「めざせ沖縄移住」は名称が変わりました。

2016年は台風が多く発生するのか?気象庁データ調べ!

 

2016年は台風が多く発生するのか?

 

2016年6月までに発生した台風は未だにゼロ!

近年まれにみるほど、台風の発生が無いんです。

 

これがどれぐらいレアなケースかと言いますと、

気象庁のホームページにある最も古い台風のデータが、

 

1951年となっており、それから2016年6月までの65年間で、

台風が7月まで発生しなかったのは、1973年と1998年と2016年だけです。

 

そう!この3年だけしか例がないほどレアなケースなんです!

 

ちなみに、7月になっても台風が発生しなかった年は、

過去65年間で1度もなかったので、

 

絶対ないとは言い切れませんが、2016年の7月には、

台風が発生するのは、ほぼ間違いないです。

 

だから、2016年は台風が多く発生するのでは?とか、

いろいろな所で今後も噂されそうな気配を感じています。

 

1973年と1998年の台風を調べた結果!

 

1973年と1998年の台風のデータを詳しく調べると、

6月までに台風がゼロだったからと言っても、

 

台風が多く発生している訳ではないという事が分かりました。

 

・1973年の1年間に発生した台風の数は「21

・1998年の1年間に発生した台風の数は「16

 

この数字だけは分かりにくいので、

2000年から2015年の間に発生した台風の年間平均が「23.8」です。

 

ということは、ここ最近のデータでは、

1年間で平均「23.8」の台風が発生しているので、

 

6月までに台風が発生しなかった1973年と1998年は、

そこまで多くの台風が発生するとは断言しにくいと思います。

 

Okinawa(179)

 

台風は発生よりも接近や上陸が怖い!

 

2016年6月までに台風が発生していないとはいえ、

7月以降は、ほぼ確実に台風は発生します。

 

でも、台風が発生したからと言っても、

はるか彼方の海で発生しただけで消える場合もあります。

 

いくら台風が発生しても陸地に接近したり上陸しない限り、

ほとんど普段の生活には支障が少ないと思うので、

 

さらに台風の発生だけでなく、

沖縄に接近した数と上陸した数も調べてみました!

 

1973年には、年間で「21」の台風が発生してましたが、

そのうち沖縄に接近して上陸したのは、たった3つだけでした。

 

1998年には、年間で「16」の台風が発生しましたが、

そのうち沖縄に接近して上陸したのが6つだったのですが、

1つは接近しただけで、上陸はしていませんでした。

 

台風の特徴としては、7月から9月に最も多く発生し、

接近や上陸が多いのも7月から9月ですので、

夏の沖縄旅行は台風と重なるかどうか賭けでもあります。

 

 
SPONSORED LINK

おすすめ記事

【年収】あなたの適正年収を調べる方法!私の結果たった573万円!
ヒロヒロ どうも! 沖縄人のヒロヒロです。 今回は「東京や沖縄で自分の適性(相場)年収を調べる方法」についてです。 あなたは今の年収に満足していますか? 現在、私は東京......つづきを読む←
東京で1日1回は仕事の不安で悩むあなたへ。10年は損した私の理想の相談者はこんな人!
ヒロヒロ どうも! 管理人の沖縄人のヒロヒロです。 あなたの周りには、仕事の相談ができる人はいますか? 他にも、夢や目標、悩みごと、転職や起業などの相談ができる人はいますか? ......つづきを読む←
【ポケットWiFi】1日114円でスマホの通信制限が解消!毎月100GB使っています!
ヒロヒロ どうも! 沖縄人のヒロヒロです。 今日は私も実際に使用しているポケットWi-Fi「Broad WiMAX」を選んだ理由と、具体的な申し込み方法を解説していきます。 (補足)......つづきを読む←

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で「沖縄が東京に住むと、」をフォローしよう!

 
SPONSORED LINK

タイトルとURLをコピーしました