SPONSORED LINK

1 沖縄本島の周辺にある離島でオススメの島(車で行く編)!

 

沖縄の離島といっても非常にたくさんの島があるので、沖縄本島の周辺にある離島でおすすめのスポットを紹介します。

 

まず最初に、離島といっても本島から橋でつながっていて、車で行ける離島もあれば、フェリーや高速船でしか行けない離島もあります。

 

 

ちかいの離島では、船で約15分ぐらいで行ける島から、14時間もかかる「北大東島」と「南大東島」まであるのですが、

 

今回は「車で橋を渡って気軽に行けるおすすめの離島」と、「本島から船でも日帰りできるおすすめの離島」を紹介していきます。

 

1-1 本島から車で行けるおすすめの離島!
「平安座島、浜比嘉島、宮城島、伊計島」

 

沖縄本島から橋がつながっていて、きがるに車でドライブできる島がいくつかあるのですが、大きく分けると本島の中部と北部に集中していますので、泊まるホテルなどを考慮して観光するのが良いと思います。

 

まず中部にあるのが、「平安座島(へんざ)」「浜比嘉島(はまひが)」「宮城島」「伊計島(いけい)」の4島があって、全て橋で繋がっています。

 

Googleマップはこちら

 

よく沖縄の観光ガイドブックなどでは、「海中道路」っていう名称で案内されているのですが、海中って言っても“海の中”を走るのではなく、ただの橋なんですけどね。(笑)

 

沖縄では、道路の標識に表記されるほど、「海中道路」っていう名称が一般的なんですよ。

 

4つの島の中でも、一番奥にある伊計島が人気がたかく、那覇空港から伊計島までは、約66kmですので、有料道路を使って行けば、片道約1時間30分ぐらいです。

 

晴れていると橋の上にいるだけでも絶景です。

↓ 「海中道路」

 

海で遊ぶなら、伊計島にある「伊計ビーチ」と、↓

 

宮城島の「トンナハビーチ」がオススメです。↓

伊計島に泊まりたい方はこちら←

 

1-2 本島から車で行けるおすすめの離島!
「屋我地島(やがじ)&古宇利島(こうり)」

 

本島から橋がつながっている島の中でも北部で有名なのが、「屋我地島」と「古宇利島」です。

 

Googleマップはこちら

 

那覇空港から古宇利島までは、約90kmですので、有料道路を使って行けば、片道約2時間ぐらいです。

 

ひと昔前までは、屋我地島も古宇利島どちらも、沖縄の人にとっては馴染みがあったのですが、ジャニーズの嵐が、古宇利島にある「ハートロック」という、ハート型に見える岩があるビーチでCMをして話題になり、

Okinawa(039)

 

一見すると、ただの岩なんですが、この2つの岩を重なるように見ると、↓

Okinawa(040)

 

こんな感じで、ハートに見えなくも無いのですが……ま、まあぁ、嵐が言うから間違いなくハートですね。

 

今でも、そのロケで撮影された「ティーヌ浜」には、たくさんの観光客が訪れるスポットとなっていますが、場所が非常に分かりにくいそうで、Googleマップなどで「ティーヌ浜」もしくは「沖縄 ハートロック」と検索していった方がいいでしょう。

Googleマップはこちら

 

個人的には、屋我地島には何度も行っていて、古宇利島よりも思い入れが強いんですよ。

 

家族みんなキャンプが好きで、屋我地大橋を渡ってすぐの「屋我地キャンプ場」や「屋我地ビーチ」は本当にオススメです。

 

 

古宇利島&屋我地島に泊まりたい方はこちら←

 

1-3 本島から車で行けるおすすめの離島!
「瀬底島(せそこ)」

 

沖縄本島の北部にある本部町(もとぶちょう)にある、「瀬底島(せそこ)」も気軽に行ける離島としてはオススメです。

 

Googleマップはこちら

 

那覇空港から瀬底島までは、約90kmですので、有料道路を使って行けば、片道約2時間ぐらいです。

 

あの美ら海水族館も近いこともあって、水族館に行った帰りに、瀬底島のビーチに立ち寄って遊ぶ人も多いです。

 

沖縄の人も瀬底島に遊びに行く人も多く、体験ダイビングやシュノーケリング、パラセイリングやホエールウォッチングなどのツアーもあります。

 

個人的には、午前中に沖縄に到着してから、まずは美ら海水族館を見に行って、その帰り道で、PM3:00か4;00ごろに、瀬底ビーチに着くようにすれば、やや日差しも弱くなる時間帯ですので、海で遊ぶのにちょうど良い時間なんですよ。

(もちろん日焼け止めは忘れずに!)

 

 

瀬底島に泊まりたい方はこちら←

 

2 沖縄本島の周辺にある離島でオススメの島(船で行く編)!

 

では続いて、沖縄本島からフェリーや高速船で行っても、日帰りで観光できてしまうオススメの離島を紹介します。

 

ここで問題なのが、船での移動時間を考慮して、那覇空港に着いた初日に行くのか、それとも2日目に行くのかなど、車では行けない場所ですので、船が出発する時間と、到着する時間を把握していないといけません。

 

・「北大東島(きただいとう)

・「南大東島(みなみだいとう)

・「粟国島(あぐに)

・「伊是名島(いぜな)

・「伊平屋島(いへや)

 

この5島の中には、日帰りできる島もあるにはあります。

 

でも、島に滞在できる時間が、2時間未満と極端に短くなるので、日帰りでは厳しいと判断しましたので、行くなら泊りがおすすめです。

 

また、沖縄の離島と言われて、宮古島や石垣島を思い浮かべる人もいると思いますが、本島からは“鹿児島よりかは近いかな?”ぐらい離れていますので、本島には泊まらずに、宮古島や石垣島に泊まった方が良いです。

 

次に、離島に行くためには港がどこにあるのかも、ある程度は把握しておいた方が良いので、一覧を参考にして下さい。

(スマホでは画面を横にすると見やすくなります。)

・沖縄本島から船で観光できる離島の一覧表
・地区 ・港の名称 ・港から就航している島の名称 ・所要時間(片道) ・滞在時間(目安)
・南部周辺 ・那覇港
(通称:とまりん)
・渡嘉敷島(とかしき) ・35~70分 ・約8時間
・座間味島(ざまみ) ・50~90分 ・約6時間
・阿嘉島(あか) ・50~90分 ・約6時間
・粟国島(あぐに) ・120分 ・日帰り不可
・久米島(くめ) ・35分~3時間 ・約6時間
・渡名喜島(となき) ・2時間 ・約5時間
・北大東島(きただいとう) ・14時間 ・日帰り不可
・南大東島(みなみだいとう) ・14時間 ・日帰り不可
・ 安座真港(あざま) ・久高島(くだか) ・12~25分 ・約7時間
・中部周辺 ・ 平敷屋港(へしきや) ・津堅島(つけん) ・15~30分 ・約8時間
・北部周辺  ・渡久地港(とぐち)  ・水納島(みんな) ・15分 ・約6時間
・本部港(もとぶ) ・伊江島(いえ) ・30分 ・約6時間半
・運天港(うんてん) ・伊是名島(いぜな) ・55分 ・日帰り不可
・伊平屋島(いへや) ・80分 ・日帰り不可

 

他にも本島の周辺に島がいくつかあるのですが、島の住人しか行けない島や無人島などは除いておりますので、本島から観光客が行ける離島は、上記の一覧がほぼ全てです。

 

2-1 本島周辺でおすすめの離島「渡嘉敷島(とかしき)」

 

渡嘉敷島は、本島南部にある那覇港から、高速船とフェリーが就航しており、非常に人気の高い離島の1つです。

 

Googleマップはこちら

 

那覇港(通称:とまりん)から高速船だと、片道約35分で、フェリーだと、片道約70分となっております。

 

日帰りで渡嘉敷島に滞在できる時間は、約8時間が目安です。(シーズンによって多少の誤差があります)

 

渡嘉敷島は、夏などのシーズンに関わらず、常に週末はたくさんの観光客でにぎわいますので、高速船やフェリーの予約は必須です。(特に高速船は早めの予約をオススメします。)

 

今のところ船の予約は、電話かFAXでしか出来ないようです。

渡嘉敷島へ行く船の予約はこちら←

 

・渡嘉志久(とかしく)ビーチ↓

Okinawa(047)

 

・阿波連(あはれん)ビーチ↓

Okinawa(049)

 

ちなみに渡嘉敷島に行く船が満席だったとしても、ダイビングショップの船で遊びに連れて行ってくれるツアーもあります。それぐらい沖縄では人気が高い観光スポットなのです。

 

 

