SPONSORED LINK

ご近所へのあいさつはタイミングが難しい!

 

沖縄に移住する人に限りませんが、

 

引越しをするときに、ご近所にあいさつをするのは、

ちょっとしたプレッシャーを感じることもあります。

 

・どんな人が住んでいるのか、、、

・もしも嫌な人だったらどうしよう、、、

・もしも変な人だったらどうしよう、、、

 

こんな感じで、

物件は決まったけど、多少の不安はあるはずです。

 

まあ最近では、

あいさつをしない人も多いので、

 

(東京ではごく当たり前かも)

 

特に必ずって訳ではないのかも知れませんが、

個人的には、アパートでも一軒家でも、

 

せめて隣りに住んでいる人には、

あいさつに行った方が良いと思います。

 

沖縄だから、何か特別なことをするとか、

特には無いので、気軽にピンポンして良いと思います。

 

私が何度か東京で、

引越しを経験してのことなんですが、

 

あいさつに行くタイミングって、

意外と大事だなぁと感じています。

 

参考記事はこちら↓

 

私が昔、失敗したなぁと思ったのは、

引越しがすべて終わってから、

 

隣りに住んでいる人に、

あいさつに行っていたのですが、

 

それだとタイミングとしては遅いです。

 

よくあったのが、

引越しをしている最中とかに、

 

たまたま、お隣さんと、

鉢合わせになることがあったりして、

 

引越しの最中で汗だくなのに、

手土産も用意していないまま、

 

「あ、初めまして、、、」

 

みたいな感じで、あいさつをすることになって、

 

それから、荷物を運び終わって、

また後日あいさつに行っても、

 

すでに顔を見ていますし、一応は、

引越しの最中に、あいさつはしていますので、

 

結局は、また同じことを伝えに行くようなもので、

相手にも二度手間をとらせることになります。

 

そうならないためには、

 

引越しが決まったら、すぐにでもあいさつに行って、

相手に知らせたほうが良いと思います。

 

もしも下の階に人が住んでいるなら、

 

引越しの最中に、

大きな音を立てる可能性が高いので、

 

引越し日を教えるのも良いと思います。

 

私なんて今では、

不動産屋と契約が済んだ時点で、

 

引越し日が決まっていなくても、

できるだけ早めにお隣さんへあいさつをします。

 

そうしないと、あいさつに行っても、

留守のときだってあるので、

 

結局は、引越し日の当日になっても、

1度も会わないまま、引越しをすることもあるからです。

 

お隣さんが、ずっと留守の場合には、

 

メモ紙に、ちょっとしたあいさつ文を書いて、

ポストに入れておくのもアリだと思います。

 

SPONSORED LINK

あいさつにはどんな手土産を持って行くのか?

 

手土産に悩む人もいると思うのですが、

 

これは事前に、不動産屋にどんな人が、

隣りに住んでいるのかを聞いてみて良いと思います。

 

最近では、個人情報がどうとか言いますが、

 

1人暮らしなのか、家族で住んでいるのか、

老夫婦なのかぐらいは、教えてもらえると思いますよ。

 

1番無難なのは、お菓子ですかね。

 

スーパーやコンビニでも、

ちょっとした菓子折りは売っていますので、

 

下手に考えすぎて悩むよりも、

食べてなくなる物の方が良いと思いますよ。

 

おすすめの記事はこちら↓

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK