SPONSORED LINK

2015年(平27)学力テスト!沖縄の順位は?

 

文部科学省が4月に実施した、

全国の小学6年生中学3年生が対象の、

学力テストの結果が、8月25日に発表されました。

 

その結果、

小学生が、国語、算数、理科を合わせた総合の、

平均正解率で、全国で20位になったそうです。

 

一方で中学生は、

全教科で最下位となってしまったそうです。

 

これまで沖縄県の学力テストの結果は、

毎年最下位というのが当たり前でしたし、

 

一時期は、学力テストが実施されなかったので、

しばらく沖縄県の学力が、全国ではどの程度か、

分からない時期もありました。

 

それが、2007年から再び再開されたのですが、

そのときの結果も、小学生、中学生ともに最下位で、

2008年もやはり最下位でした。

 

Okinawa(655)

 

2009年から沖縄の学力テストの結果に変化が!

 

過去の学力テストの結果を調べていくと、

2007年、2008年は小学生、中学生ともに、

全教科で最下位だったのですが、

 

2009年に実施された小学生のテストで初めて、

2教科だけは、最下位から脱出していたのです。

 

たったそれだけ!などと、

思われる方もいるかもしれませんが、

沖縄にとっては、とても大きな一歩だったのです。

 

それが2014年になると、

小学生の教科すべてにおいて、

平均正解率が最下位を脱出して、

 

算数Aでは、

全国で6位に入る結果になったのです。

 

そして2014年、総合の平均正解率の結果、

沖縄の小学生は、全国で24位までになって、

 

2015年は、

さらに20位まで順位を上げたのです。

 

このまま良い結果が続けば、

 

子供の学力で移住を悩んでいた親御さんも、

少しは改善されていくのではないかと、希望が持てますね。

 

ちょっと余談ですが、

 

教育現場では、いろいろとテスト対策があって、

ただテストができる生徒が増えただけでは、

 

本当の意味での学力が、

付いていないのではないかと、疑問の声もあるそうです。

 

んーそんなこと言い出すなら、

沖縄県だけの教育現場の問題ではなく、

 

日本の教育制度を、

根本から見直さないといけないと思うのですが、、、

 

SPONSORED LINK

心配なのは中学生の学力テストの結果!

 

小学生が良い結果を残す一方で、

中学生の学力テストの結果は思わしくありません。

 

Okinawa(654)

 

小学生と中学生では、

テスト対策に掛けられる時間などが、

 

全然違うのかも知れませんし、

中学3年生にもなると、塾や受験で大変かも知れません。

 

全国平均に近づきつつはあるそうですが、

 

何かいろいろなことが重なって、

このような結果になっていると思います。

 

私なんてデキの悪い生徒でしたので、

今の中学生に、とやかく言える筋合いではないのですが、

 

たとえテストの結果が悪かったとしても、

周りに流されずに、頑張って欲しいと思います。

 

まあ、私に言われなくても頑張っていると思いますが、、、

 

この記事いいね!
いいね!で応援する

「めざせ沖縄移住」を
SPONSORED LINK