沖縄ではいとこも兄弟みたいなもの!?

 

いとこから、無事に子供が生まれた!と連絡が来た日のこと、

ちょうど職場で休憩中だったので、

 

嬉しくなって同僚にそのことを話していると、

 

子供が生まれたことよりも、

いとこ同士で連絡を取り合っていることに驚かれました。

 

たしかに、東京に住んでいると、

地元にはなかなか帰らない人もいるので、

 

親戚とは疎遠になっている人も珍しくはないのですが、

私の感覚からすれば、ちょっと寂しい気持ちになりますね。

 

沖縄人みんなが、

いとこ同士の仲が良いとは限りませんが、

 

それでも兄弟と同じように、

一緒になって遊んだことぐらいはあると思います。

 

沖縄は親戚付き合いも濃いので、

叔父や叔母ともよく会いますが、いとこ同士もよく会います。

 

私の幼いころの記憶では、

兄弟と遊ぶよりも、いとこ同士で遊ぶほうが、

とても楽しい時期もありましたね。

 

しかも、兄弟だけでなく、

いとこ同士でも、顔が凄く似ているんですよ!

 

だからなのか今でも父方、母方どちらも、

いとこ同士は、みんなとても仲が良いです。

 

いとこ同士の年齢が近いというのも、

少しは関係があるのかも入れませんが、

 

いとこ同士で、LINEのグループを作って、

何か親戚のお祝いとかで集まることがあると、

 

親も交えて、いとこ同士でも連絡をとって、

みんなで盛り上げています。

 

ちなみに、いとこのLINEグループです。

Okinawa(853)

 

SPONSORED LINK

私のいとこは全員で26人います!

 

父方は14人で、母方は12人のいとこがいます。

 

これだけ多いと、同じ地域に親戚が住んでいますので、

学校が同じ子もいましたし、運動会や学芸会などは、

 

家族と言うよりは、親戚の集まりみたいなものでした。

 

当時はそれが普通だと思っていましたけど、

今になって考えれば、ものすごいことですよね。

 

たまにはケンカもしたりして、

親同士ぎくしゃくした時期というのもあったのですが、

それでもみんな仲良くお付き合いしていますよ。

 

(ちょっとしたことは今でもあるようですが、、、)

 

沖縄の親戚付き合いが、

大変!大変!と言われるのって、

 

単純に人数が多いからなのかもしれませんね。

 

今では、沖縄から離れている人もいるので、

なかなか全員が集まる機会も減ってはいますが、

 

それでも親戚が集まるとなると、

叔父や叔母だけでなく、いとこの子供もいるので、

昔よりも人数が多いんですよ!

 

あんなに小さかった末っ子が、

今ではお母さんになっているなんて、信じられないですね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で「めざせ沖縄移住」をフォローしよう!

SPONSORED LINK