万円!

【仕事】20代・30代におすすめの転職エージェント8社!嫌な会社は卒業すべき!

【節約】スマホの通信制限から1日114円で開放された【BroadWiMAX】の申し込み方

【節約】まだゲオに並んでるの? 私は1日たったの11円で見放題&延滞金ナシ!

【書籍】お金儲けしたい!と正直な人が読むべき1冊はコレさぁ~!(期間限定無料)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK