最初に提示される金額はだいたい定価以上!

 

ネットで一括で見積もりを依頼すると、

だいたい大手の会社は、値段を提示せずに、

自宅に来てから見積もりを出そうとします。

 

それで実際に自宅まで来てもらって、

だいたい最初に提示してくる金額と言うのは、

 

定価よりも高い金額だと思っておいたほうが良いです。

 

引越し会社によっては最初から、

もの凄い安い値段を提示してくれる場合もありますが、

 

それでも、

その金額から多少の値引きはしてくれるので、

 

やはり最初の値段と言うのは、

やや高めに設定されていると思っていいと思います。

 

最初は10万円と言われたのに、

最終的には、3万円になった!とか、

 

最初は5万円と言われたのに、

最終的には、1万8000円になった!

なんていう話はざらに聞きます。

 

あくまでも条件によりますが、

ほとんど最初に提示する金額は、定価よりもやや高めか、

 

値下げする前提の金額ですので、

いきなり採算ギリギリの金額を、

提示してくる会社は無いはずです。

 

それから頑張って値下げしたとか言ってきて、

2回目に提示してくる金額が、ほぼ定価ぐらいの金額。

 

その次からは段階的に、

少しづつ値段を下げるといった流れがほとんどだと思います。

 

 

SPONSORED LINK

引越しの値下げ交渉は心理戦でもある!

 

大抵の人が値下げ交渉のときの心理状態としては、

2回か3回ぐらいは値下げするように言えますが、

 

それ以上、もっと!もっと!もっと!とは、

なかなか言いづらいという心理が働いてきます。

 

本来なら、3万円までは下げれるけど、

引越し会社の人は、いきなりそんな金額は言いません。

 

仮に、最初は10万と提示されたとして、

もしもそれが半額の5万円になると言われただけでも、

 

50%OFFになった!と単純に嬉しい反面、

どうしてそこまで値下げできるのか?

返って疑いの目を向けてしまう人もいると思います。

 

しかも、それが本当に最安値なのか?とか、

疑えばキリがないので、1社だけで判断するのではなく、

 

複数の引越し会社の見積もりを取って比べれば、

だいたいの相場が分かるはずなんです。

 

ただ、大型連休や3月などの繁忙期に、

あまりにも値下げの要求がしつこいと、

 

他にもお客さんはたくさんいますので、

そこまで無理な値下げをしない場合もあります。

 

特に大幅な値下げが可能な時期と言うのは、

 

平日と言うのが前提ですが、

1月、2月がもっとも安くなることが多いです。

 

それでは良い引越しを~。

 

他にもおすすめの記事はこちら↓

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で「めざせ沖縄移住」をフォローしよう!

SPONSORED LINK