SPONSORED LINK

沖縄のイルミネーションの盛り上がりが年々増している!

 

もはやクリスマスは、

本の大きなイベントのひとつでしょう。

 

沖縄でもそれは同じで、

近年ではイルミネーションのイベントなども、

本当に盛んになってきました!

 

この寒い時期に、外でイルミネーションを見ることに、

全力を注ぐ人には、ものすごいパワーを感じますね。

 

沖縄の寒いイメージは、あまりないかも知れませんが、

12月末になれば、そこそこ寒いです。特に風の強い日は。

 

寒いのが、大の苦手な沖縄人でも、

イルミネーションを見るために、あちらこちらに出かけたり、

家でも飾り付けをして楽しむ人も多いです。

 

沖縄にはアメリカ人が多いのでイルミネーションも派手?

 

昔の沖縄って、(1990年代ごろ)イルミネーションに、

こだわっている光景って、そこまでなかった気がします。

 

家の中でクリスマスツリーを飾って、

楽しむ程度が普通だったと思います。

 

見た目が地味な家でも

家の外に飾り付けをするようになったのは、

 

ずっと昔からではなく、

どちらかといえば、基地の中の人達が、

 

家の外に飾り付けをしていたのを見て、

マネしていったのだと思います。

 

それが徐々に広まっていき、今では多くの公園やホテルなどが、

イベントとして盛り上げていってるのだと思います。

 

↓あくまでもイメージです。(笑)

image1 (013)

 

SPONSORED LINK

沖縄っぽいイルミネーションとはどんな光景なのか

 

今でも思い出に残っている光景が2つあります。

 

1つ目は沖縄本島の、とある地域に、

外人住宅地が密集している場所があって、

 

(外人住宅とは、
基地の外に住むアメリカ人向けに作られた家のこと)

 

そこの家ごとに、

立派なイルミネーションの飾り付けがしてあったので、

 

それをひと目見ようと、

多くの沖縄人が集まっていました!

 

当時としては、一般の家庭で、

立派にイルミネーションを飾っている家は少なく、

 

しかも、

地域でイルミネーションを行っていたので、

ひと際目立っていましたね。

 

しまいには、

移動販売の車まで来て商売を始めてしまうほど、

クリスマスの時期は異様な混み具合でした!

 

年々その話題は広がっていき、

しまいには交通渋滞や、近隣住民からの苦情で、

 

イルミネーションを自粛するまでになったのを、

今でも覚えていますね!

 

たしか、2年ぐらいは完全に自粛してから、

少し再開はしていたと思いますが、

 

全盛期に比べれば、

規模は小さめになっていったと思います。

 

やはりあの時は凄かったなぁ!

 

image1 (012)

(あれから今はどうなったのか、、、)

 

2つは、基地の中に実際に入って、

イルミネーションを見て回ったことです。

 

父の知り合いに、

基地の中に住んでいる人と繋がりがあって、

 

そこで仲良くなった家族と一緒に、基地の中の住宅地を、

車でイルミネーションを探しながら見て回ったのです。

 

基地の中というのは、

軍事区域と居住区域に分かれていて、

居住区域であれば、

比較的かんたんに入れてもらえるのです。

 

(もちろん!パスを持っている人がいればの話です)

 

基地の中の居住区域はこんな感じです。↓

image1 (011)

 

1件ごとに家が離れているので、

庭を盛大に使ったイルミネーションなど、

 

沖縄の住宅事情では、

到底できないスケールの大きな、

イルミネーションが特徴でしたね!

 

ただでさえ、

基地の中に入れるというだけで、なぜかウキウキでしたし、

今では本当に貴重な体験だったと思っています。

 

PS

ここまで日本全体で、盛り上がりを見せるイルミネーションですが、

野外に出て行動すると、どうしても風邪を引きやすいので、

体調を崩さないように楽しんでくださいね!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK