SPONSORED LINK

 

2016年は台風が多く発生するのか?

 

2016年6月までに発生した台風は未だにゼロ!

近年まれにみるほど、台風の発生が無いんです。

 

これがどれぐらいレアなケースかと言いますと、

気象庁のホームページにある最も古い台風のデータが、

 

1951年となっており、それから2016年6月までの65年間で、

台風が7月まで発生しなかったのは、1973年と1998年と2016年だけです。

 

そう!この3年だけしか例がないほどレアなケースなんです!

 

ちなみに、7月になっても台風が発生しなかった年は、

過去65年間で1度もなかったので、

 

絶対ないとは言い切れませんが、2016年の7月には、

台風が発生するのは、ほぼ間違いないです。

 

だから、2016年は台風が多く発生するのでは?とか、

いろいろな所で今後も噂されそうな気配を感じています。

 

SPONSORED LINK

1973年と1998年の台風を調べた結果!

 

1973年と1998年の台風のデータを詳しく調べると、

6月までに台風がゼロだったからと言っても、

 

台風が多く発生している訳ではないという事が分かりました。

 

・1973年の1年間に発生した台風の数は「21

・1998年の1年間に発生した台風の数は「16

 

この数字だけは分かりにくいので、

2000年から2015年の間に発生した台風の年間平均が「23.8」です。

 

ということは、ここ最近のデータでは、

1年間で平均「23.8」の台風が発生しているので、

 

6月までに台風が発生しなかった1973年と1998年は、

そこまで多くの台風が発生するとは断言しにくいと思います。

 

Okinawa(179)

 

台風は発生よりも接近や上陸が怖い!

 

2016年6月までに台風が発生していないとはいえ、

7月以降は、ほぼ確実に台風は発生します。

 

でも、台風が発生したからと言っても、

はるか彼方の海で発生しただけで消える場合もあります。

 

いくら台風が発生しても陸地に接近したり上陸しない限り、

ほとんど普段の生活には支障が少ないと思うので、

 

さらに台風の発生だけでなく、

沖縄に接近した数と上陸した数も調べてみました!

 

1973年には、年間で「21」の台風が発生してましたが、

そのうち沖縄に接近して上陸したのは、たった3つだけでした。

 

1998年には、年間で「16」の台風が発生しましたが、

そのうち沖縄に接近して上陸したのが6つだったのですが、

1つは接近しただけで、上陸はしていませんでした。

 

台風の特徴としては、7月から9月に最も多く発生し、

接近や上陸が多いのも7月から9月ですので、

夏の沖縄旅行は台風と重なるかどうか賭けでもあります。

 

この記事いいね!
いいね!で応援する

「めざせ沖縄移住」を
SPONSORED LINK