ヒロヒロヒロヒロ

どうも! 元プログラマーのヒロヒロです。

今日は、これからプログラマーを目指そうかどうか迷っている人へ向けて、2年でプログラマー辞めた私が伝えたいことです。

プログラマーに向いている人・向いていない人には、3パターンの志望動機があって、その特徴を説明した後に、

 

それでもプログラマーを目指したい人は、まずはコレをした方がいいよ! っていうアドバイスまでしますので、是非とも最後まで読んで見てください。

 

ぶっちゃけ早く知りたいって人は、下記の目次を開いて、「プログラマーになるには何をすれば良いのか?」をクリックして先に読んでもいいですよ。

 

プログラマーに向いている人・向いていない人の志望動機

プログラマーに向いている人・向いていない人というのは、そもそも志望動機からすでにズレてしまっている人が多いです。

 

私なんて、もう辞めた身ですので好き勝手に言いますけど、正直いってプログラマーは頭がいい人じゃないと続かないと思っているんですが、

 

でも実際には、頭がいい人であっても、人とコミュニケーションがとれないとか、言われたことはできるけど発想力がない人も続かないです。

 

中には頭があまりよくなくても、人から聞き出すのがうまい人や、自力で調べる能力が高くて、難所を乗りこえていける要領のいい人もいます。

 

だから、プログラマーに向いている人・向いていない人って、実際に働いてみないと分からないと思っていたんですけど、

 

ここ最近やたらと「めざせフリーランス エンジニア!!(←コレ)」こういったプログラマー止まりではなく、もっと上をめざそうぜ! みたいな人の口コミを読んでいると、

 

大きく分けて、3パターンの志望動機がはっきりと見えてきたんで、プログラマーをめざそうか迷っているあなたもどれかにあてはまると思います。

 

①プログラマーを生活する手段としか思っていない

プログラマーに向いている人・向いていない人、どちらにも言えることなんですが、職業へのこだわりとかない志望動機の人がいます。

 

心の中では、『仕事しないと食っていけないし、生活費を稼げる仕事ってなんだろう。』などと考えていて、

 

さらに『接客とか営業とか無理だし、立ち仕事よりも座っている仕事の方が楽だな、それにエアコン効いてる室内の仕事が良いなぁ。』etc……

 

といった感じで、プログラマーに向いている・向いていないと言うよりも、自分がやりたくない仕事を削っていった結果、プログラマーになることを決意する人がいます。

 

②プログラマーからフリーランスを目指そうと思っている

プログラマーに向いている人・向いていない人でも、最初から向上心をどれぐらい持っているかどうかです。

 

最初からできる人はいないので、高い目標を持っていたことによって、徐々に仕事ができるようになっていき、一人前のプログラマーになれる人がいます。

 

実は、プログラマーに向いている人・向いていない人って、そこまで大きな差はなくて、勉強に集中できる環境が整っていたり、良い会社や良い先輩にめぐりあえることも関係します。

 

最近では、フリーランスエンジニアの人がブログを書いていたりして、そういった成功者を目標にする人は向いています。

 

③プログラマーになって世の中が良くなることを目指している

プログラマーに向いているか、向いていないかの判断をとおり越して、絶対にプログラマーになって、世の中の役に立ちたいという志望動機の人もいます。

 

昔プログラマーだった私には、こうした志望動機は一切なかったし、目の前の仕事をこなすことでいっぱいいっぱいでしたね。

 

よくテレビのドキュメンタリー番組などで、医者になろうと思ったきっかけが、幼い頃に家族を失ったからという話って見たことないでしょうか?

 

プログラマーも同じで、自分が向いているか、向いていないとか考えるんじゃんくて、プログラマーになりたい! いや、絶対になってやる! っていう意気込みがある人は向いています。

 

最初からそういう気持ちでプログラマーになった人は、目の前にどんな壁ができても乗りこえるんですよ。

 

ヒロヒロヒロヒロ

恥かしい話、私がプログラマーになろうと思ったのは①の理由でした。

これからプログラマーを目指すなら②や③の気持ちがあるのかどうか自問自答してみてください。

 

プログラマーになるには何をすれば良いのか?

プログラマーになるためには、いろいろな方法があるのですが、その前に重要なことが2つありますので、あなたがどれにあてはまるかで選択肢が変わります。

 

①プログラミングの経験がある人

②プログラミングの経験がない人

 

当然、プログラミングを知っている方が有利なんですけど、誰でも最初から知っていたわけではないので、経験がない人でも安心してください。

 

①プログラミングの経験がある人のおすすめ

少しでもプログラミングの実績があれば、プログラマーになるのは簡単で、IT専門の転職エージェントに登録したら、早ければ1ヶ月以内に転職することができます。

 

学生のときにプログラミングを勉強した経験があったり、派遣とかバイト程度の実績ぐらいだったら、

1.「レバテック キャリア」↓

まず「レバテック キャリア」は、IT業界において非常に有力な企業との関わりが強いので、まずプログラム経験があるのであれば、思い切って相談する価値は十分にあります。

 

私の知り合いのプログラム系の仕事に就いている人たちの中でも、かなり知っている人が多いので、その存在は大きいです。(1都3県だけかも知れないけど。汗)

 

2.「パーソルテクノロジースタッフ 」↓

次に「パーソルテクノロジースタッフ 」がおすすめなのは、いくらプログラミングの経験者であっても、そこまで実績が無くてちょっと引けをとってしまう人に向いています。

 

