「めざせ沖縄移住」は名称が変わりました。

冬の沖縄でリゾバする8つのメリット!高時給&貯金100万達成者が多い求人サイト5選

 

ヒロヒロ
ヒロヒロ

どうも!管理人のヒロヒロです。

今回は『冬の沖縄でリゾートバイトをする8つのメリット』についてです。

沖縄のリゾートバイトで冬のメリットとは?

冬の沖縄でもリゾートバイトの募集はたくさんあります。

 

沖縄のリゾートバイトは「夏」のイメージだと思いますが、実際に冬の時期であってもそれなりに募集はあります。

 

もちろん夏は夏で非常に多くの求人が出るメリットもありますが、冬の沖縄でもリゾートバイトをするとしたら、メリットがあると思いましたので紹介していきます。

 

デメリットについては、こちらを参考にして見てください。↓

冬の沖縄でリゾバする6つのデメリット!高時給&貯金100万達成者が多い求人サイト5選
ヒロヒロ どうも!管理人のヒロヒロです。 今回は『冬の沖縄でリゾートバイトをする6つのデメリット』についてです。 この記事では「デメリット」に絞って書いてありますので、もしも「メリッ......つづきを読む←

 

冬の沖縄でリゾートバイトするメリット(その1)

 

・沖縄の冬は気温が高くて暖かい!

 

一番のメリットはなんと言っても気温の高さです。 沖縄は1月や2月の冬であっても10℃以下になる日は、年に数日しかなくて氷点下になることはまず無いです。

 

その年によっては10℃以下にならない年もありますが、数年に1度ぐらいは10℃以下になってしまう年もあります。(要は運ですね)

 

あくまでも気温だけで言うとそう寒くはないのですが、実際の沖縄は海風が非常に強いので体感温度は低く感じ肌寒いと言う人が多いです。

 

室内での仕事であれば半袖でも平気な人が多くて、汗をかくこともあるとは思いますが、外での仕事は寒いので上着は欠かせないでしょう。

 

冬の沖縄でリゾートバイトするメリット(その2)

 

・仕事が暇な日がある可能性がある!

 

リゾートバイトでは、サービス業も多くて地元の人を相手にする仕事よりも、どちらかと言えば観光客がメインですので、

 

夏の時期に比べると冬は観光客の数も少なくなっていき、職場によっては冬の時期は、のんびりと仕事ができる可能性もあります。

 

ただし、逆に冬は暇になるから最小限のアルバイトしか採用しないとかで、夏よりもアルバイト1人当たりの仕事量が多くて、かえって冬の方が忙しい可能性もありえます。

 

それに修学旅行や社員旅行などの団体ツアーは、あえて混んでいない冬の沖縄を狙って来ることも多いので、(料金も安いし)

 

リゾートバイト先によっては「夏は個人客」が多くて「冬は団体客」が多い場合も十分に考えられます。 そうなると団体客の対応の方が忙しいくて大変だと思います。

 

冬の沖縄でリゾートバイトするメリット(その3)

ビーチを歩いてる男性

 

・冬の沖縄では花粉症にならずに過ごせる。

 

リゾートバイトとは関係ないかもしれませんが、花粉症がヒドイ人は早ければ2月とか3月には症状が出てくるはずで、沖縄に行けば花粉症が楽かもしれません。

 

というのも沖縄にも「杉の木」はあるにはあるのですが、とても本数は少なくて気温が高いために花粉がほとんど飛びません。

 

近年は“花粉症に悩む人に向けた沖縄観光ツアー”なども企画されるぐらいですから、冬のリゾートバイトの意外な魅力かも知れませんね。笑

 

ですが、ブタクサなどの花粉は沖縄でも飛んでいますので、ブタクサにアレルギーを持っている人は要注意かもしれません。

 

冬の沖縄でリゾートバイトするメリット(その4)

 

・冬の沖縄は紫外線が弱くなる!

 

あくまでも気休め程度ですが、夏の沖縄の紫外線量を比べると冬の沖縄の紫外線量は少なくて、肌が弱い方にとっては冬の沖縄のリゾートバイトが良いかもしれません。

 

沖縄は好きなんだけど、暑さや紫外線が気になってしまう人にとっては、冬の沖縄なら丁度良くて住みやすいといった意見もあります。

 

しかも気温的にも長袖を着たりしてもそこまで暑苦しくも感じませんので、外では肌を露出したくない人にとっては、これまた冬のリゾートバイトはおすすめです。

 

でも日焼け止めなどの対策を忘れてはいけません。 あくまでも夏よりか冬は紫外線が少し弱いぐらいですから。

 

冬の沖縄でリゾートバイトするメリット(その5)

 

レンタカーがいつでも格安でレンタルできる!