渡嘉敷島に泊まりたい方はこちら←

 

2-2 本島周辺でおすすめの離島!
「座間味島(ざまみ)」「阿嘉島(あか)」

 

さきほど紹介した渡嘉敷島のすぐ隣りには、「座間味島」「阿嘉島」があって、こちらも非常に人気の高い離島です。

 

Googleマップはこちら

 

座間味島と阿嘉島は、島同士が近いこともあって、高速船でもフェリーでも同じ船にみんな乗ることになり、座間味島に先によってから阿嘉島に行く場合もあれば、先に阿嘉島によってから座間味島に行く場合があります。

 

那覇港(通称:とまりん)から高速船だと、片道約50分で、フェリーだと、片道約90分となっております。

 

日帰りで座間味島と阿嘉島に滞在できる時間は、高速船で往復した場合で、約6時間が目安です。(シーズンによって多少の誤差があります)

 

座間味島も阿嘉島も船の予約は必須です。

→「座間味村のホームページから問い合わせや予約ができます。

 

座間味島は、ケラマブルーと言われるほど、海の青さが違うとまで言われています。

 

・座間味島にある古座間味ビーチ↓

Okinawa(051)

 

・阿嘉島にある北浜ビーチ↓

Okinawa(052)

 

座間味島も阿嘉島も船の予約が埋まることも多いので、その際は、オプションツアーで行くのがオススメです。

 

 

座間味島に泊まりたい方はこちら←

阿嘉島に泊まりたい方はこちら←

 

2-3 本島周辺でおすすめの離島「久米島(くめ)」

 

久米島は、沖縄県の中でも5番目に大きな島となっており、人口も約20万人と、本島、石垣、宮古に続いて4番目に多いんです。

 

Googleマップはこちら

 

久米島への行くには、飛行機とフェリーがあって、飛行機なら片道約35分で行けますし、1日5往復しています。(シーズンによって便数は上下します。)

 

・「久米島に飛行機(JTA)で行く方はこちら

 

フェリーで行く場合には、途中で渡名喜島(となき)による場合と直行する場合がって、直行で久米島に行くのであれば、片道約3時間となっています。

 

・「久米島にフェリーで行く方はこちら

 

日帰りで滞在できる時間なんですが、フェリーの場合は、どう頑張っても約2時間が限界で、飛行機だと、約6時間が目安となっていますので、日帰りで行くのなら、飛行機で行くことをおすすめします。

 

久米島には、ベストビーチでTOP10に入るほど、非常に人気の高い「はての浜」というビーチがあります。

 

「はての浜」

Okinawa(065)

 

ただ、「はての浜」は船でしか行けないので、現地のオプションツアーで行くことをおすすめします。

 

 

久米島に泊まりたい方はこちら←

 

2-4 本島周辺でおすすめの離島「渡名喜島(となき)」

 

渡名喜島は、本島と久米島の中間ぐらいに位置していて、久米島に向かうフェリーで途中に立ち寄る島なんですが、久米島に比べで知名度が低いので穴場の離島です。

 

Googleマップはこちら

 

渡名喜島に行くには、フェリーしかなく、久米島に向かう途中で立ち寄ることになります。

 

那覇港(通称:とまりん)から、片道約2時間となっています。

・「渡名喜島にフェリーで行く方はこちら

 

日帰りで渡名喜島に滞在できる時間は、約5時間が目安です。(シーズンによって多少の誤差があります)

 

渡名喜島のビーチ「あがり浜」

Okinawa(067)

 

渡名喜島に泊まりたい方はこちら←

 

2-5 本島周辺でおすすめの離島「久高島(くだか)」

 

「久高島は神の島!」と呼ばれるほど、沖縄の中でも非常に神秘的な島として有名です。

 

Googleマップはこちら

 

パワースポットとしても全国的に有名になってますが、ワイワイ騒ぐような離島ではないと心得ていた方が良いでしょう。

 

久高島は、本島の南部にある「安座真港(あざま)」から、高速船とフェリーが就航していて、高速船で片道約12分、フェリーでも片道約25分と非常に近場の離島なんです。

 

日帰りで久高島に滞在できる時間は、約7時間が目安です。(シーズンによって多少の誤差があります)

 

・「久高島へ行く船の詳しい情報はこちら

 

船が出る「安座真港(あざま)の地図」↓

Googleマップはこちら

 

・久高島にある「メーギ浜」↓

Okinawa(055)

 

 

久高島に泊まりたい方はこちら←

 

2-6 本島周辺でおすすめの離島「津堅島(つけん)」

 

津堅島は、本島の中部に住んでいる人であれば、だいたいの人が知っているのですが、南部や北部に住んでいる沖縄の人の中には、たまに津堅島のことを知らない人もいるぐらい穴場です。

 

Googleマップはこちら

 

特に大きな特徴がある島では無いのですが、中部に住む沖縄の人がひっそりと海を楽しむ離島で、先ほど紹介した座間味島や渡嘉敷島に比べると、やや海の綺麗さは劣りますが、

 

そうは言っても、本島のビーチよりは圧倒的に綺麗で、個人的には、近くて安くて人が少ない1番穴場の離島だと思います。

 

平敷屋港(へしきや)から津堅島までは、高速船だと約15分で、フェリーだと約30分となっています。

 

日帰りで津堅島に滞在できる時間は、約8時間が目安です。(シーズンによって多少の誤差があります)

 

・「津堅島へ行く船の詳しい情報はこちら

 

・津堅島の「トゥマイ浜」↓

Okinawa(057)

 

2-7 本島周辺でおすすめの離島「水納島(みんな)」

 

沖縄には、水納島という名前の島が2つあります。(これが非常にややこしい、、、)

 

1つは、本島の北部にあって、あと1つは宮古島近くですので、検索する際は間違えない様にご注意ください。

 

今回は、本島北部に位置する水納島の紹介です。

 

Googleマップはこちら

 

水納島は、高速船が渡久地港(とぐち)から出ていて、片道約15分と非常に早くて近い離島なんです。

 

日帰りで水納島に滞在できる時間は、約6時間が目安です。(シーズンによって多少の誤差があります)

 

・「水納島へ行く船の詳しい情報はこちら

 

夏場になると高速船も頻繁に往復しますので、少し早めに水納島を出れば、美ら海水族館にも遊びにいけます。

 

・水納島の海↓

Okinawa(059)

 

 

水納島の近くに泊まりたい方はこちら←

 

SPONSORED LINK

2-8 本島周辺でおすすめの離島「伊江島(いえ)」

 

伊江島と言えば、昔は中学生の修学旅行で行く定番の離島でした。今は多様化してて、伊江島以外へ行く中学校もあるみたいです。

 

Googleマップはこちら

 

伊江島へ行くには、本部港からフェリーで約30分で、ハイシーズンには、1日に10往復するほど人気なんです。

 

日帰りで伊江島に滞在できる時間は、約6時間半が目安です。(シーズンによって多少の誤差があります)

 

・「伊江島へ行くフェリーの情報はこちら

 

伊江島の観光で外せないのが、城山(ぐすくやま)で、沖縄の人は、「タッチュー」という愛称で呼ぶことが非常に多いです。

 

「タッチュー」とは、沖縄の方言で「とがったもの」を意味していて、伊江島タッチューは、階段で頂上まで登れるほど整備された山です。

 

伊江島タッチュー

Okinawa(061)

 

もちろん、伊江島のビーチも文句なしの透明度です。↓

Okinawa(062)

 

 

伊江島に泊まりたい方はこちら←

<おしらせ>

伊江島のさらに詳しいことは、こちらの記事も参考にしてみてください。↓

 

3 まとめ

 

沖縄本島に住む人でも、離島にはなかなか行きません。

 

よほどの離島好きでもなければ、たいてい1つか2つぐらい、行ったことがあるというぐらいで、本島に住む人には無縁です。

 

離島には何も無い!と言われればそれまでなんですけど、何も無いからこそ、それが魅力でもあるんですけどね。

 

あとは、どこの離島に行っても海は別格にキレイです。1度でも離島に足を運んでみたら分かるのですが、もう本島のビーチでは満足できなくなるほど離島の海は良いです。

 

離島に日帰りで行く際に気をつけて欲しいことは、フェリーや高速船の出発時間と到着時間を把握することと、気象によっては欠航することも多々ありますので、行きの便は出ても、帰りの便が欠航になる可能性もあります。

 

スケジュールには余裕をもって、最悪は島に1泊することも覚悟しておいたほうが良いです。

 

それでは良い旅を^^

 

この記事いいね!
いいね!で応援する

「めざせ沖縄移住」を
SPONSORED LINK