家賃の滞納と引き落とし日には要注意です!

 

東京に住んで初めて、

家賃保証会社に入ることになったのですが、

 

今までは、自分から翌月分の家賃を、

大家さんや不動産屋に持っていったり、

振り込んでいたりしていましたが、

 

私が加入した、

日本賃貸保証株式会社」では、

 

毎月27日と決まった日に、

家賃が引き落としになるので、

 

ついうっかり残高不足になっていると、

後日、コンビニの支払い用紙が送られてきて、

 

コンビニでの支払いになってしまいます。

 

しかも、家賃とは関係なく、

手数料が、600円も掛かってしまうのです。

(結構な痛手です)

 

他の家賃保証会社とは、

いろいろと違うこともあるかもしれませんが、

 

今までなら、自分のタイミングで、

家賃を支払っていたけれど、

 

引き落としとなると、

ついうっかり忘れていたなんて、

できないので、注意が必要ですね。

 

(もちろん滞納してはいけませんよ!)

 

 

たかが、600円の手数料と思う人は、

それで良いと思うのですが、

 

私は、家賃の他にもこういったことで、

余計なお金は払いたくはないので、

 

600円でも請求されることに、

正直言って納得はいきませんが、

 

家賃保証会社からすれば、

 

残高不足を防ぎたいから、

こういった手に打って出ているのでしょうね。

 

まあ、こちらも支払いさえ、

きちんとしていれば良いだけ話になるので、

 

つねに口座には、

お金が入っている状態にしておきます。

 

SPONSORED LINK

もしも残高不足で滞納してしまったら!

 

私の場合ですが、

残高不足ではなく、引き落とし口座の書類に、

 

記入ミスがあって、いきなり初月から、

引き落としができなかったので、

 

さっそく、

コンビニの支払い用紙が送られてきました。(笑)

Okinawa(796)

Okinawa(797)

 

厳密には、

滞納ではなく、書類の不備と言うことで、

 

手数料600円は掛かっていませんが、

それでも、なんだ腑に落ちない感じです。

 

(ちゃんと口座にはお金入ってたのに)

 

このコンビニの支払い用紙にも、

ちゃんと支払期限があるので要注意です。

 

もちろん私は、速攻で支払いましたよ。^^

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で「めざせ沖縄移住」をフォローしよう!

SPONSORED LINK