 

沖縄のリゾートバイトでは、休日は観光地に出かけて遊ぶ人も多いのですが問題はその移動手段です。

 

リゾートバイトは田舎での勤務になることが多く、バスやタクシーで移動するよりもレンタカーで移動した方が安上がりになることもあります。

 

特に同じリゾートバイトの勤務地で友達になったりした人がいれば、数名でお金を出しあってレンタカーを借りればもっと安く済みますよ。

 

レンタカーって夏のハイシーズンの時期と比べると、冬のローシーズンでは値段が30~50%ぐらい安くなる会社もありますので冬のメリットだと思います。

 

冬の沖縄でリゾートバイトするメリット(その6)

 

・休日はゆっくりと観光が出来る!

 

沖縄は夏に多くの観光客が訪れるため、せっかくリゾートバイトが休みで沖縄を観光しようと思っても混んでいるということもしょっちゅうあります。

 

人気の沖縄そば屋さんとかになると長い行列ができていたりもします。 もしも夏の炎天下だったら非常に苦痛ですよ。

 

でも冬だとそこまで混むこともなく、ゆっくりと観光地を見て回ることもできて、行列に並ばなくてもいろいろなお店に入れることも可能です。

 

冬の沖縄でリゾートバイトするメリット(その7)

海とシークワサーカクテル

 

冬は格安でダイビングが楽しめる!

 

リゾートバイトが休みの日にダイビングをする人も多いのですが、夏にダイビングをする値段よりも冬の方が安い場合が多いです。

 

いくら沖縄だからと言っても寒い冬にダイビングなんて無理! そう思う人も多いと思いますが、実は冬の時期をあえて狙って観光に訪れるダイバーは多いです。

 

まぁ冷え性の人には無理にダイビングを勧めはしませんが、冬の沖縄は本州と違って厚手のウエットスーツでも十分に潜ることができます。

 

伊豆なんかでダイビングをするとなると、水を通さないドライスーツじゃないと無理ですので、ウエットスーツで潜ることができる沖縄は冬におすすめなのです。

 

ベテランダイバーの人達からは夏よりも冬の方が、海の透明度が良いと言われています。(台風がこないので海が荒れないから)

 

冬の沖縄でリゾートバイトするメリット(その8)

 

ホエールウォッチング(クジラ)が出来る!

 

これもリゾートバイトが休みのときの海遊びの話なのですが、冬になると沖縄の近海にはクジラがやってくるのでホエールウォッチングができます。

 

クジラがやってくる理由は子育ての為なんですね。 なので子供のクジラを見ることが出来るというのは非常に貴重なんですよ。

 

見れる確率としては日によって違うそうですが、それでも8割から9割ぐらいの確率でクジラを見ることができそうです。

 

もしも見れなかったとしたら代金を返金しているツアー会社も多いので、一度は体験してみると良いと思いますよ。

 

おすすめリゾートバイト専用サイト5選

ここさえ登録しておけば間違いない!

 

というサイトから順番に紹介していきますが、全部のサイトに登録しなくても2~3社で気の合いそうな担当者とかで判断すると良いでしょう。

 

ネットでいろいろな評判を聞くかと思いますが、それも担当者によって全然違ってくるので、比較して選べば短期から長期まで、高時給の求人をみつけられますよ。

 

まず登録してからお仕事までの流れですが、

1、かんたんなプロフィールと働ける条件の登録。

2、担当者との面談。(電話やネット上でも一部は可能)

3、仕事の紹介から条件の確認。(休日や時給など)

4、勤務スタート。

 

ほとんどの会社がこのような流れとなっていて、仕事を依頼してきた職場との面接がない場合も多いので、条件さえあえばほとんど採用されます。

 

1.リゾートバイト.com

(出典:公式『リゾートバイト.com』より)

 

リゾートバイト.com業界No.1の高時給です。

 

時給1200円以上の求人も多数ありますし、月給25万円以上や月給30万円以上を狙いたい方はリゾートバイト.comがおすすめです。

 

さらに寮費・食費・水道光熱費無料ですし、スキー場ではリフト券が無料、温泉地では温泉が無料など、他にも勤務先でのうれしい特典が付きます。

 

また、リゾートバイト.comでは、友だちを紹介すると1万円の特典もありますので、もし誰か一緒に働きたい人がいたら誘うってのもありだと思いますが、

 

あまり大勢すぎると返って仕事が見つかりにくいので、せいぜい2人か3人がおすすめです。 (別々の職場でもいいなら大勢で応募するのもありですけど)

 

 

2.リゾートバイト.net

(出典:公式『リゾートバイト.net』より)

 

リゾートバイト.netでは、お祝い金、住居、特典が100%ついてくる!

 

まあこうした特典というのは、リゾートバイトでは当たり前と言えば当たり前なんですが、何よりも求職者を第一に考えサポートを万全にすることも重要ですから、

 

リゾートバイト.netではそういった働く人からの信頼も高評価をえているので、求人数がやや他のサイトよりも少ないのですがハズレも少ないとのこと。

 

リゾバの中にはブラック環境もあるので、そういったことに目を光らせ常に求職者が気持ちよく働ける環境なのかを審査しているのがリゾートバイト.netのこだわりです。

 

特典としてお祝い金がもらえたり、友達を紹介すると1万円がもらえたり、働いた分に応じたポイントでAmazonギフト券JTBギフト券のプレゼントも有り!

 

 

3.ハッシャダイリゾート

(出典:公式『ハッシャダイリゾート』より)

 

ハッシャダイリゾートは、他社のリゾートバイトのサイトとは一線を引いているぐらい個性的なサイトですが、交通費の一時的な負担もなく寮費も光熱費も無料です。

 

画面にチャットで相談というボタンがあるので、そこから質問に答えていくと条件に合ったお仕事がでてきますから、最初はちょっと使いにくいと感じるかもしれません。

 

ハッシャダイリゾートでは、特に1ヶ月以上はしっかり働きたいという若者向けのサイトですので、文字を読むのが苦手でイラストや写真の方が分かりやすい人に向いています。

 

何かとお騒がせユーチューバー『レペゼン地球』とハッシャダイリゾートが、沖縄でのロケ撮影に協力したこともあるそうなので興味のある方は要チェックです!

 

面接もビデオ面接で会社に行く必要も無く、条件にもよりますが仕事の期間を満了すると卒業の祝い金も支給されるので、やり遂げるモチベーションを維持できますよ!

 

 

4.アルファリゾート

(出典:公式『アルファリゾート』より)

 

株式会社アルファスタッフが運営しているアルファリゾートは、短期・長期の求人が800件以上はあって、高時給がそろっているサイトとして急成長のサイトで、

 

2ヶ月で50万円、半年で100万円も貯金ができる人が多いことから、留学費用、車の免許や車の購入、独立資金を貯めたい人から支持されています。

 

どうしてアルファリゾートでは貯金ができるのかというと、寮費・水道光熱費が無料で食事付きで(現場による)現地までの交通費も高いからです。

 

とくに初心者でも仲居さんの仕事では時給1100円を保証するなど手厚く、女性からの支持が高いとよく聞きます。

 

勤務地は全国各地のリゾートバイトをとりあつかっていて、着物姿での仕事に憧れを持っている人語学力をいかした仕事をしてみたい人には特におすすめです。

 

また、リゾートバイトは一般的に20代が多いけど、アルファリゾートでは40代までの世代を対象としていますので、仕事経験がある人はとくに優遇されますのでおすすめです。

 

 

5.はたらくどっとこむ

(出典:公式『はたらくどっとこむ』より)

 

株式会社アプリが運営するはたらくどっとこむは、短期・長期で非公開も含めると求人数が2000件以上もあって高時給が推しって訳ではないのですが、

 

非公開の求人が多いという話を聞きますので、その条件さえ合っていれば貯金だってできるぐらいは稼げます。

 

はたらくどっとこむでは、電話対応や現場スタッフへのフォローに力をいれているそうなので、応募する際には他社とそういった面を比較するのもありだと思います。

 

普通は現地で何かトラブルがあっても本社は電話対応しかやってくれませんが、はたらくどっとこむ沖縄にも支店があるので安心感が違います。

 

もちろんはたらくどっとこむも、寮費・水道光熱費が無料で食事付き(現場による)ですし、ユニークな取り組みとしては、ハワイ旅行が抽選で当たるキャンペーンや、優秀なリゾバの体験談を投稿すると賞金がもらえることもありますよ。

 

 

リゾートバイト専用サイトの裏話!

 

リゾートバイトの求人サイトがこれだけあると、1つの職場に対して、いろいろなサイトからの申し込みで働きにくる人があたりまえになっているんですよ。

 

ヒロヒロ
ヒロヒロ

しかも、どこのサイトからの紹介かによって時給が変わります。

 

「えー、そんな不公平な!」 なんて思ってしまうかもしれませんが、げんじつは残酷で、おなじ時間、おなじ仕事内容なのに、自分だけ時給が100円も少ないなんてこともザラです。

 

もし時給が100円少ないと、1日8時間の労働で計算すると、1日800円の差がうまれて、1カ月では2万円も他の人たちより少なくなってしまうのです。(1ヶ月で25日間働いたとして。)

 

だから、リゾートバイトの求人サイトを1つだけしか見ない人って、とっても損をしているので、たとえめんどクサくても複数のサイトを見ておくのがいいんですね。

 

もう1つリゾートバイト専用サイトの裏話!

