ヒロヒロヒロヒロ

どうも! 管理人のヒロヒロです。

今回は上京で仕事を探している人のためのおすすめ方法です。

あなたは仕事と住む場所を探して上京したいとは思っていても、本当に自分にはできるのだろうか? などと不安ではないですか?

 

私も’99年に高校を卒業してから上京しましたが、当時はガラケーにやっとカメラ機能が付いた時代で、当然スマホも無く手探りで上京したものです。(笑)

 

今や仕事を探すのは格段に楽になりましたけど、逆に情報が多すぎてしまって何が本当に良い方法なのか? おすすめを聞かれることも多いです。

 

おすすめの情報が見つかったとしても、それで不安が解消される訳ではなく、今も昔と変わらず上京する人の不安を耳にしますので、私のおすすめの方法を紹介しましょう。

 

上京で仕事のおすすめの前に1点!

同時に3つ以上の初めてのことに強いストレスを感じる。

 

初めての一人暮らし、初めての電車通勤、初めての東京生活、初めて東京で仕事をするなど、上京するにあたり不安や心配ごとってある程度は似ているんです。

 

同時に3つ以上の初めてのことをやらないといけないのは非常に大変で、多くの人が強いストレスを感じると言われています。

 

ヒロヒロヒロヒロ

東京に長年すんでいると身近な人の1人や2人は、上京したけどすぐ地元に引き返した人がいます。

引き返す理由はそれぞれあるにせよ、これだけ便利な時代になったのにせっかくの東京生活が非常にもったいないです。

 

まずはこのストレスが掛かるという1点を頭に入れておくことで、上京してからも1つずつ慣れていけば、そこまで難しく悩むことも減っていきますよ。

 

おすすめは上京する前に仕事を探しておくこと

 

上京する前に仕事を見つけておくのが必須です。

 

東京では生活費、とくに家賃が非常に重くのしかかってきますので、まずは仕事を決めておいてから上京するために引越し先を探す方がおすすめです。

 

その場合も『住みたい街ランキング』などの有名エリアについつい目がいってしまいますけど、おすすめはマイナーなエリアなんですよ。

 

例えば『吉祥寺』という街は過去において何度も住みたい街としてTOP3にランクインしていたのですが、実はその2~3駅ほど離れた駅だと家賃が1~2万円も安いのです。

 

おすすめは、ある程度は住みたい地域を絞ってもいいが、そうなると通勤が不便な場合のストレスが大きいので、仕事は広範囲で探し、自宅は通勤にべんりな場所を探すのです。

 

おすすめは上京する目的に合わせた仕事

上京する目的からおすすめの仕事がそれぞれある。

 

ただ上京して仕事を探すだけなら、そこまで慎重に考えなくてもアルバイトだったらすぐに仕事は見つかりますが、

 

それでは長期間の東京生活には向いていないので、あなたが東京で生活をしたい目的に合わせて仕事を探していくのがまずはおすすめです。

 

上京したい理由はそれぞれあると思いますけど、そこまで仕事へのこだわりがないのであれば人材サービスの会社に相談するのも良いでしょう。

 

すでに親戚や友人などが東京にいるのであれば、相談すると何か参考になる意見が聞けるかもしれませんし、実際に上京したときに手助けになることも多々ありますよ。

 

問題点は給与が安い場合が多いこと

かんたんな仕事ほど採用はされやすいが給与は低い。

 

上京してすぐに難しい職に就こうと思う人はいないかも知れませんが、かんたんな仕事ですぐに採用される仕事だと給与は低いんですよね。

 

このバランスが難しいのですが、先に仕事に慣れるのか、それとも東京での生活に先に慣れるのかは、住む場所と仕事にもよりますし、

 

些細なことでカルチャーショックを受けるぐらいならいいのですが、最初だから給与が安くても我慢して節約すればなんとかなるだろうと思ってしまい、

 

変な会社に就職してしまうとマジメな人ほど辞めれない状態に追い込まれてしまって、そのままズルズルと体調を崩すまで働きずくめになってしまう人もいます。

 

おすすめは派遣社員から始めて東京に慣れること

 

え?社員が良いんじゃないの?と思いがちですが…

 

最初からやりたい仕事が決まっているなら正社員でも良いのですが、東京の生活に慣れるまでの間はそんなに焦らなくても良いと思っていて、

 

派遣社員を勧める理由としては、

・すぐに好条件の仕事が見つかる

・相談相手がいるという安心感がある

・仕事内容が合わないと感じたら辞めやすい

 

他にもおすすめの理由としては、通勤電車が大変で嫌になる人も多いので、そういったストレスにも慣れるために派遣社員であれば正社員よりも責任の重みが少なくて、

 

正社員でいきなり働くプレッシャーよりかは気楽で、まずは数ヶ月や半年ほど派遣社員をして、正社員を目指すという方法もあるのです。

 

給与の金額が心配というのなら下記の会社で相談するのもおすすめです。 仕事だけでなく、引越しの場所や上京するための資金の相談もできます。

 

正社員というプレッシャーが意外とある

東京は仕事のプレッシャーを感じやすいと思います。

 

慣れればそこまで感じないのですが、やはり地方と東京ってどんなに仕事の経験を積んでいても、何かしらのプレッシャーを感じる人は多いです。

 

東京って本当にいろいろな経歴を持った人が多いですし、派遣社員でもどうしてあなたみたいな高学歴で実務経験も多いのになぜココに? と思う人も実際にいます。

 

学生のうちから上京していれば電車にも慣れているし、生活の要領も良いですし、色んな人と関わりを持っているという点でもプレッシャーは少ないと思います。

 

やはり社会人になってからの上京だと、なかなか友人も作りにくいですし、地方で社会経験があったとしても東京には独特の厳しさみたいなモノがあるのです。

 

派遣はどこで探しても同じ条件とは限らない

東京は派遣会社だらけで条件もまばらです。

 

派遣社員=給与が安い」こういうイメージを抱いている人は多いのですが、実際には仕事によってもかなりのバラつきがありますし、

 

医師や看護師などの高度な専門職から工場での勤務まで、派遣といっても職種は非常に幅広く、事務やIT系でも派遣会社によって給与に差があるんです。

 

大手の派遣会社だからといって必ずしも好条件ばかりが揃っているとは限りませんし、中小の派遣会社でも紹介する仕事は大手とほぼ一緒ということも多々あります。

 

問題は雇い主である企業から報酬が支払われるときに、「派遣会社の儲け分」と「自分の給与の取り分」の差額がいかに少ないかです。

 

上京しておすすめの仕事のまとめ

 

上京しておすすめの仕事は派遣社員から始めてみること。

 

地元や実家を離れ上京するワクワクした気持ちもあれば、不安な気持ちの両方があるとは思いますが、失敗するのだけは避けたいというのであれば下記の会社に相談するのがおすすめです。

 

 

仕事なら何でも良いからおすすめ教えてください!」と言う人って実は上京して仕事をしたとしても長続きしにくい傾向があるんですよね。

 

一見すると何でもやる気がある様には見えるのですが、目標が無いとも取れるんで次第に東京で何かのきっかけに不安にかられてしまうこともあります。

 

SPONSORED LINK

東京は人生を見つめ直すには最適なのか?

田舎では考えられないことばかりの東京。

 

ヒロヒロヒロヒロ

人の多さも去ることながら、仕事をしていても色々な考えを持っている人に遭遇することも東京って本当に多いんですよ!

そこで自分の中では大きな決断かも知れないのに、他の人の生き方を見ていると小さな自分に気づくこともあって、

 

そうしたときに人生の中で老後も東京で過ごすのか、やっぱり田舎に戻ったほうが良いのかなど、非常に多くのことを考えるきっかけになるでしょう。

 

人生において重要な仕事をどうしていきたいのか、まずは考えているだけでは何も始まらないので、行動しながらでも前に進むことをおすすめします。

 

ヒロヒロヒロヒロ

まだ地方に住んでいて、いずれは上京することを考えていたけど、やっぱり不安が大きいという人は、私にご相談ください。LINEでいつでも受け付けています。「LINE友だち追加

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で「めざせ沖縄移住」をフォローしよう!

SPONSORED LINK