SPONSORED LINK

 

沖縄では生活費1万円で休日をどう過ごすかが大事

 

沖縄に移住すると、

生活費を切り詰めたりして、

 

いろいろと節約を心がけながら、

生活をしていくと思うのですが、

 

そもそも沖縄人と移住者では、

生まれ育った環境のほかに、

金銭感覚にも多少のズレがあるのです。

 

いきなり質問ですが、

もしも休日に1万円あったら何に使いますか?

 

買い物したり、ご飯食べたり、映画を見たり、

日用品の買い物など、いろいろなことが出来ると思います。

 

でもこれが沖縄だったら、休日だからといって、

1日で1万円を使い切ることはぜず、

 

できるだけ節約を、

心がけるようにしていった方が良いでしょう。

 

(ちょっと意地悪な質問でしたね、、、)

image1 (054)

 

ヒロヒロが東京に住んでいるからって言うのもありますが、

周りの友人や知人の話では、

 

休日は何だかんだで1万円ぐらいを使うのは、

そんなに珍しいことではないのですが、

 

沖縄で休日に、生活費を含めても、

1万円を使うというのはかなりの贅沢になるのです。

(単身者の場合)

 

たとえば、

毎週土日が休日だとすると、その二日間あわせても、

1万円以下で過ごすことを心掛けておかないと、

あっという間に生活費がなくなります。

 

たとえ三連休でも、

1万円以下で過ごさないといけないかもしれません。

 

なぜそこまで言い切るのかといいますと、

沖縄は収入が全国でもっとも低いからです。

 

ネットで沖縄の求人を調べれば、

すぐに分かると思うのですが、

 

20~30代で毎月の手取りが、

15万円以下ということも多く、

 

40~50代でも毎月の手取りが、

25万円以下ということも多いです。

 

下手すれば、

40~50代で20万円以下ということも十分ありえます。

(これマジですよ!!)

 

こんな金額でどうやって生活していけば良いのか?

 

まったくもって想像が出来ない人もいるでしょう。

 

やはりそこは、

自分自身の金銭感覚を、変えていく必要があります。

 

さきほどの1万円のことでも、

比較的、若い人であれば、

それなりに対応できるかもしれませんが、

 

ある程度の年齢と家族構成によっては、

とてもじゃないですが、

金銭感覚のズレが大きくなってくると思うのです。

 

image1 (055)

 

SPONSORED LINK

生活費の内訳で負担の大きいご祝儀が沖縄では!?

 

もうひとつ金銭感覚のたとえですが、

沖縄では結婚式のご祝儀の相場は1万円です。

 

たぶん、全国では、

3万円という相場がごく普通だと思うので、

 

1万円なんて安いねぇー!

なんて思われるかも知れませんが、

 

沖縄人からすれば、たとえご祝儀でも、

1万円の負担というのは決して安くは感じないですし、

 

1万円の価値というのは、

3万円相当もする金銭感覚かもしれません。

 

これは沖縄の収入から見ても、

決してオーバーなことではないのです。

 

まあ、ここまでちょっと強い口調で書いてしまいましたが、

移住して贅沢はするな!とは思っていないので、

 

稼いだお金をどう使おうと本人の自由です。

 

ですが、沖縄人が低収入で生活していることに、

疑問を感じている人も多いと思います。

 

毎月15万円の収入で、

いったい生活費はどうなっているのか?

 

それを突き詰めていくと、

この1万円という金銭感覚のズレが出てきます。

 

このズレに気がついている人であれば、

そこまで問題ではありませんが、

 

そうでない人は、

結果的にお金に困る移住生活になると思います。

 

もしも移住して、

毎月お金が不足していると思ったのなら、

 

1万円の金銭感覚を変えることを意識して、

生活費を見直してみてください!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK