SPONSORED LINK

 

沖縄の年越し蕎麦は沖縄そば!

 

沖縄の年越し蕎麦は沖縄そば!

これはもうだいぶ前から有名な話で、

 

今さら、ここに書いてもみんな知ってるしなぁ~。

そう思っていましたが、なんと近頃は!

 

沖縄でちょっとした蕎麦ブームが来るかも知れません。

 

まあ、ブームというか蕎麦が少し注目さえています。

 

image1 (046)

 

なんでも、2008年ごろから、

沖縄本島の大宜味村(おおぎみそん)で、

 

試験的に蕎麦の栽培をスタートさせ、

今では本格的に栽培をしているそうです。

 

そういえば沖縄では、

蕎麦農家って聞いたことがなかったですね。

 

そもそも蕎麦が育つのか?

ふと疑問に思いましたが、

 

沖縄の環境でもしっかりと育ち、

収穫もばっちり出来るそうです。へぇ~

 

しかも、大宜味村の蕎麦の売りは、

「日本一早い和そば!」

なんとも沖縄らしいキャッチフレーズですね!

 

温暖な気候の沖縄なら、

畑で取れるものは何でも収穫時期は早いので、

日本一早いアピールができますね。

 

大宜味村の蕎麦って11月に種を植えて、

1月には収穫出来るそうです。

 

たったの2ヶ月で収穫できちゃうんですよ。はやっ!

 

その時期であれば台風も少ないし、

天候のリスクもかなり低いかと思います。

 

(蕎麦のことなんにも知らなかった。汗)

 

大宜味村で収穫された和そばが食べられる店は3店舗

 

沖縄にも昔から、

蕎麦屋の専門店はありますが、

 

大宜味村で収穫された、

蕎麦粉を使用している店は3店舗のみです。

(2014年12月現在)

 

・ねろめ食堂

・美ぅびゅう

・江洲の花

すべて大宜味村にありますので詳しくは→食べログへ

 

もしも、

お取り寄せができるのであれば、食べて見たいのですが、

どうやら直接、大宜味村まで行くしかないようです。

 

もともと、沖縄にも蕎麦屋はありますが、

数は少なく、沖縄そば屋が圧倒的に多いので、

うしても蕎麦の扱いが小さいのです。

 

一部の沖縄人の中には、

年越し蕎麦を沖縄そばではなく、

蕎麦にしている家もあるにはあるのですが、

 

それがさらに、大宜味村の蕎麦をきっかけにして、

年越し蕎麦を食べるこの時期には、

蕎麦が盛り上がりを見せてくる可能性が出てきました。

 

SPONSORED LINK

沖縄人は沖縄そばが好きだから蕎麦には無関心?

 

沖縄人の「そば」という表現方法が、

ややこしいという問題点があります。

 

たとえば沖縄人が、そばと言いながら話をしているときは、

ほぼ100%沖縄そばのこと言っています。

 

沖縄では「そば=沖縄そば」となるので、

蕎麦のことを言いたいときは、

 

「ざる蕎麦」とか「日本蕎麦」と言わないと通じません。

 

特に、移住者は要注意で、

蕎麦の話をしていると勘違いをしてしまって、

 

ついうっかり、かきあげ蕎麦が好きです!

 

なんて答えた日には、

沖縄人はみんなポカ~ン?ってなりますよ!(笑)

 

気がついたときには、沖縄人から、

あ~!アンタが言ってるのは、
あっちの蕎麦のことでしょ?
」←どこぉ?

 

沖縄でそばって言ったら、そばさぁ~」←意味不明!?

 

こんなヘンテコリンな会話が実際におこります。

 

沖縄でそばって言ったら、沖縄そばさぁ~

 

本当はこう言いたかったはずなのに、

そばっていう言葉があまりにも定着しすぎてて、

 

「沖縄そば」と言ったつもりでも、

「そば」と言ってしまうので、

 

移住したら、

「そば=沖縄そば」という設定で馴染みましょう。(笑)

 

個人的には、

東京に来てから蕎麦が好きになりました。

 

ほとんど電車の乗り換えついでに食べる、

立ち食い蕎麦ですけど、

 

あの気軽さが、

今では変なクセになっています。

 

沖縄そばも気軽に食べる店と、

こだわっている店の二極化ですので、

 

もしかしたら今後は、

沖縄にも蕎麦屋が、もっと増えるかもしれませんね。

 

image1 (048)

 

この記事いいね!
いいね!で応援する

「めざせ沖縄移住」を
SPONSORED LINK