 

これも知ってて欲しいことなんですが、リゾートバイトの求人サイトには、できるだけ登録しておいた方がいいです。

 

なぜなら、リゾートバイトの求人サイトの会社は、できるだけ他社に仕事を取られたくないと思っているんで、どこかのリゾート地で人手不足になった現場からスタッフ募集の依頼が入ってくると、

 

いちいちサイトを更新する前に(サイトの更新は手間がかかる)、まずは会員登録している人で条件を満たす人にだけメールで求人募集をするんですよ。

 

そうすると、仕事を探していた人から連絡がくるので、いち早く人材が確保されるんです。

 

もちろん、メールをだしても応募がなければサイトに載りますが、まずは会員登録している人が優先的に仕事が紹介されるんですね。

 

これはどうしてかというと、会員登録している人=働く意思が強い人となるので、ただ求人サイトを見ている人よりも優遇されるんです。(会員登録している人 > 会員登録していない人)

 

たとえるなら、アイドルのファンクラブに入っている人から優先的に、コンサートチケットの案内がくることと一緒です。 そうじゃないとせっかく登録している人にメリットがないですから。

 

とくに短期で働きたい学生さんはライバルも多いと思ったほうがいいです。(しかも夏休みとか冬休みに集中するので更に競争率は高い。汗)

 

近所のコンビニスタッフ募集とかだったら、そんなにライバルはいませんけど、たとえば沖縄で働きたい人って全国から来ますので、全国に今か今かと好条件の募集を待っているライバルがいるんですよ!

 

だから、会員登録はしていなくて、いつもサイトだけを見ている人には、いつも同じような求人にしか見えてないけど、裏ではけっこう仕事がポンポン決まっている人がいるんですよ。(これも知らない人が多すぎ)

 

まだリゾートバイトを迷っているあなたへ

 

リゾートバイト(住み込み)で働くけるのは今しかできないです。

 

リゾートバイトってほんと今しかできなくて、学生さんにとっては貴重な夏休みや連休を利用するので、できる限り良い条件の仕事にめぐり会って欲しいですね。

 

ネット上にたくさんの噂話があふれていますし、人の運とかもありますけど、だいたいは専用サイトを選ぶ段階で6割以上は決まってしまうと私は思っています。

 

真剣に取り組んでいる人は、仕事をするときは仕事、遊ぶときは本気で遊んでいて、しかも貯金までできているので、本当にいい体験ができるんですよ!

 

ヒロヒロ
ヒロヒロ

今すぐじゃないのであれば、このページのブックマークをおすすめします。

 

 

冬の沖縄でリゾートバイトまとめ

冬の沖縄でもリゾートバイトはたくさんのメリットがあります!

 

デメリットについては、こちらを参考にして見てください。↓

冬の沖縄でリゾバする6つのデメリット!高時給&貯金100万達成者が多い求人サイト5選
ヒロヒロ どうも!管理人のヒロヒロです。 今回は『冬の沖縄でリゾートバイトをする6つのデメリット』についてです。 この記事では「デメリット」に絞って書いてありますので、もしも「メリッ......つづきを読む←
【リゾートバイト・住み込み】おすすめ求人サイト5選(貯金100万)
ヒロヒロ どうも!管理人のヒロヒロです。 今日は前半に『リゾートバイトの求人サイト』と、後半は『求人サイトの裏話』についてです。 あなたは、リゾートバイトを探そうと思っても、どのサイ......つづきを読む←

 

沖縄の夏と冬で仕事の内容的にはそこまで大きな変わりは無くても、従業員1人当たりの仕事量が多かったり少なかったり職場によって変化する可能性があります。

 

ヒロヒロ
ヒロヒロ

一概には言えないこともあるのですが、それでも冬は冬でリゾートバイトのメリットもあるのです。 ではでは検討を祈ります。^^

 

 

おすすめ記事

【年収】あなたの適正年収を調べる方法!私の結果たった573万円!
ヒロヒロ どうも! 沖縄人のヒロヒロです。 今回は「東京や沖縄で自分の適性(相場)年収を調べる方法」についてです。 あなたは今の年収に満足していますか? 現在、私は東京......つづきを読む←
東京で1日1回は仕事の不安で悩むあなたへ。10年は損した私の理想の相談者はこんな企業!
ヒロヒロ どうも! 管理人の沖縄人のヒロヒロです。 あなたの周りには仕事の相談ができる人はいますか? 他にも、夢や目標、悩みごと、転職や起業などの相談ができる人はいますか? ......つづきを読む←
【ポケットWiFi】1日114円でスマホの通信制限が解消!毎月100GB使っています!
ヒロヒロ どうも! 沖縄人のヒロヒロです。 今日は私も実際に使用しているポケットWi-Fi「Broad WiMAX」を選んだ理由と、具体的な申し込み方法を解説していきます。 (補足)......つづきを読む←

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で「沖縄が東京に住むと、」をフォローしよう!

タイトルとURLをコピーしました