SPONSORED LINK

沖縄ではめったにハブは見ません!

 

先日、東京で友人と飲んでいたら、沖縄人の男子はカブトムシを捕まるみたいに、ハブを捕獲しに行くと思っている人がいてビックリしました。(笑)

 

どうも沖縄人のヒロヒロです。(@okinawa101602

 

わたしが沖縄で、生きたハブを見たのは1度だけです。

 

死ガイは何度か見たことはあっても、生きたままのハブを目にすることはめったにありません。

 

今や沖縄に住んでいるほとんどの人が、ハブを見るのは動物園ぐらいでしょう。

 

沖縄に住んでいてもハブというのは珍しい爬虫類です。

 

しかも、島によっても生息する島と生息しない島があって、ハブが生息していない代表的な島は宮古島や与那国島です。

 

ですが、2013年に宮古島でハブが1匹だけ捕獲されています。

 

それも、たまたま港のすぐ近くの公園だったため、船がたまたま持ち込んでしまったから。という説が有力で、その後は発見されていないそうです。

 

もしも苦手な方は、ハブが生息しない島を選択して、移住を決めて見てはどうかな?と思います。

(ハブを基準する人は、そういないと思いますけどね)

 

ハブの生息する島の分布↓

参考:沖縄県衛生環境研究所

 

沖縄に生息するハブの種類

 

ハブと言っても、その種類は4種類。

ハブ、ヒメハブ、サキシマハブ、タイワンハブ、「ハブの画像」←苦手な人はクリックしないで!

 

沖縄本島には、この全てのハブが生息しています。(なんてことだ!)

 

他にも後、数種類のヘビが生息しているそうです。

 

そうは言われてもハブに遭遇するほどでもないし、ハブかどうかよりもヘビを見つけたら、安易に近づかなければいいので、参考までに見ておけばいいと思います。

 

沖縄にそう言えばマングースっていたよね!?

 

ひと昔前にあった「ハブ対マングース」ですが、動物愛護団体からの指摘で今は行われていません。

 

また、ハブを退治するとされているマングースですが、ハブはほとんど退治せずに、今や沖縄に生息している貴重な鳥や昆虫などを食べてしまい、生態系を脅かす存在になっています。

 

沖縄人でハブに噛まれる人はいるの?

 

沖縄県の調査によると、年間でハブにかまれる被害者数は100人前後。

 

噛まれた人のほとんどが、ハブ取り名人 農作業をしていた人たちです。

 

沖縄県の人口が140万人ぐらいなので、農作業をしている人でも、噛まれる確率はそうとう低いことが分かります。

 

だから、一般人が街中で生活していれば、被害にあうことはまずはないと言いたいところですが、実は自宅の中にハブが侵入して噛まれたケースはあります。

 

家の周りが畑だらけであれば家の戸締りは、きちんとしておかないといけませんね。

 

もしもハブに噛まれたら知っておくべき事

 

もしもハブに噛まれたら、すぐに119番に電話です。

 

ここで慌てて走ったりバタバタ騒ぐと、ハブの毒が早く回るそうなので落ち着いて行動しましょう。

(実際には動揺すると思いますけど)

 

今ではどこの病院にも血清があるので、助かる可能性が高く、ここ2014年から過去20年間でハブにかまれて亡くなった人は1人だけです。

 

SPONSORED LINK

何はともあれハブには用心が大事

 

沖縄では、もしも生きたハブを目撃した場合は、各市町村の役所に連絡をするか深夜なら110番に電話をして、警察に処理してもらいます。

 

沖縄のパトカーには、ハブ専用の捕獲器を常備しているそうです。

 

ここまで書くと少しはハブのイメージも変わったかも知れませんが、むやみやたらに草むらに入ったりしないなど、用心するにこしたことはありません。

 

 

この記事いいね!
いいね!で応援する

「めざせ沖縄移住」を
SPONSORED LINK