「めざせ沖縄移住」は名称が変わりました。

【起業】爬虫類が好きで法人化した20代男性!好きなことを仕事にできる喜びを聞いてきた!

 

ヒロヒロ
ヒロヒロ

どうも! 管理人のヒロヒロです。

今回は「爬虫類が好きで法人化した20代男性へのインタビュー」です。

 

あなたは好きなことを仕事にできたら……なんて思ったことはないでしょうか? 人によっては仕事は嫌いだけど、趣味のためなら仕事を頑張れる人もいるでしょう。

 

この記事は、自分の好きなことが仕事になり、それを応援してくれる人が集まり、好きなことを仕事にしたい人にも、希望を与えられる内容になっています。

 

今回は「爬虫類」というのが1つのキーワードになってはいるが、実を言うと私は爬虫類がちょっと苦手である……ミミズやイモムシなんかは釣り餌にする時は触れるんですけどね。

 

まぁそんな話は置いといて、このインタビューはいつもお世話になっている「グランテストジャパン(株)」を通じて知り合った方です。 ではどうぞ!

 

20代で爬虫類が好きで法人化した男性の話!

『株式会社 E.C.F.』
代表取締役 松村 和喜さん(26歳)

 

社名の『E.C.F.』とは「Encounter Change the Fate(運命を変える出会い)」の略で、ペットとの出会いを通じて人生に癒やしを与えたい願いが込められているそうです。

 

松村さん自身も非常に動物が好きで犬や猫はもちろんのこと、爬虫類が特に大好きという。 約1時間のインタビューでしたが非常に爬虫類“愛”を感じましたし、

 

キャラが濃いと言いましょうか、爬虫類の話をするときの瞳のキラキラした感じ……オタクやん。 もしや? 服の中にヘビでも忍ばせているんじゃないかと不安になった(笑)。

 

でもビジネスの話をしていると、以前はブラック企業での勤務経験もあったり、会社を辞めて個人事業主になっても不安しか抱かなかった時期もあったりと、

 

心身ともに非常に苦労をした時期もあったそうで、法人化しなくても良いかなと考えた時期もあったり、ひょんなことから爬虫類での起業を思いついたという。

 

ヒロヒロ
ヒロヒロ

爬虫類が好きで法人化したとお聞きしたのですが、その経緯を教えて下さい!

松村さん
松村さん

何か自分の好きなことを仕事にすることはできないかと考えてまして、小さい頃から動物が好きで、中でも爬虫類が好きなんですね。

松村さん
松村さん

よく爬虫類って賃貸では飼えないと思われたり、飼育していくのが非常に難しいと思われたりするんですけど、実はそうでもないんですよ。

松村さん
松村さん

まぁ例えばなんですけど、ヘビの場合だと小さいうちは3〜4日に1回ご飯をあげるぐらいで、大きく成長したら1〜2週間に1回ご飯をあげるぐらいでも良いですし、散歩させたりもしなくて良いんですよね。

ヒロヒロ
ヒロヒロ

へぇ〜そうなんですね。

松村さん
松村さん

他にも『レオパードゲッコー』っていうトカゲがいまして…

ヒロヒロ
ヒロヒロ

と、トカゲですか?

松村さん
松村さん

トカゲです。『レオパ』って略したりするんですけど、手の平ぐらい小っちゃくてカワイイんですよぉ。 で、その子は見た目と違って間抜けでして、コオロギを食べようとして狙ったのに、地面にドーンって激突したりして、それが可愛くて癒やされるんですよ。ハハハ

ヒロヒロ
ヒロヒロ

ハ、ハハハ……

松村さん
松村さん

そ、それで、えっと、そうしたペットを通じて、犬や猫が飼えない賃貸とかでも、マイナーな爬虫類にも癒やしを与えられるんだよ!ってことをもっと広めたいと思って活動していこうと決めたんです。

 

爬虫類の事業だけでなく人材サービス事業も行っている!

 

爬虫類とはいえ販売だけでなく輸入や繁殖など奥が深いこと深いこと。

 

「株式会社E.C.F.」が法人化したのは2019年6月とまだ日が浅く、今はまだ人材サービス事業の割合が大きいそうで、爬虫類の事業は少しづつ幅広くしていく段階だという。

 

例えば今後は、爬虫類を飼いたい人たちとブリーダーに向けた展示会みたいなイベントを開催したり、爬虫類も飼える賃貸物件を紹介したりすることも考えているとか。

 

また、爬虫類が好きな人の中には、奇抜なファッションやヘアスタイルの人も多いそうで、そうした人たちでも働ける仕事の紹介もできればなと考えてるそうです。

 

やはりこれも社名の由来である「運命を変える出会い」という意味でも、イベントを通じて知り合った人たちを生活面でもサポートしていきたい! と情熱がすごい!

