SPONSORED LINK

沖縄の求人を見ていると英語ができる人を求める会社も多く、

 

特に沖縄では昔から、

公務員の次に米軍基地での仕事を希望する人は多いです。

 

公務員が人気なのは理解できても、米軍基地の仕事が、

人気なのには、少々違和感を感じる人もいると思いますが、

 

沖縄の民間企業では、週休1日で、土曜出勤あり、

ボーナス無し、昇給ほぼ無し、サービス残業あたり前という、

 

典型的なブラック企業も多いので、公務員並みに給料も良く、

待遇も良い基地での仕事はとても魅力的なのです。

(もちろん基地の仕事内容にもよりますが)

 

その影響もあってか、学生の中には英語の勉強に励む人も多く、

沖縄の求人で英語はとても有利とされている場合が多いのですが、

 

英語力は個人差が非常に激しいこともあるので、

1、2年の留学ぐらいだと、似たような経験者は多いですし、

 

英語ができて有利とされる基準としては、

TOEIC800点以上、海外生活暦3年以上

ぐらいはないと難しいと思った方が良いでしょう。

 

その他には、高い英語力が求められる職業や会社での、

勤務経験が少しでもあれば有利かも知れません。

 

その一方で、英語ができる人が集まりやすい求人もあるので、

必ずしも英語ができるからと言って、有利とはいえないこともあります。

 

沖縄の求人によっては英語が軽視されている件!

 

沖縄では、英語ができる人を求める求人はとても多いのですが、

実際には、英語ができる人への配慮に欠けるといいますか、

 

英語ができる人とできない人が、同じ時給や月給の求人もあって、

「本気で英語ができる人を求めてるの?」と疑いたくなります。

 

もしかしたら、ちゃんと面接時に詳しい説明があって、

英語ができる人の給料は、少し高いのかも知れませんけど、

 

求人情報誌や求人サイトに載せている段階で明記できないのって、

個人的には、英語ができる人を軽視してる気がします。

 

沖縄で英語ができても給料の安い求人とは?

 

1、レストランのウエイターやウエイトレス

2、受付や案内係り、ドアマンなど

3、お土産屋、レンタカー、観光系

4、スーパーのレジ、コンビニスタッフ

5、ファストフード、居酒屋、定食屋

 

英語ができるできないに関係なく、これらの仕事は、

元々の時給や月給が安い場合が多いので、

 

そこに英語ができるとプラスしても、

たいして給料が高くなることがない場合が多いです。

 

実際に求人を見ていると、だいたいこれらの仕事は、

英語ができてもできなくても、時給は1000円以下が普通です。

 

(平均すると時給750円から850円ぐらいでした)

 

英語ができる人でも、

時給がプラス50円から100円ぐらいです。

 

それだったら、英語ができなくても、

高時給の仕事を探した方が良いと思います。

 

たぶん何ですが、これらの職種は、

ちょっと英語ができる程度の人からの応募が多くて、

 

それでその職場でも間に合っている可能性が高く、

後は、決まったマニュアルの英語で簡単に対応できるから、

 

そこまで時給を上げるほどの仕事内容ではないと、

その会社が判断している可能性が高い気がします。

 

Okinawa(102)

 

SPONSORED LINK

沖縄で英語ができると給料の高い求人とは?

 

1、通訳、翻訳

2、秘書、貿易関係

3、医者、看護師

4、英語教師、日本語教師

 

通訳や翻訳の仕事は言うまでもなく高時給、高月給で、

高度な専門知識をもつ医者や看護師も同じです。

 

それに加えて、貿易関係の秘書や事務員なども、

高時給や高月給になっている求人が目立ちます。

 

英語教師や日本語教師も、そこそこ給料は高く、

会社によって多少の差はありますが、

 

沖縄の求人では、高時給といっても相場は、

1200円以上で、高時給と考えておいた方がいいでしょう。

 

東京で高時給と言うと、2000円以上でも、

決して珍しくは無いのですが、沖縄ではまず無いです。

 

それと、沖縄の高月給とは言っても、

月25万円から30万円ぐらいで高月給に分類されるし、

 

英語で有利とされる高月給の求人を見ても、

月35万円を超える求人は、かなり少ないと思った方が良いです。

 

あくまでも初任給がこれぐらいと言うことですので、

勤続年数や過去の職歴、その人の能力に応じて、

 

もっと高額なる可能性は十分に考えられるので、

これが全てではないと思っていてください。

 

まとめ

 

沖縄の求人では英語ができると有利なのは有利です。

 

ただ、自分の英語力が果たして他の人と比べて、

普通なのか高度なのかを冷静に比べてみないと、

 

どこでも有利とは言えない現状も分かって欲しいと思います。

 

私自身、英語はとても苦手で、全然喋れませんが、

実の父は40歳にして沖縄の民間企業から思い切って、

 

基地の中での仕事を見つけ、最初は片言の英語しかできなくて、

いろいろと苦労したみたいなんですが、

 

父が生まれた初めて英検の試験を受けたのは、なんと5級!

中学生でも普通に持っている5級からスタートして、

 

それから3年後には、英検準2級を取得するまでになり、

今では何不自由なく英語でコミュニケーションが取れるまでになっています。

 

私の父のように、最初は英検5級からスタートした人でも、

決して仕事選びを妥協せずに、高い目標をもって英語をいかせば、

 

後から英語力はついてくると思っていますので、

今の自分の英語力に自信がない人であっても、

 

諦めずに良い会社を目指してみて欲しいと思っています。

 

 

この記事いいね!
いいね!で応援する

「めざせ沖縄移住」を
SPONSORED LINK