SPONSORED LINK

沖縄での保証人制度について!

 

沖縄に移住をしたいと、思っている人であれば、

一度は沖縄の不動産について、何か調べたことがあると思います。

 

うわ、家賃が安いなぁー!なんて思われたことでしょう。

 

でも、給料も安いよぉー!って感じなんですけどね、、、

 

そこで、知ってる人もいるかも知れませんが、

 

賃貸契約をするときに、

沖縄に住んでいる人の保証人を付けることが、

条件だったりします。(なんて無茶な!)

 

全国どこでも賃貸契約するには、

保証人を付けることが一般的だと思うのですが、

 

ひと昔前の沖縄では、これが結構当たり前だったようで、

物件を探すよりも、保証人探しの方がはるかにハードルが高い!

 

ん?

ひと昔前?ということは今はどうなの?

 

調べた結果は?

 

結論から言いますと、

今では沖縄に住んでいない人でも、

保証人を付けることができます。

 

ただし、成人していて、きちんと収入のある方です。

 

(オレ、こいつのマブダチだからよぉ!

とか言っても、無職ではダメです。)

 

でも、できれば沖縄に住んでいる人の方が、

どちらかと言うと好まれる傾向もあります。

 

また、今でも沖縄に住んでいる人でないと、

受付ない不動産屋もあるそうで、

 

きちんと契約前に、確認しておくといいでしょう。

(沖縄だと、言うの忘れてたさぁーとかあるかも)

 

島特有の問題

 

なぜ、沖縄にはこうした保証人の制度になったのか?

 

いろいろ調べていくと、移住してきた人が家賃を滞納して、

あげくのはてには、夜逃げしてしまう。(おいおい!)

 

そうなると、

保証人のところに行って、家賃の回収となるのですが、

 

保証人も県外となると、回収するのはますます難しく、

電話で払うように言っても、無視されるケースが多発。

 

(人って、絶対に家に来ないと分かれば、無茶な行動するかも)

 

当然、夜逃げした本人はどこにいるのか不明。(えー!)

直接、訪ねるために、わざわざ飛行機で行くにも、

その往復のチケット代が高い。

 

だから、渋々あきらめることも多いとのことです。

 

そうなると、

保証人は沖縄に住んでいる人に限定しよう!

こういう流れがあるんです。

 

決して、

移住者にいじわるしているワケではないんですね。

(でも、沖縄の給料が安いことが原因のひとつかも)

 

ではなぜ、今はゆるくなったのか?

 

単純に移住希望者が増えて、そのニーズに答えようと、

動き出したのではないかと思われます。←そりゃそうだろ。

 

不動産屋にとっては、目の前に借りたい人がいて、

さらに、空き部屋に頭を抱えている家主がいれば、

 

その両方にとって良い方向に、話を進めていくと思うのです。

(不動産屋も儲けを出したいからね)

 

だから移住者には、入念に仕事の当てはあるのか?とか、

沖縄の給料は安いけど、払っていけるのか?など、

 

きちんと審査をしてから、契約に踏み切ることになると思います。

 

Okinawa(467)

 

この調査ってどうしてやったのか?

 

最初はいろいろとネットで、調べてはいたのですが、

沖縄の物件だから、沖縄人に対してのアピールばっかりなんですよ。

 

土地勘があまりない移住者にとっては、すこし分かりにくいと思います。

(詳しい方は怖いぐらい、詳しいですけどね。)

 

しかも、沖縄のネット事情は、まだまだこれからで、

ホームーページのクオリティも低いです。

(手作り感たっぷりのHPとか逆にレアですけど)

 

だから、

物件の間取りや値段は書いてあっても、契約に関することや、

 

必要な書類、保証人の詳しい説明となると、

ほとんど書かれていないのです。

 

例え書かれていても、

移住者向けには書かれていませんね。

 

そうなるとこれはもう、直接、不動産屋に、

問い合わせをするしかないと思いました。

 

10社に絞ってメール

 

電話だと、向こうが忙しかったら悪いので、

メールをすることにしました。

 

(ただ聞くだけで、契約はしませんので気をつかって)

 

でも、適当に不動産屋を選んでは、あまり意味はないので、

那覇市、北谷町、名護市、宮古島、石垣島から、

 

それぞれの地域で2社ずつ、ホームページのしっかりした、

不動産屋を計10社、選びました。

 

内容としては、わたしが沖縄人であることは隠して、

移住するかどうかを、検討している段階だという設定で、

 

保証人のことと、移住する際に何かアドバイスがあれば、

教えて欲しいと書いて、一斉にメールしました。

 

返ってきたメールには

 

すぐに返事が来たのは、那覇市にある不動産屋で、

送って3時間後には届いていました。(さすが!)

 

以外にも、宮古島と石垣島もその日のうちに、

返信がきました。(ヒマだったのだろうか。←失礼だろ!)

 

10通中、返信が9通あり、

予想していたよりもスムーズな対応でした。

 

Okinawa(332)

 

返信されてきた内容もさまざまで、業務的な文面や、

どこか沖縄っぽい内容の文面まで、いろいろと特徴がありました。

 

もちろん、きちんとお礼の返信をしましたよ。

(もう、とてもとても丁寧にね)

 

移住に関するアドバイスには、

仕事を心配する意見が大多数で、

 

その地域の特徴や、家賃の相場、

過去に起こった移住者のトラブルなど、

 

かんたんな文面でも、どこかガツガツしていない感じが、

いかにも沖縄なのかな?と思ってしまいました。

 

実はそのうちの1件に、宮古島の不動産屋からの返信が、

とてもおもしろかったので、別の記事にしてあります。

 

もし良かったら、読んで見てください↓

宮古島なまりは独特だった!
移住したい人に知って欲しい仕事のこと

 

SPONSORED LINK

沖縄で賃貸を探すなら

 

この保証人の調査をした結果。

 

9社とも、

保証人は沖縄に住んでいなくても、問題無いようでした。

 

また、保証人が沖縄に住んでいる事を、

条件にしている不動産屋が、

 

今でもあるということを、教えてくれた方もいましたので、

やはり事前の確認は、しておいた方がいいようですね。

 

全体を通しての感想は、移住希望者の対応には、

不動産屋も慣れているような印象でした。

 

やはり毎年多くの人が、

問い合わせだったり、契約を結んでいるので、

 

ひと昔前よりは、

ややこしいことが減っているのだと思います。

 

ただ、そうは言っても今回はメールでしたので、

これが電話や対面での対応だったら、たぶん、

あたふたしてしまう担当者もいたと思います。

(急な質問攻めに沖縄人は弱い)

 

まずは、かんたんなことでも気になったことがあれば、

気軽にメールしてみて、その対応の仕方で、

不動産屋を決めるのも、ひとつの手かと思いました。

 

でも、それには時間もかかるので、移住直前ではなく、

すこし余裕を持って探すことがいいと思いましたので、

良かったら参考までに!

 

 

他の家賃保証会社の記事はこちら

→「家賃保証会社

 

この記事いいね!
いいね!で応援する

「めざせ沖縄移住」を
SPONSORED LINK