 

すでに松村さんの元には、仕事を辞めようか迷っている人からの相談や実際に転職をサポートしたりと、多方面から相談がきているとのこと。

 

この相談しやすい松村さんの“愛されキャラ”は会ってみて話すと本当によくわかる。 動物が好きなのも非常に伝わってくるし、同じぐらい“人”にも優しいんだなあって思います。

 

ヒロヒロ
ヒロヒロ

法人化する直前までは会社員だったのでしょうか?

松村さん
松村さん

いえ、僕はここ五年ぐらいずっと個人事業主として『グランテストジャパン(株)』で、委託の仕事をしてました。

ヒロヒロ
ヒロヒロ

その『グランテストジャパン(株)』を知ったきっかけってなんだったんですか?

松村さん
松村さん

元々は20歳のときにいた会社でウォーターサーバーの販売員をしていたんですね、その現場で知り合った人からの紹介だったんです。

松村さん
松村さん

でも最初は自分が無知だったこともあって、紹介されても怪しい会社なんじゃないかと思ってました(笑)。

ヒロヒロ
ヒロヒロ

確かに最初は警戒しますよね(笑)。

松村さん
松村さん

それで1年ぐらいでウォーターサーバーの会社を辞めて、別の会社に転職をしたんですけど、まぁそこの会社は月100時間の残業とかあっても残業代も出ないし、交通費も負担したりと大変で……

ヒロヒロ
ヒロヒロ

うわぁ〜それは大変ですね!

松村さん
松村さん

それでもう体力的にも精神的にも耐えられなくて、『グランテストジャパン(株)』に亡命させてくれ!って相談したんです(笑)。

ヒロヒロ
ヒロヒロ

そういうきっかけだんたんですね。

 

最初は個人事業主になった事すら不安でしょうがなかった!

 

高校の同級生3人で独立をしようと相談し合っていたのに断念し個人事業主となる。

 

ちょっとここで松村さんが法人化する以前の話を聞きたくなり、いろいろと質問を投げかけたところ、最初は個人事業主からスタートしたことが分かった。

 

誰しも一度は会社員を辞めて何か自由なことをやってみたいと思うだろうし、「私はこのままこの仕事を一生続けていくのか?」と自問自答することもあるでしょう。

 

それで行動に移せる人もいれば、結局いつも通りの生活をおくる人も多いでしょう。 松村さんも最初は友達3人と一緒に独立をしようと思っていたが、

 

1人抜け、2人抜けと、最後に自分1人になってしまったけど、そこでもめげずに個人事業主となり、委託での仕事を続けながら5年後に法人化を成し遂げるのである。

 

でも松村さんは言う、「独立はしたいと思っていたが、いざ個人事業主となったら不安しかなかった。 いつ首を切られるかも分からなかったので……」と。

 

ヒロヒロ
ヒロヒロ

個人事業主になったときは不安は無かったんですか?

松村さん
松村さん

あ〜もう不安しかなかったですよ(笑)! 会社員と個人事業主の違いすら分かってなかったですし、税金のことなども不安でした。

ヒロヒロ
ヒロヒロ

そうだったんですね。

松村さん
松村さん

最初の3ヶ月ぐらいは吐きそうなほどツラかったんですよ。 でも実際に仕事をしてみると普通の内容でしたし、次第にいつもの生活ができることに安心していきました。

ヒロヒロ
ヒロヒロ

私も個人事業主ですけど、やっぱり最初は不安ですよね……

松村さん
松村さん

ほんと不安でした。 でも個人事業主だからできる事もたくさんあると教えてもらい、そういったプラスの事に目を向けて暴走機関車のように勉強してました。

ヒロヒロ
ヒロヒロ

今は何か不安なことはあるんですか?

松村さん
松村さん

もう今はおかげさまで自由にやらせてもらってるんで、特に大きな不安とかはないですね。 昔は自分に重いプレッシャーを掛けたりもしてましたけど、今はそこまでは無いですね。

 

 
SPONSORED LINK

周囲から堅実に法人化したと言われているが!

 

自分が本当にやりたい事業が何かをずっと考えていた。

 

松村さんは周りの仲間たちが次々に法人を立ち上げていくのを見て、正直うらやましいと思ってた時期もあったが、このまま個人事業主を続けていくのも悪くはないとも思っていた。

 

それが次第に仕事で関わっていく人の中にも、若くして代表取締役になった人たちとの出会いがあり、少しづつ刺激を受けていくと考えにも変化が。

 

上手くいっている事業を参考にできないかと考えたり、何か問題が起きている事業でも反面教師だと思って、いろいろな情報収集をしていたそうです。

 

でも当時の松村さんは、いろいろとやってみたい事業はあったのだけれど、どこか踏ん切りがつかず5年の月日が流れたが今はそれで良かったと振り返る……

 

ヒロヒロ
ヒロヒロ

法人化する時はどなたかお手本にしたのでしょうか?

松村さん
松村さん

そうですね〜なんて言いますか、私は汚い性格なんで(笑)、

ヒロヒロ
ヒロヒロ

いえいえいえ(汗)

松村さん
松村さん

上手くいってる方だったり、何か問題が起こっている方だったりしても全部参考にしてましたし、グランテストジャパン(株)でも相談に乗ってもらってました。

ヒロヒロ
ヒロヒロ

なるほど! 事前の相談というのは、かなり細かいことまで行っていたのでしょうか?

