SPONSORED LINK

 

沖縄の紫外線はマジでヤバイ!

 

沖縄の紫外線はシャレにならないほどヤバイです!

“ヤバイ”なんて言葉は使いたくは無いのですが、それぐらいオーバーに言わないと、なかなか観光客はわかってくれないので、仕方なく使ってしまいました。

 

沖縄は日本の中で、もっとも赤道に近い場所に位置していますので、安易に紫外線対策をおこたると、とんでもない目に合いますよ!本当なんです!シャレにならないんです!どうか分かって欲しいのです!

 

沖縄で紫外線を浴びる実験をした結果!

 

毎年必ず一部の観光客が、ヒドイ日焼けをしてしまって病院に運び込まれます。

これを何とか避けて欲しいと思い、私は身を削って、沖縄の紫外線を浴びる実験を行いました。

 

まずは下記の写真をご覧ください。

Okinawa(188)

 

この写真は、2014年の9月に沖縄本島で2時間だけ、炎天下の中で散歩をした後に、二の腕を撮った写真なのですが、Tシャツを着ていただけで、日焼け止めも塗らないでいると、たった2時間だけでも、こんなに真っ赤になるんです!

 

しかも、9月であっても沖縄では日差しがとても強いので、観光客は油断しがちなんですが、もしもこれが7月や8月だとしたら、紫外線の量が年間でもっとも強い時期にあたりますから、さらに悪化していた可能性が高いです。

 

その証拠に下記の図は、気象庁が那覇市の年間の紫外線量を記録したグラフです。

 

Okinawa(191)

 

黒い点「●」が、7月と8月は「極端に強い」に集まっているのがよく分かると思いますが、9月は「非常に強い」どまりなんですけど、それでも私の二の腕は真っ赤になってしまいましたので、どれだけ沖縄の日差しが強いのかが分かったと思います。

 

紫外線を浴びて5日が経過したら!

 

日焼けしてから5日が経過したときの写真がコチラです。

Okinawa(187)

 

正直、自分でも写真で見比べると、改めてビックリします。このハッキリとした白と黒!(笑)

沖縄人だから、元々黒くなりやすいとは思っているのですが、それでもたった2時間だけなのに、こんなにも黒くなってしまうなんて信じられますか?

 

SPONSORED LINK

紫外線を浴びて10ヶ月が経過したら!

 

日焼けしてから10ヶ月が経過したときの写真がコチラです。

Okinawa(189)

 

10ヶ月が経過した辺りからは、元の白さに戻りつつありますが、まだ薄っすらと日焼けしたときの境界線は分かります。

たった2時間、散歩しただけなのに、このぐらい白く戻すには10ヶ月も掛かってしまいます。

もしもこれが1日中、海で遊んでいたりしたら、もっと焼けていたのは間違いありませんので、やはり紫外線対策は、いろいろとしておいた方が良いでしょう。

 

薬局で市販されている日焼け止めも良いですが、最強の日焼け止めもオススメです。

SPF50+ PA++++ 1本6役!多機能クリーム

 

あとは、めっちゃダサいけど、なぜか売り切れ続出の帽子もあります。(笑)

紫外線をしっかりガード!UVケア・日焼け対策用の帽子

 

この記事いいね!
いいね!で応援する

「めざせ沖縄移住」を
SPONSORED LINK