というのも派遣でしたら、すぐに合わない現場だったら辞めやすいのに加えて、他のいわゆる一般的な事務の派遣と、エンジニア専門の派遣会社では待遇に差がありますので、

 

同じIT関連の派遣で働くのなら、断然こっちの「パーソルテクノロジースタッフ 」がおすすめです。

 

3.「レバテック フリーランス」↓

もしも数年のキャリアがあれば「レバテック フリーランス」が非常におすすめです。

 

フリーランスって聞くと、「難しすぎる」か「不安しかない」っていう2パターンに意見が分かれるんですけど、ちゃんと支援してくれる企業があるので今の時代そこまで不安がることはないと思います。

 

転職できた人の中には、月収160万円にまでなった人までいますので、フリーランス専門の「レバテック フリーランス」の営業力を利用しない手はないです。

 

4.「ギークスジョブ」↓

ギークスジョブ」も同じくフリーランスに関しては負けてなくて、契約者の82%以上が年収700万円以上を達成している実績があるんで、

 

どこかフリーランス向けの企業に相談に行ってみて、なんか自分には合わないと感じても、諦めずに「ギークスジョブ」にも相談してみるのもおすすめです。

 

レバテック フリーランス」と「ギークスジョブ」どちらも高給めざすには十分かと思います。

 

②プログラミングの経験がない人のおすすめ

インターノウス株式会社が運営している「プログラマカレッジ」というのは、なんと無料でプログラミングが学べて、なおかつ就職支援までしてくれるのです。

 

ヒロヒロヒロヒロ

こんなサービスがあるなんて信じられません。 私がプログラマーだった時代とは、月とスッポン以上の差です。

どうして、そこまでの支援ができるのかと言いますと、今やどこの企業も人材不足で優秀な人を育てていこうとする姿勢が高まっていて、

 

企業から協賛金をあらかじめ集めることによって、無料でのスクール運営がなりたっているんですよ!

 

私がプログラマーになったときは、2000年ごろだったので当時は「リクナビNEXT」から「プログラマー 未経験」などと検索をして転職できました。

 

そうすれば未経験であっても、最初の2ヶ月か3ヶ月ぐらいは研修をしてくれて、その間も給料がでましたので、生活費カツカツでしたがなんとかプログラマーになれました。

 

ですが、私の転職方法にもデメリットがあってですね、まともな研修制度の会社じゃなかったら、いざ現場にいくと地獄をみます。

 

研修で教えてもらったことが、すべて頭に入っているわけではないし、現場では即戦力が要求されるので、締め切りに追われる日々になって、毎月100時間ぐらい残業しまくりでみんな辞めるんですよ。

 

だけど「プログラマカレッジ」では、抱えている求人数だけで3500件もありますから、あなたのレベルに合った求人が見つかる可能性が非常に高いです。

 

普通のIT企業の営業力とは、もう数からしてぜんぜん違いますし、有力な企業とのパイプがあるのも魅力です。

 

プログラマーに向いている人・向いていない人のまとめ

ヒロヒロヒロヒロ

私は自分の中では、プログラマーに向いていると思っていたけど、実は向いていないと感じて辞めました。

そもそも、自分には向いていないと最初で思った人は、絶対プログラマーになったりしないんですけどね。笑

 

ちょっと抽象的な例え話になってしまうのですが、プログラマーに向いている人と向いていない人のイメージは、

 

図書館やブックオフなどに行って、たくさんの本に囲まれてるだけでワクワクする人とか、説明書やマニュアル本を読んでからゲームを開始する人ですかね。

 

(ちなみに私は、ホームセンターに行くとワクワクしますが、本屋に行ってもワクワクしません。笑)

 

私は、一人前のプログラマーになれると自信もあったんですけど、実際に仕事をしてみたらツライ毎日でした。

 

それでも後悔はしていないです。 プログラミングやっていたから、こうしてブログを1から自分で作って運営していくのも朝めし前だし、

 

パソコンのどんな問題でも、自分で調べて自己解決できるようになったのは、プログラマーだったからと思っています。

 

それにしても今と昔では、だいぶIT業界も変わったなと感じています。

 

というのも、昔は立派なプログラミングスクールや、無料講座でスキルを教えてくれて、転職サポートまできっちりしてくれる会社はなかったです。

 

私の時代は、人材は捨てるほどいたので「辞めるならどうぞ!」 ってな感じの会社が非常に多かった気がします。

 

今やプログラマーというのはある意味で、向いている人と向いていない人で分けると言うよりも、「自分のヤル気次第」だし、

 

逆に選択肢が多すぎて、自分が恵まれることに、気がついていない人もいるんじゃないと思うぐらいです。

 

私は勤めていた会社に、そこまで大事にされた記憶がないんですよね。

 

なのでこれから本気でプログラマー目指す人はがんばって欲しいです。

 

 

【おすすめの人気記事】

【仕事】あなたも沖縄での年収の限界を調べた方がいいよ!私の結果は573万円!

【仕事】20代・30代におすすめの転職エージェント8社!嫌な会社は卒業すべき!

【節約】スマホの通信制限から1日114円で開放された【BroadWiMAX】の申し込み方

【節約】まだゲオに並んでるの? 私は1日たったの11円で見放題&延滞金ナシ!

【書籍】お金儲けしたい!と正直な人が読むべき1冊はコレさぁ~!(期間限定無料)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう