SPONSORED LINK

沖縄人をツイッターでバカにした発言で一致団結!

 

何気なくツイッターを見ていたある日、

ひとつの文章に目を奪われた!

 

ココで詳しい文章は控えますが、

沖縄のことをバカにした内容で、

 

その様なことがいくつか、つぶやかれていたのです。

 

最初見たときは頭にきましたが、

そこはネットの世界、冷静さを失っては、

とんでもないことになるのは分かっています。

 

ちょっと深呼吸をし、

何かの悪ふざけではないかと思って、

ほかのつぶやきも調べました。

 

まあ結果から言いますと、子供の落書きでした。(笑)

(実際には大学生だったのかな!?)

 

でも、それを見た沖縄人からは、

攻撃が鳴り止みません。

 

方言を丸出しで、文句言ってるのが、

とてもカワイイと思いました!←おい

 

ちょっと親バカみたいな考えですが、

沖縄のことを悪く言う沖縄人はいませんし、

 

本当に心から、

自分たちの島に誇りを持っています。

(自信過剰にもほどがあるな)

 

だから、

こういったことに対しては、とても敏感になります。

 

ある種の団結力は、

そうとう凄いものを持っていると思いますが、

 

こういった間違ったことに向いてしまうと、

もう手がつけられません。

 

でも、そんな中、

冷静になるように呼びかける人もいて、

それを見てホッとした気持ちになりました。

 

file8281340944895

 

沖縄人は沖縄のことであれば何でも好きなんです

 

どんなに些細なことでも、沖縄人は「沖縄」と付くだけで、

とても関心を持ちます。

 

たとえ自分には、

赤の他人だろうが全く関係のないことでも、

 

沖縄というキーワードだけで、

その関心度は120%にもなるのです。

 

もしも誰かが、

・沖縄よりもハワイの海が綺麗だった!

・沖縄に行くよりも海外旅行の方が安い!

 

・沖縄の暖かい海の魚より寒い地方の魚が旨い!

・沖縄の泡盛は度数が高くて飲めない!

 

(沖縄人なら一度は言われるセリフ)

 

file9391266749790

 

これらは、

別にその人が思った感想であって、

 

沖縄のことをバカにしている訳ではないのですが、

きっと沖縄人はムキになって、弁解をするはずです。

 

それぐらい沖縄が好きなんです。

 

東京で出会った地方からの想いを実感した体験

 

ヒロヒロが上京してすぐのころ、

通っていた専門学校では、

 

沖縄人ということで、

色々な人から珍しがられ、

 

すぐに、地方から来た人とも、

仲良く慣れたのですが、

 

田舎に対するそれぞれの想いに、

もの凄い温度差があったのです。

 

みんな上京する際は、

期待と寂しさの中で上京をしてきたと、

思っていたのですが、

 

実際には、東京に対する夢や期待が大きく、

やっと上京できたことで、寂しいという気持ちは、

とても小さいものに感じました。

 

(沖縄みたいに距離は離れていないから?)

 

しかも!人によっては、もう田舎を捨てたかの様な、

発言をする人もいて、聞いたときはショックを受けました。

 

file4631346275257

 

みんながみんな、郷土愛がある訳ではないと。

 

上京する覚悟が違うから色々なことに差が出る

 

沖縄人が地元を離れると、

かなりの確率で沖縄に引き返します。

(理由はそれぞれですけど)

 

人によっては、

どこか沖縄人の心の甘えみたいなモノがあって、

 

辛いときや嫌なことが続くと、

ついつい沖縄のことを考えてしまい、

 

沖縄なら気心しれた仲間がいて、

なんでも許してくれると思ってしまうのです。

 

でも実際には、

沖縄でも辛いときも嫌なときもありますけどね。

 

だからなのかは不明ですが、専門学校の成績でも、

覚悟が決まっている生徒と、そうでない生徒では、

 

もの凄く差が出てしまうのです。

(ただアホだったかも)

 

ヒロヒロも、東京でずっと暮らす!ということを、

覚悟して行動したことで、それまで見えてこなかったことが、

はっきりと見えるようになりました。

 

(それでもいずれは帰るよーん)

 

1387072625mitzv

 

一番変わったことは、時間に関して厳しくなったこと。

 

自分の時間も大切だけど、

待ち合わせに数分遅れるだけでも、

相手の時間を奪っていると思うようになったり、

 

時間というものが本当に貴重なもので、

大切なことだと思ったのです。

 

それでも沖縄が好きなことには変わりない

 

上京して時間にきびしくなった沖縄人!

 

そんな人を沖縄では、あいつはついに、

東京に染まってしまったさぁ~!

 

などとイヤミを言われるようになります。(笑)

 

最初は笑ってられますが、

次第に苦痛になっていきます。

 

言った本人は冗談かも知れませんが、

 

沖縄が好きな気持ちは、

これぽっちも変わっていないのに、

まるで別人扱い。

 

東京で頑張っていくのには、

それなりに今までの自分を変えないと、

いけないことも出てくるものです。

 

(東京に限らず沖縄を離れたら)

 

東京にいたら、沖縄人は時間にルーズと言われ、

沖縄に帰れば、東京人ぶって時間に正確すぎる!

もうどっちが良いのか!!

 

そう迷った時期もありましたが、すぐに解決しました。

どっちも使い分ければ良い!

 

東京にいるときは、時間に正確になって、

沖縄に帰れば時間にルーズ。

 

しゃべり方もイントネーションも、

それぞれに合わせれば、全ては解決です。(笑)

 

SPONSORED LINK

移住してくる人の気持ちが分からない沖縄人

 

ここまでは、

いかに沖縄人はナルシスト自分たちの島が、

 

好きかということをアピールしてきましたが、逆に、

沖縄に移住してくる人の気持ちが、分からない沖縄人もいます。

 

移住者にも地元があるわけで、きっと長年にわたって、

慣れ親しんだ土地のはずなのに、それを置いてまで、

沖縄に移住してくることは理解に苦しむのです。

 

決して、移住してくる人の地元を、

バカにしている訳ではなく、

 

沖縄に移住して大丈夫なのか?

と心配なのです。

 

余計なお世話かもしれませんが、

沖縄人の感覚では、

 

歳を取れば取るほど、地元に引き返すのが、

普通だという感覚があるからです。

 

もしも、沖縄に移住して沖縄人から熱心に、

あなたの地元のことを聞かれて、帰ったりしないの?

 

なんて聞かれても、

それは「帰れ!」って意味ではなく、

心配していると思ってくださいね。

 

この記事いいね!
いいね!で応援する

「めざせ沖縄移住」を
SPONSORED LINK