沖縄での飲み会はハンドルキーパーに限る!

 

わたしは沖縄で飲み会に参加するときは、決まってハンドルキーパーに徹します。

 

ヒロヒロヒロヒロ

もうかれこれ10年以上はハンドルキーパーですね。

 

沖縄には、モノレールはあっても電車はなく、飲み会をするときは、どうやって行って帰りはどうやって帰ろうかと悩みます。

 

単純に往復でタクシーを使ってしまうと、1回の飲み会で7000円とか、下手すりゃ1万円ぐらいかかってしまいます。

 

行きは自分で車を運転して、帰りは運転代行を利用して帰宅するというのが、いまや沖縄では定番の方法なのですが、それでもわたしからすれば、飲み会の料金とは別で、数千円プラスするのが嫌なんですよね。

 

だからハンドルキーパーという浅はかな発想ですが、お酒が飲めない訳ではないし、お酒が嫌いでもないのですが、交通費が高くつくぐらいなら、お酒を飲まないことにしたんです。

 

あくまでも飲む場所に左右されますが、東京のように電車でどこでも行ける訳ではないので、沖縄では飲み会の料金がそこまで高くなくても、そこに行くまでの交通費が電車代よりもはるかに高いのです。

 

ハンドルキーパーになって友人を送ることもありますが、毎回ではないですし、家が遠い人だとお小遣いをくれることもありますよ。

 

別に飲み会でお酒を飲まなくても良い!

 

飲み会の料金以外に、タクシーや代行でお金を使っていると、あっという間にサイフから諭吉さんがいなくなっていて、気がつくと今月も生活費ギリギリなんてことは、今まで何度も経験していて、これではダメだと飲み会に参加しないことも多々ありました。

 

そうはいっても付き合いもあるし、飲み会を全て断る訳にもいけない事情もある訳でして、そこが割り切れる人だったら良いのですが、わたしはやっぱり参加したいと思う人なんです。

 

そこでいっそのこと、飲み会には参加しても、お酒を一切のまずにいれば、自分で車を運転して帰れるし、その分の帰りの交通費もかからないので、飲み会に参加できる回数が増やせると思い、あるときから沖縄で飲み会をするときは、お酒を飲むことをやめました。

 

すると、最初のころはお酒が飲みたくてしょうがなかったのですが、今や全くといっても良いほど飲みたいとは思わなくなりました。

 

ヒロヒロヒロヒロ

酔わないと飲み会は楽しくないという人もいますけど、そんなことはないですよ!

 

むしろシラフでいた方がちゃんと話も覚えてて、シラフにはシラフなりに楽しいので、誰でも1度ぐらいはハンドルキーパーをやってみることをおすすめします。

 

夫婦円満は皆ハンドルキーパー!?

 

わたしがハンドルキーパーに徹していると、「飲め!飲め!」と友人からお酒を強要されることも昔はあったのですが、今はまったくそんなことをする人がいなくなりました。

 

むしろ、わたしの考えに賛同する人が増えていって、今では飲み会に10人ぐらい集まると半数ぐらいはハンドルキーパーなんです。

 

いろいろと人によって、結婚式とか忘年会とか、なにかいつもの飲み会とはちがう特別な日にだけ、お酒を飲むという習慣をしている人もいます。

 

ハンドルキーパーを続けている夫婦は、だいたい円満なんですよね、(絶対ではないけど。笑)と言うのも飲み会が多い沖縄では、毎回しっかり飲んで帰っていると、やっぱり交通費だってかかるし、二日酔いで次の日ダウンする日だってあるのです。

 

となってくると家計の負担だけでなく、家庭の家事や育児がすべて奥さんの方にいってしまうので、飲み会のせいで口論になってしまう夫婦が多いんです。

 

たまに飲み会が大好きで、毎回ベロベロになる奥さんもいるので、夫婦そろってお互い迷惑かけてWinWinなんてこともありますが。(笑)

 

そういう例外を除いては、だいたいは旦那さんが奥さんに迷惑をかけていることが多いので、夫婦円満のためにも、飲み会ではハンドルキーパーをやってみることをおすすめいたします。

 

ヒロヒロヒロヒロ

ではでは。