SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

2014年度の貧困世帯の高校進学率が上昇!

 

今の沖縄は経済が活発化していて、

いろいろな経済数値が戦後もっとも良い結果が出ています。

 

それでも全ての沖縄人が恩恵を受けているのではなく、

経済的にゆとりがない世帯や生活保護など、

 

まだまだ暗い数字が出てくるのが現状です。

 

そんな経済的に厳しい世帯の子供たちを支援する活動が、

2014年度には成果を上げているようで、

 

那覇市では2010年から児童の自立支援のために、

児童の自立支援員を配置して、

 

生活保護世帯の家庭訪問などを行い、

学校や家庭での勉強の遅れがないかなど、

いろいろとアドバイスや支援をした結果、

 

2014年度は生活保護世帯の高校進学率が、

95.1%にまで上昇したりしているそうです。

 

他にも、

子供たちの学習を支援している「エンガレッジ」では、

無料の学習塾などのサポートをしていて、

 

そこに通っている生徒さんたちは、

2014年度の高校進学率は、99%だったそうです。

 

Okinawa(004)

 

私だけではないと思いますけど、

こうした数字が出てくると本当にホッとします。

 

沖縄は昔から進学率や学力テストの結果など、

全国で最下位になる事も多いのですが、

ここ最近は非常に良い結果も出始めています。

 

関連記事↓

・「沖縄県最下位!2014年(平26)全国学力テスト!年収にも関係がある?

・「2015年(平27)学力テスト!沖縄の順位は小学生20位!中学生最下位!

 

こうした結果が将来にわたっていけば、

沖縄の低収入や低賃金などの解消に向かうといいのですが、

 

あるネットの掲示板では、

沖縄人は本当に貧困なんですか?

みたいなことを言う人もいて、

 

実際に数字的には、貧困世帯や生活保護など、

いろいろと暗い数字はでていても、

そこまで沖縄が貧困だと実感できない人もいるみたいです。

 

あたり前ですが、貧困といっても服装や髪型が、

ホームレスのような格好をしているワケではないので、

 

見た目だけでは、

なかなか貧困かどうかなんて分からないはずで、

 

経済的には厳しいけれど、

無理をしている人もいるかも知れません。

 

それに貧困層が多数を占めている訳ではないので、

住んでいる地域や関わっている人たちによっては、

 

全くと言っても良いほど、

貧困層とは関わらない人がいても不思議ではありません。

 

実際に私の親戚はみな貧困ではないのですが、

昔住んでいたご近所さんには、そういう家庭がありましたし、

 

通っていた学校には修学旅行にも行けず、

進学もできなくて就職をした子も知っています。

 

まぁその子が今は頑張って立派にやっているので、

あまり貧困っていう表現も良くはないのかも知れませんけど、

 

今後も沖縄のこうした数字を取り上げることで、

何か希望が持てる人が増えていけば良いなと思っております。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK