SPONSORED LINK

沖縄で特に気をつけるべき車は?

 

沖縄では車の運転に特に注意すべきだと、

書いた記事があるのですが、

沖縄での車の運転にご注意を!
全国でも特殊な環境なんだと思います!

 

この記事では説明できなかった、

より具体的に気をつけるべき車の特徴を、

今回は書いていきます。

 

沖縄では高齢者マークのドライバーに注意!

 

高齢者マークが車に貼ってあれば、

別に沖縄に限らず、気をつけて走ると思いますが、

沖縄では元気なお年よりも多いので、

 

本当に高齢者が運転しているのか?などと、

疑問を持つほど、スピードを出す車もいます。

 

でも、高齢者マークを貼ってある車の多くは、

やや遅いか、かなり遅い車も多いです。

 

特に右折や左折は、

かなりスピードを落としますので、

 

その後ろを、いつもの調子で直進すると、

接触事故になる可能性もあります。

 

Okinawa(477)

 

それと、高齢者マークを貼っていない、

高齢者のドライバーもいますので

 

信号で停止したときなど、

前の車のドライバーが何となく、

年配の人かも知れないと感じたら、

 

やはりその車に対しては、

注意が必要になってくると思います。

 

(沖縄ではこういう観察力が大事です)

 

沖縄では初心者マークのドライバーに注意!

 

まあ初心者マークも、高齢者マークと同様に、

気をつけるべき車として、とても分かりやすいのですが、

 

特に沖縄では公共の交通機関が、

あまり便利ではないので、

 

たとえ運転に不慣れであっても、

必要にせまられて、運転している人もいるのです。

 

本来なら、

自動車学校で、しっかり訓練をしてから、

免許が交付されると思うのですが、

 

どうも沖縄は、免許の試験が、

やや甘いとウワサされるほど、

試験が簡単だと思われます。

 

たぶん、各自動車学校ごとの合格率を気にして、

合格者を多く出したい為かもしれません。

 

(あくまでもウワサですよ)

 

なので、沖縄では念の為に、

初心者マークには注意が必要なのです。

 

沖縄では軍人ドライバーに注意!

 

沖縄には、米軍基地がありますので、

ナンバープレートに、ひらがなではなく、

「Y」と書かれている車を多く見かけます。

 

東京でもたまに見るのですが、

こうしたナンバープレートを付けている車は、

外国人観光客のための物ではなく、

駐留軍人のための物です。

 

他にも、

「E」「H」「K」「M」などもあるそうですが、

ほとんど見ないです。

 

さらに調べると、

「T」は、本国から持ち込できた軍人の私有車で、

「よ」は、日本で退役や除隊した軍人の車だそうです。

 

「よ」以外であれば、

アルファベットが書かれている車に、

すぐに気がつくと思います。

 

軍人を差別している訳ではないですが、

やはり国が違えば、微妙なルールも違います。

 

Okinawa(471)

 

沖縄での運転に慣れているドライバーも、

いるのかもしれませんが、それは見ただけでは、

判断できないので、念の為に注意が必要だと思うのです。

 

あと面倒なのは、「Y」ナンバーなどの車と、

事故を起こしてしまった場合です。

 

最悪な場合、相手が逃げてしまうと、

捕まえられないケースもありますし、

 

過去には死亡事故でも軽い刑で、

済まされてしまうこともありました。

 

また、どんなに軽い事故であっても、

日本の警察と、基地内の警察の両方と、

やり取りをしないといけません。

 

もしも事故を起こしてしまうと、

本当に面倒なことが多いので、

細心の注意が必要だと思います。

 

沖縄では道を知らないレンタカーに注意!

 

レンタカーには、

「わ」というナンバープレートが付いているのは、

知っている人も多いと思いますが、

 

2015年2月ごろから、

「れ」のレンタカーが沖縄には登場しました。

 

Okinawa(476)

↑「れ」第1号のレンタカー

 

沖縄には年間に、

数百万人の観光客が訪れています。

 

その中には、

普段から車の運転をしている人もいれば、

 

免許を取ってから、1度も運転をしていない、

ペーパードライバーもいます。

 

さらに、車の運転はしていても、

沖縄に来るのは初めてと言う人もいます。

 

レンタカーだけど、

沖縄人が運転している場合もあります。

 

(ヒロヒロはレンタカーをよく借ります)

 

最近では、外国人観光客は団体ツアーではなく、

個人でも簡単に観光できるようになったので、

レンタカーを運転している人も増えています。

 

この様に、ただ単にレンタカーだからと言っても、

運転している人は、本当にさまざまですが、

 

前を走っているレンタカーが、

どうも道に迷っているのではないか?などと、

思われる場合も多いです。

 

特に那覇空港付近には、

数多くのレンタカー屋がありますので、

 

車を借りてすぐに運転してると、

思われる車が本当に多いです。

 

国際通りや首里城あたり、または、

平和記念公園や、ひめゆりの塔など、

定番の観光スポット付近では、

 

特にノロノロと場所を探している車には、

注意が必要です。

 

SPONSORED LINK

まとめ

 

沖縄では、いろいろなドライバーがいて、

その中での暗黙のルールと言いますか、

 

どこか他の都道府県には無い感じが、

1日車を走らせてみると分かるはずです。

 

ずっと沖縄に住んでいる人なら、

それが普通でも、レンタカーなどに、

予想外の走りをされてしまうこともあります。

 

もともと沖縄では、

普通はコウだからというのが、

 

あまり徹底はされていませんので、

すべてを相手に求めるのではなく、

 

こちらが事故を起こさないように、

気をつけた方が何よりも安全です。

 

事故を起こして後悔するよりは、

こちらが、一歩引いた運転の方が大事ですよ。

 

この記事いいね!
いいね!で応援する

「めざせ沖縄移住」を
SPONSORED LINK