SPONSORED LINK

 

ヒロヒロヒロヒロ

今どき家事をしない夫はただのATMですよ。

どうも!管理人のヒロヒロです。

 

「家事=めんどくさい」そりゃ誰だってそう思いますし、できることならやりたくはないです。

 

今の時代、共働きの夫婦がどんどん増えているのに、未だに家事は妻の仕事なんて思っていたら、あっさり捨てられてしまいますよ。

 

家事をするのが面倒だったら、自分で大金を稼いで家政婦さんを雇うしかないと思いますが、今日はそんな話ではなく、共働きの夫婦の家事について、夫目線で心掛けることを書いていきます。

 

共働きで家事を分担するには?

 

共働きにもいろいろな夫婦のパターンがありますが、妻がバリバリのキャリアウーマンで、家にいる時間が短いという訳ではない限り、

 

家事というのは基本的に、妻が主導権をにぎっていると、夫は心得ておいたほうがいいでしょう。

 

ちなみに、わたしはO型で妻はA型、妻は整理整頓が細かくて、きっちりやっておかないとイライラするタイプだけど、そこまでこだわっていないことは、ほんとどうでもいいという一面もある。

 

ヒロヒロヒロヒロ

そもそも血液型で、どうこう言うこと事態が夫婦ケンカの原因になるけど。笑

 

あまり家事が得意ではない夫は、とにかく妻が日ごろから、どうやって家事をやっているのか観察することが大事です。

 

たとえ夫の1人暮らしが長かったとしても、夫の自己流でやってしまうと、何かとトラブルの原因になってしまうので、まずは妻のやり方でやってみる方がいいでしょう。

 

逆に妻がそこまで家事が得意ではないのなら、夫のやり方を妻がまねしてみるのもいいでしょう。

 

どんな風に家事を観察するのか?

 

例えばなんですが、食器を洗うときは水に浸けてから洗うのか?それともキッチンペーパーで油分をふき取ってから洗うのか?食器を洗っているときの水圧はどれぐらいか?まな板を洗って干すときはどこ向きなのか?など。

 

他にも、お箸やスプーンなどを置く場所、食器棚の食器の配置まで、できる限り妻がいつも置いている場所に戻すことがベストです。

 

また、洗濯物はどうやって仕分けして洗っているのか?どうやって服をたたんで衣類ケースに戻すのか?など、キリがないほどたくさんあるのです。

 

そんなことまで、いちいち気にしているの?って思うかもしれませんが、それはあくまでも最初だけで、観察していると、特にこだわってはいない事もあえば、きっちりやっていることがだんだん分かってきます。

 

夫に家事の経験があれば、そこまで観察する必要はないとはいえ、妻には何か1つや2つ、イヤ!それ以上に、こだわっている家事の方法があるはずなので、まずは妻のやり方をやってみることが大事だと思います。

 

ヒロヒロヒロヒロ

我が家はなんでも妻のやり方を優先します。

 

相手の家事を否定してはいけない!

 

お互いの家事をいろいろと観察していたり、夫が家事をしたあとや、妻が家事をしたあとは、必ずといってもいいほど、相手のやり方に不満がでます。

 

ヒロヒロヒロヒロ

そのうち不満はなくなるけどね

 

いくら妻のやり方を優先した方がいいとはいっても、夫にもコレはこうして欲しいと思うことだってあるのですが、それをストレートにぶつけてしまうのはよくありません。

 

あくまでも家事をやってくれたことは事実なので、まずは相手に感謝をすることが大事で、それからやんわりとコレはこうして欲しいと言うのです。

 

だけど、それでもお互いが譲らないこともありますので、それだったら自分の分は自分でやることです。

 

絶対に言ってはいけないことは、「せっかくやってあげたのに…」につづく言葉はNGです。

 

SPONSORED LINK

ルールはきっちりせず柔軟にしておくべし!

 

共働きの夫婦の場合は、生活のパターンがある程度は決まってくるので、それに合わせて家事を分担していくことになるのですが、

 

あまりルールをきっちりしていると、先に家に帰ってきているのに、コレは夫がやる家事とか、妻がやる家事だからと決めつけるのは良くないです。

 

どんな家事にしろ、家族がともに過ごす家ですので、本来は住んでいる人みんなで、どんな家事でも全員がやるべきことです。

 

それを効率よくするために分担しているだけであって、この家事は誰がやるとか決めつけないことがいいのです。

 

どちらかが風邪をひくことだってあるでしょうし、帰宅する時間が極端に遅くなる日だってあるのに、それを相手がやる家事だから、「早くやってよね!」なんて言ってしまってはダメです。

 

他にも、奥さんが風邪で寝込んでいるのに、旦那さんが「ねぇ?夕飯まだ?」って聞いた人がいると、ネットの掲示板で読んだことがあるのですが、こんな夫はマジでありえないです。

 

共働きの家事のまとめ(世の奥様へ)

 

共働きが昔にくらべて増えていて、もはや家事は女性の仕事なんて口が裂けても言えないですし、そう思うこと事態がナンセンスです。

 

夫目線から家事のことを書いたので、もしかしたらカチンと来た人もいるかも知れませんね。

 

どうやら男というのは、家に帰ってきた途端に、“仕事モード”から“自宅モード”に切り替わってしまい、家では、なーんにもしなくなってしまうスイッチが入るのです。

 

もちろん共働きで、妻も同じ状況なのは分かってはいるのですが、あとでやろうと思っていた家事だったのに、さきに妻がやっていたときには、申し訳ないと思っていますよ。

 

また、男というのは1つのことにしか集中できないことも多く、家事をやっている最中に、別のことを指示されると混乱してしまいますので、指示をするときは、1つが終わってからでお願いします。

 

付け加えて、男はどちらかと言えば、褒められるほうが好きですので、面倒だとは思いますが、夫をヤル気にさせるためにも、どうかやさしい一言をいってもらえると励みになります。(笑)

 

ヒロヒロヒロヒロ

ではでは。

 

【おすすめの人気記事】

【仕事】あなたも沖縄での年収の限界を調べた方がいいよ!私の結果は573万円!

【仕事】20代・30代におすすめの転職エージェント8社!嫌な会社は卒業すべき!

【節約】スマホの通信制限から1日114円で開放された【BroadWiMAX】の申し込み方

【節約】まだゲオに並んでるの? 私は1日たったの11円で見放題&延滞金ナシ!

【書籍】お金儲けしたい!と正直な人が読むべき1冊はコレさぁ~!(期間限定無料)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK