SPONSORED LINK

光熱費の比較って実は奥が深い!

 

誰でも一度は、光熱費を友人や知人と、

比べたことがあると思います。

 

沖縄に移住したい人でも、家賃とか光熱費って、

毎月かかる費用なので、とても気になる問題です。

 

ネットの掲示板でも、光熱費の話題が出ると、

私はとても気になるので、よく見ているのですが、

 

あまり参考になることは無いですね。

 

よくあるパターンとして、

住んでいる地域と家族構成だけで、

光熱費を比べている人がいますが、

 

そもそも、他人とは生活スタイルが違います。

 

朝型生活の人と、夜型生活の人では、

電気代に差が出るでしょう。

 

朝と夜にお風呂に入る人と、夜しか入らない人では、

水道代に差が出るでしょう。

 

自炊している人と、自炊を全くしない人では、

ガス代に差が出るでしょう。

 

電気代は沖縄県内であれば、

料金設定は、どの地域でも一緒ですが、

 

水道代は市町村ごとに、料金が違いますし、

ガス代に関しては、業者によって値段が違います。

 

ただ単に、家族構成が同じだけなのに、

光熱費に数千円も差がでていると、

ビックリしている人もいるのですが、

 

それって、

冷静に考えたら当たり前だと思うのです。

 

中には、住んでいる地域が一緒で、

同じような家族構成で、同じ生活スタイルだったら、

同じような光熱費に、なることもあるのでしょうけど、

 

それでも、

些細な違いで光熱費が変わりますので、

 

もしも他人と光熱費を比べるのなら、

明確な使用量を比べないといけないのです。

 

たとえば、

 

電気代なら、

“〇〇アンペア”で、“〇〇kwh”使ったとか、

 

(沖縄はアンペア数で基本料が上下しません)

 

水道代なら、

“〇〇mm口径”で、“〇〇㎥”使ったとか、

 

ガス代なら、

基本料金は“〇〇円”で、“〇〇㎥”使ったとか、

 

こうした単位まで、明確に他人と比べないと、

自分では節約しているつもりでも、

 

案外そうでもなかった!なんてことも、

起こりうると思うのです。

 

電気代を比べるときの注意点!

 

Okinawa(780)

 

電気代に関しては、

沖縄県内であれば、どこでも使用量に応じて、

料金が請求されますので、

 

住んでいる地域で、

基本料金が変わることは無いのですが、

 

意外にも、家の窓の数によって、

電気代に差が出ることがあります。

 

たとえば、窓の多い家だと、

日中は部屋に日差しが入ってくるので、

電気を付けなくても良いのですが、

 

逆に窓の少ない家だと、

日中でも部屋に日差しが入らないと、

電気を付けないといけませんので、

 

当然、電気代に差が出てしまいます。

 

私は昔、玄関やトイレ、お風呂や台所に、

窓がある家と、無い家に住んだことがあって、

 

やはり、窓がある家が電気代は安かったです。

 

たとえ、間取りが同じであっても、

家の作りによっては、窓の数が違いますので、

他人と比べるときは、注意が必要です。

 

また、沖縄電力は、

契約している「A(アンペア)数」に関係なく、

使用した分だけ料金が高くなるだけなので、

 

低いアンペア数に変えても、節約にはなりません。

 

沖縄電力のHPで、

電気料金のシミュレーションができます。

沖縄電力の料金シミュレーション

(一般家庭は「従量電灯」です)

 

水道代を比べるときの注意点!

 

水道料金は、

市町村ごとに料金が違いますので、

 

まずは、地域で差があることを、

知っておかないといけませんね。

 

それと、だいたい水道料金は、

2ヶ月に1度の清算だと思うのですが、

 

他人と比べるときは、1ヶ月ごとに、

計算し直している人もいますので、

 

ちゃんと確認しておかないと、

全然ケタが違ってきますよ。

 

他にも、家族構成は同じでも、

家族全員が、シャワーしか使わないとか、

 

夜だけしかお風呂に入らない家庭と、

朝と夜、お風呂に入る家庭では、

 

単純に水の使用量は、

約2倍近くの差が出るはずです。

 

それが家族全員で、2ヶ月分にもなると、

1万円ぐらいの差が出てもおかしくはありません。

 

ガス代を比べるときの注意点!

 

沖縄では、ほとんどがプロパンガスで、

基本的に料金が高いせいもあって、

 

節約のために、オール電化にしていたり、

灯油のボイラーを、設置する家庭もあるので、

 

他人と比べるときは、特に注意が必要です。

 

あとは、日ごろから料理をする人としない人でも、

もちろん、ガス料金は変わるのですが、

 

どんな料理をよく作っているのかによっても、

ガス料金って、意外と変わってくるんですよ!

 

私が昔、体験したことですが、

カレーと、ラフテイ(豚の角煮)をよく作っていた月と、

 

全く作っていなかった月では、

約1000円から1500円ぐらい、料金が違ったんです。

 

これもあたり前ですが、煮込み料理ばかり作ると、

ガスを多く使いますので料金は高くなります。

 

また、人によっては、電子レンジや余熱を利用して、

上手く節約している人もいるので、

 

ただ単に、料理にガスを使っているといっても、

個人差がとても大きいんですよね。

 

ガス代を他人と比べるときは、そういったことが、

なかなか表に出にくくて、自分だけ料金が高いと、

勘違いすることもあるので、

 

料理をするとしても、どんな料理を作っているのかも、

一応は、気にしておいたほうが良いでしょう。

 

Okinawa(781)

 

SPONSORED LINK

まとめ

 

光熱費だけでなく、携帯代とか、ガソリン代とか、

他人がどのぐらいなのか、気になって比べてみると、

 

ある程度は、

自分が浪費家なのか、節約家なのかが分かります。

 

もしも、自分の方が高かったとしても、

その前に、きちんとした単位で比べられているのか、

 

疑問に思ったほうが良いと思います。

 

私は昔、

友人よりも自分の方が光熱費が高くて、

 

住んでいるアパートや地域に、

ガッカリしたことがあるのですが、

 

冷静に分析して比べると、

ちゃっかりと浪費してました。(笑)

 

そんなこともあるので、

私みたいには、ならないようにして下さいね。

 

この記事いいね!
いいね!で応援する

「めざせ沖縄移住」を
SPONSORED LINK