2016年台風は沖縄にいくつ上陸するのか?

 

2016年は、6月まで1つも台風が発生することなく、

7月3日にようやく、沖縄のはるか南の沖合いで台風1号が発生しました。

 

6月まで台風が1度も発生しないというのは、大変珍しいことで、

気象庁のデータでも、過去に3回しか例がないほどなんです。

 

そこで2016年は多くの台風が発生するのか?

といろいろ調べたのですが、実際にはそこまで多くは無い結果でした。

2016年は台風が多く発生するのか?気象庁データ調べ!

 

となると、次に気になるのは台風が上陸する数です。

 

台風と言うのは発生はしても、遠くの海で消えることもあるので、

接近したり上陸しなければ、日常生活に影響がない場合もあります。

 

そこで気象庁のデータを元にして、2000年から2015年の間で、

沖縄に接近した数と上陸した数を調べました。

 

すると、与那国島から奄美大島までの間で毎年平均で、

接近数が「8.4」、上陸数が「2.8」という結果になりました。

 

接近数とは、台風が気象官署の300km以内に入ることで、

上陸数とは、台風の中心部が海岸線に達した場合の数です。

 

そして、接近も上陸も、そのほとんどが7月から8月に集中していて、

2016年もほぼ7月から9月に台風の影響を受けると考えられます。

 

1973年の台風を詳しく調べてみました!

 

あくまでも個人的な予測ですが、2016年は、

6月までに1つも台風が発せしなかった珍しい年ですので、

 

もしかすると、過去にも6月まで台風が発生しなかった年から、

変わった傾向があるかも知れないと思って調べました。

 

すると、1973年も6月まで1つも台風が発生しなかった年で、

1973年は7月から11月までに「21」の台風が発生しました。

 

その内、沖縄に接近した数は、たったの3つだけで、

上陸したのは1つだけで、平年並みだと思ったのですが、

 

7月だけは、台風が7つも発生して、

この7つの台風というのは平年よりも多い発生数ですので、

 

たまたま接近も上陸も少なかったものの、

もしも半分以上が接近や上陸していたら、平年よりも多くなります。

 

2016年の7月も、もしかすると多くの台風が、

発生する可能性がなくは無いと言えるかもしれません。

 

Okinawa(180)

 

SPONSORED LINK

1998年の台風を詳しく調べてみました!

 

1973年ともう1つ、1998年も6月まで台風が発生せず、

7月になってやっと1つ目の台風が発生したのですが、

 

1973年と違って、1998年の7月は、

その1つの台風が発生しただけでした。

 

ん?ということは、

必ずしも6月までに台風が発生しなかったからといっても、

7月に多くの台風が発生する訳ではないという事です。

 

そして、1998年は年間でも「16」しか台風が発生していなくて、

極端に台風の発生数が少ない年となったのです。

 

2016年の台風は予測不可能?

 

やはり気象に関することは、予測が困難です。

(これを言っちゃうと何にも言えねぇ!ってなるんですが)

 

過去のデータから探ってみても、多い年も少ない年もあって、

2016年がどっちになるかなんて、予測するのは難しいです。

 

最近では昔と違って、気象観測の技術が進歩していて、

台風の進路予測なども非常に細かくなっています。

 

そうしたことから、発生した台風に関しては、

つねに気象庁からの速報を見て台風対策を行うのが良いでしょう。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で「めざせ沖縄移住」をフォローしよう!

SPONSORED LINK