SPONSORED LINK

沖縄の観光客数が2015年は過去最高記録!

 

沖縄の観光が今まさに絶好調で、2015年は上半期だけ比べても、

観光客数の過去最高記録を更新していたし、

毎月発表される観光客数も、ほとんど記録を塗り替えていました。

 

2015年の流行語にも選ばれた「爆買い」の通り、

沖縄にも海外からたくさんの観光客がおとずれていて、

外国人観光客の数も過去最高記録だったそうです。

 

その要因の1つに、2015年は豪華客船のクルーズツアーが、

沖縄にもひんぱんに停泊していて、聞くところによると、

すでに那覇港だけではかかえきれずに、中城港や久米島など、

 

沖縄に停泊するツアーは人気になってきたみたいで、

すでに2016年は、2015年の1.5倍以上のクルーズ船が、

沖縄に停泊することが見込まれているのだそうですよ!

 

私も2015年は2回、沖縄に帰省したのですが、

あきらかに数年前よりも外国人の観光客が増えた印象です。

 

1番ビックリしたのは、いつも利用している「OTSレンタカー」が、

韓国語や中国語の文字がやたらと増えていて、

 

お客さんも私と妻いがいは、みんな外国人という光景でしたし、

私たちを借りる車まで案内したスタッフも外国人でした。

 

それだけではなく、国際通りのドンキ・ホーテや、

北谷町の「アメリカンビレッジ」でも、いたるところに外国人の観光客がいました。

 

今や東京でも、元気に買い物をしているのは外国人の観光客で、

新宿でも渋谷でも本当に“爆買い”しています。

 

Okinawa(009)

 

外国人の観光客に抵抗がある人っていませんか?

 

なんとなくですけど、日本人の中には、

外国人の観光客が増えることは良い事ではあるけれど、

 

なんかイマイチ、外国人の声のデカさとか、

マナーの悪さとかに対して抵抗感を持つ人もいるはずです。

 

日本の経済にとっては有りがたいことではあっても、

みんなが外国人観光客の恩恵を受けているわけではないし、

 

今までの生活風景が、外国人の観光客によって、

一変する事態にもなっていても、全然おかしくはないのです。

 

そして、そこを少し掘り下げていくと、

 

実は沖縄でも似たようなことが昔からあって、

沖縄で観光客が増加していると聞くと、必ずと言ってもいいほど、

 

観光客に対して非難をする沖縄の人がいるのです。

 

それは別に、外国人の観光客が増えたからではなく、

日本人の観光客に対しても、昔からそういう沖縄の人はいるのです。

 

あくまでも少数の意見としてですが、

 

沖縄の人の中には、観光客が増えると海が汚れ、

自然豊かな土地だったのに、ホテルやゴルフ場が建設され、

 

観光客の為にいろいろな建物ができてくると、

沖縄が壊れていくと思っている人もいるのです。

 

(沖縄の人も利用する施設は多いですけどね)

 

もちろん、観光客には沖縄を汚そうとか、

壊してやろうなんて気持ちは無いですし、

 

むしろ沖縄の海や自然を楽しみにしてて、

観光でおとずれている人ばかりだと私は思っています。

 

まぁ余計なお世話かも知れませんが、

 

観光客の中には、ちょっとチャラい感じの人もいるし、

愛人なのか知らんけど、不倫旅行っぽい男女がいたりして、

 

沖縄を純粋に楽しむのとは、かけ離れた感じの人もいます。

 

でもねぇ、見た目だけでは分からないですし、

そういう観光客だけを見てしまうのも、正直どうか思いますよ。

 

観光客を嫌う沖縄の人の心理はこんな感じです!

 

私は昔、サーフィンをしていた時期があったのですが、

週に1回、夜な夜な車でサーフィン仲間と出かけ、

 

千葉県の九十九里から館山まで行ったり、

茨城県の鹿島から大洗などには、日帰りで何度も行きました。

 

遠くだと福島や静岡にも泊まりで行ったこともあるんですけど、

地域によってなんですが、ローカルのルールと言いますか、

 

私たちの車のナンバーを見て、地元の人ではないと分かると、

海に入る準備をしているときに話しかけてきて、

 

右側のポイントでサーフィンをして下さい!とか、

あっちから先は地元の人が多いから来ないでくれ!とか、

 

波の特性とか、危険な潮の流れを教えてくれるのではなく、

ただ単に良いポイントから遠ざけようとする人がいるんですよ。

 

もちろん、毎回そんなことは言われないんですけど、

たまにそういうことを言ってくる人に遭遇していましたが、

 

そこでケンカするのは嫌なんで、言われた通りに従うんですけど、

“海は誰の物でもないのに何で?”って、いつも思っていました。

 

現在はサーフィンはしていませんが、

もしもやっていたら、

「おい見てみろ!トドがサーフボードに乗ってるぞ!」

って言われますね。(笑)

 

Okinawa(008)

 

まぁまぁ私の話はコレぐらいにして、

 

たぶん沖縄の人の中にも、さっきの話と似た心理があって、

地元の海に、よそ者が来ることを嫌がる人もいるんです。

 

でも、誰の海でもないのに、

それって我がままなんじゃないかって思います。

 

 

沖縄の人は海ではしゃぐ観光客を白い目で見てしまう!

 

なんとなく沖縄の人だったら、

誰しも1度ぐらいは、海ではしゃぐ観光客を、

白い目で見た経験があるんじゃないかと思います。

 

たとえば、

沖縄の人って海での遊び方が変わっていて、

 

基本的に成人を迎えると、そこまで無理に海には入らないし、

入ったとしてもTシャツの着用は当たり前で、

水着を持っていなくて、Tシャツと短パンで入る人も結構います。

 

しかも11月とか12月になって、気温が25℃ぐらいでも、

海には入らないし、海の近くでバーベキューとかもしなくなります。

 

それなのに観光客は、ビキニで日焼け止めを塗りたくってて、

日差しがどんなに強くても、ずっと海で遊んでいる人が多いし、

 

真っ赤になった肌の観光客を見ると、

日焼けで夜は寝れないんじゃないかと心配になるし、

 

11月や12月なのに、海に入っている観光客を見ると、

無理して海に入ると風邪を引くんじゃないかと心配なのです。

 

こんな感じで、

沖縄の人と観光客では海での遊び方が違うので、

 

やっぱり沖縄の海をよく分かっているのは自分達だ!

とついつい思っちゃうんですよね。

 

SPONSORED LINK

最後に!

 

いろいろな話になりましたが、

たくさんの観光客が沖縄をおとずれることは本当に良いことです。

 

2015年は過去最高の観光客数だったとしても、

その中には、人生で初めて沖縄をおとずれた人も大勢います。

 

もしかしたら、人によってはその旅行が、

最初で最後の沖縄旅行になるかも知れません。

 

沖縄の人にとっては、単に大勢の中の観光客であっても、

その人にとっては特別な沖縄旅行です。

 

海にも入りたいし、美味しい物も食べたいし、

世界遺産や水族館に行って思い出を作って、

 

またいつもの日常に戻っても、頑張ろうって思うんですよね。

 

そんな感動を与えられる沖縄ってすばらしい!って私は思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK