SPONSORED LINK

伊是名島ってどこにあるの?

 

伊是名島(いぜなじま)は、

沖縄本島北部の今帰仁村(なきじんそん)の、

 

運天港(うんてんこう)からフェリーに乗って、

片道55分で行ける小さな離島です。

 

参考サイト↓

伊是名島のホームページ

伊是名島に渡るフェリー

 

この伊是名島で、2013年から始まったのが、

 

古民家を改装して、新たな住居を作り、

そこへ移住して来てくれる人を募集しているのです。

 

今や日本各地で過疎化が進み、

人口減少や空き家の問題解決に、

 

頭を抱える自治体はとても多いはずです。

 

沖縄県全体として見れば、

人口が増えている傾向にあるのですが、

 

小さな離島などは減少しているところも多く、

伊是名島も、そのうちの1つなのです。

 

その伊是名島は、

沖縄振興特別推進交付金(約3億5千万円)に基づき、

 

2021年までに、

毎年1棟の古民家を改装していく計画なのです。

 

すでに、2棟の古民家は完成して、

移住者の募集も終わっているのですが、

 

その募集のホームページの閲覧数は、

1週間で100万件を突破して、

10月末には120万件にまでいったそうです!

 

肝心の応募数は、約25件だったそうなんですが、

それにしても、移住に興味がある人ってやっぱり多いんですね。

 

古民家Aの写真はこちら

古民家Bの写真はこちら

 

SPONSORED LINK

また伊是名島で移住者の募集があります!

 

すでに完成している2棟は募集が終了していますが、

まだ今後も古民家の改装が行われる計画なので、

 

募集が終わってガッカリした方も、

まだ住める可能性がありますよ!

 

2013年から2021年までの9年間で、

毎年1棟の民家を改装して、移住者を募集する計画なので、

 

残り7棟ができるはずなんですよ!

(はっきりとは発表されていませんが)

 

ただし、募集には条件があります。

 

・5年以上、伊是名島に定住できること。

(ただ、古民家には最長でも10年しか住めないです)

 

・満40歳以下であることと、15歳以下の子供がいること。

 

・集落の一員として地域活動に積極的に参加すること。

 

・住宅の維持管理に関すること。

(白アリトラップ薬剤交換、毎月1回程度)

(敷地内・住宅周辺の環境整備として草刈や清掃をすること)

 

・入居後の住宅営繕(維持的な小修繕)を自己負担で行うこと。

 

・住宅の原状を変更するような大改修は行わないこと。

 

・地域の景観・観光資源として敷地内を開放し、

  来訪者がいつでも見学できるよう にしなければならない。

 

・連帯保証人を付けることができること。

 

・納税等に滞納がないこと。

 

・暴力団関係者ではないこと。

 

・その他、定住促進のために村長が、

  特に入居の必要があると認めた者。

 

このような条件に合わなくて、

諦める人も多かったようですが、

 

条件が合っていても、どうやら最終的には、

条件とは別に審査なども行って決めているそうです。

 

肝心の家賃なんですが、

敷金&礼金は一切無しで、月3万円です。

 

Okinawa(851)

 

ただ、個人的に気になるのは、

古民家には、最長でも10年しか住めないという事。

 

10年経ったら、

また別の移住者を募集したいのでしょうが、

 

最低でも5年は住む条件はあるのに、

最長で10年までしか住めないということは、

 

伊是名島のことが気に入って永住するとしたら、

 

古民家を出て、一軒家かアパートを探すか、

自分で家を建てるなどをしないといけませんので、

 

それで伊是名島の人口が増えていくのか、

疑問を持ってしまいますが、

 

あくまでも古民家は、伊是名島を知ってもらう、

きっかけ作りという位置づけなのかもしれませんね。

 

この記事いいね!
いいね!で応援する

「めざせ沖縄移住」を
SPONSORED LINK