松村さん
松村さん

そうですね。 細かい売上の割合などから、最終的には行政書士の方も交えて相談もして進めていきました。

ヒロヒロ
ヒロヒロ

事前の準備段階でしっかりやられたんですね。

松村さん
松村さん

いえいえ、よく周りの人からも堅実に人脈を積み重ねて独立したんですね。って言われるんですけど、全然そんな事ないんで。

 

法人化したら責任というプレッシャーに気づく

 

まだ正社員はいないが3人の仲間ができて責任を感じた。

 

松村さん自身もヘビなどを自宅で繁殖させてるブリーダーで、そういった資格の取得もしており、まだまだ活動の規模としては小さいが一緒に活動する仲間もいる。

 

ただ、今までは自分だけ食べていければ良かったのが、法人化したことによって事業に関わってくれる人達への責任からプレッシャーを感じるようになったそうです。

 

もちろん、事業内容や売上の見込みとして、最低限ここまでやっていれば潰れることはない、というベースの部分はしっかり行っているとのこと。

 

まずは焦らず一年ぐらいは、これまでの個人事業主でやっていた事も続けつつ、少しづつ人材を増やしていき事業を広げていくのだそうです。

 

ヒロヒロ
ヒロヒロ

昔から爬虫類での事業を考えていたのでしょうか?

松村さん
松村さん

いえ、実はここ最近といえば最近でして。 昔から何か1つでもコレがやりたい!と思える事業がないか考えていたんです。

ヒロヒロ
ヒロヒロ

では何かきっかけがあったのでしょうか?

松村さん
松村さん

たまたま行った爬虫類のイベントで、開始2時間前なのに300〜400人ぐらいの行列ができてまして、それで衝撃を受けてコレを事業にできないか調べたんですよ。

松村さん
松村さん

そしたら単純に爬虫類の売買だけでなく、密漁だったり、悪質な業者だったりと問題点も浮き上がってきて、それなら健全な場をたくさん作ることはできないだろうかと思って踏み切ったんです!

ヒロヒロ
ヒロヒロ

へぇ〜爬虫類のイベントってそんなに凄いんですね!

松村さん
松村さん

最近では爬虫類を専門にやっているYoutuberさんとかもいて、コアなファンが大勢いる方も凄い増えているんですよ!

ヒロヒロ
ヒロヒロ

犬や猫だけじゃないんですね。

松村さん
松村さん

そうなんですよ。 珍しい爬虫類を飼っていて動画を撮っている方とか、新しい子を紹介する動画を撮ってる方とかもいます。

 

爬虫類が好きで法人化した松村さんのインタビューまとめ

 

将来は海外事業もできたら良いなぁと語る松村さんが印象的でした。

 

爬虫類は海外の市場がはるかに大きくて、松村さんは日本だけでなく海外のブリーダーとも交流していきたいと思っているそうです。

 

それともう1つ、飲食に関する事業も何かできないかと思っているそうで、実は爬虫類の事業を思いつく前は飲食業をやろうとしていたそうです。

 

まだどういった飲食業をするのかは決めてはいないそうですが、実際にやったみたいと言ってくれる仲間も集まっているとのことでした。

 

ヒロヒロ
ヒロヒロ

今後はどういった方を募集したいとかありますか?

松村さん
松村さん

え〜、僕から来て欲しい人とか、偉そうに言えないです(汗)。

ヒロヒロ
ヒロヒロ

いえいえ(汗)。

例えば、どんな人と仕事をしてみたいとかありますか?

松村さん
松村さん

ん〜、まあこんな僕でも興味を持ってもらったり、何か話を聞いてみたいとか、ペット事業や飲食業のこととか、個人事業主のことでも、ラフな感じで問い合わせしてくれればと思います。

 

 

 

最後に爬虫類が苦手な私ですが、好きな人にとってそれを仕事にできるという喜びは大きいと思う。 世の中には好きなことはあえて仕事にはしたくない! という人もいるだろう。

 

だが、松村さんを見ていると本当に楽しく自由に仕事をしているのが伝わってくる。 何か1つでも一生の仕事にできるのなら、あなたは何を選ぶのか。

 

この記事を読んでみて、あなたも何かやってみたい、やっているが上手くいっていないなど、どんな事でも良いので松村さんに相談して見ください。 ではでは。

 

また、「グランテストジャパン(株)」に興味を持った方は下記の記事も参考に読んでみてください。↓

グランテストジャパンとは?代表取締役の佐々木さんにインタビューしてきちゃいました!
ヒロヒロ どうも! 管理人のヒロヒロです。 今回は東京にある『グランテストジャパン(株)』代表の佐々木さんにインタビューした記事です。 グランテストジャパンとは? 相談事......つづきを読む←

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で「沖縄が東京に住むと、」をフォローしよう!

 
SPONSORED LINK

タイトルとURLをコピーしました